mini通信:たけやま3.5が「西宇和みかん ひろめ隊」に

STU48瀧野・岩田・新谷がJAEPO2019「タイトーブース1日アンバサダー」に登場!「おまつりクエスト」でファンと対戦も

2019年1月25日から27日まで、千葉県・幕張メッセにて開催する「ジャパン アミューズメント エキスポ 2019」(以下:JAEPO 2019)。ゲームセンターや遊園施設で楽しめるゲームマシンや遊具の最新機種に触れられるこのイベントでは、様々なメーカーが出展する。

26日には「タイトーブース1日アンバサダー」としてSTU48のメンバーが登場。「おまつりクエスト ヒッパレQ」スペシャルステージにて岩田陽菜・新谷野々花・瀧野由美子が登場すると、簡単な操作で盛り上がれるゲームに、ファンとともに楽しい時間をすごした。

左から:岩田陽菜・新谷野々花・瀧野由美子

挨拶から声援も飛ぶ中、ゲームセンターでの思い出について瀧野は「お正月によく行っていて、もうもらえないんですけどお年玉でゲームセンターに行くのが恒例行事でした。」と話す。岩田は「JKな感じでプリクラを撮っております。」と伝えると、新谷はクレーンゲームについて「“小さいころ”はお父さんとクレーンゲームをして遊んでいました。」と明かす。すると瀧野が「まだ小さいんですけどね。」と若干14歳の新谷につっこみ会場も笑い。

今回のゲームは世界中のお祭りを題材としており、新谷が地元のお祭りについて尋ねられると「瀬戸内はカキの屋台とかもあって美味しいです。」と笑顔を見せる。山口県出身の岩田は提灯祭りについて「たくさん飾られていて、去年はミニライブで参加もできて楽しかった思い出があります。」と紹介し、瀧野はスーパーボールすくいが好きとのことで「家に一時期500個近くありました。」と驚きのエピソードを明かした。

開発1部部長の濱野氏も登場すると、ゲームの特徴について解説。「ヒッパレバー」を使ってのゲームプレイや、順位を競う対戦と協力するモードがあるということなど紹介すると、さっそく三人は法被を着つつプレイ。

「おまつりクエスト ヒッパレQ」 筐体

ユニークなステージを直感的なプレイでワイワイと盛り上がると、瀧野は「体力を使うから外で遊んだみたい。お祭りに参加した気分。」と感想を伝え、岩田は「みんなで協力して遊ぶのが楽しかったです。」と嬉しそうな表情を見せた。

2つの筐体ではチーム戦もできるということでファンから対戦相手を募集し、3人のサイン入り「おまつりてぬぐい」を賭けた対戦へ。勝利にててぬぐいゲットとなるが、先にプレイした分の経験値のためか、STU48が勝利。しかし健闘を称える濱野氏の一声でてぬぐいは無事ファンにプレゼントされることとなった。

ガッツポーズの岩田の姿もかわいく、瀧野、新谷も楽しそうな様子を見せると、新谷は「ひっぱってすごく楽しかったです。また遊びたいと思います。」、そして瀧野は「ひっぱるだけなので小さい子も遊びやすいと思います。私は細かいゲームは得意ではないんですけど、誰でも遊べる感じです。メンバーを誘って楽しみたいと思います。」と話し、ステージイベントを終えた。

体感型バラエティアーケードゲーム「おまつりクエスト ヒッパレQ」は2019年夏に稼働開始予定。シンプルに笑いながら楽しめるパーティーゲームとして人気を集めそうだ。

■LINK
タイトー公式サイト
STU48公式サイト

■PHOTO