ゲーム・オブ・ザ・イヤーのノミネート12作品決定!「ファミ通アワード2018」が発表・授賞式の観覧者&読者プレゼンターを募集

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、ゲームファンの投票により2018年のベストゲームを選ぶ「ファミ通アワード2018」における、“優秀賞”12タイトルを決定。ゲームファンにもっとも支持された“ゲーム・オブ・ザ・イヤー”は、これら“優秀賞”の中から選出し、2019年4月5日(金)に東京都内で実施する発表・授賞式にて発表する。また、 「ファミ通アワード2018」では、発表・授賞式当日の会場観覧者と、受賞者に記念品を手渡す読者プレゼンターを募集。

■「ファミ通アワード2018」“優秀賞”作品一覧

・OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)/スクウェア・エニックス
・ゴッド・オブ・ウォー/ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・JUDGE EYES:死神の遺言/セガゲームス
・大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL/任天堂
・Detroit: Become Human/ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島/スクウェア・エニックス
・Fate/Grand Order/FGO PROJECT
・フォートナイト/エピック・ゲームズ
・ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ/ポケモン
・Marvel’s Spider-Man(スパイダーマン)/ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・モンスターハンター:ワールド/カプコン
・レッド・デッド・リデンプション2/ロックスター・ゲームス

計12タイトル ※五十音順

4月5日(金)の夕方から東京都内で開催する「ファミ通アワード2018」発表・授賞式では会場観覧者を募集し、さらに観覧者の中から、各賞の受賞者に壇上で記念品を手渡す読者プレゼンターを選任。読者プレゼンターには、受賞したゲームクリエイターとの集合写真がもらえる特典も用意されている。

■「ファミ通アワード2018」発表・授賞式
日時: 2019年4月5日(金) 17時開場 18時開演予定
場所: 都内会場にて
観覧・読者プレゼンター応募サイト:http://famitsu.jp/c/6/fa2018
応募締切: 2019年3月6日(水) 23時59分まで
司会: 郡正夫、青木瑠璃子

郡正夫

青木瑠璃子

※敬称略
※開場・開始時間や出演者は、変更となる場合があり。

<ファミ通アワード2018 開催概要>
主催・企画・運営:ファミ通アワード2018実行委員会
目的:2018年においてユーザーから厚く支持され、かつゲーム業界の発展に多大な貢献をしたと認められる優れたゲーム・人物・ゲームメーカー等を、ファン投票により選ぶことを目的とする。

授賞部門:
ゲーム・オブ・ザ・イヤー
2018年に日本国内で発売または配信されたゲームと、2018年の時点でサービス中のゲームの中から、もっとも優れていて印象に残った作品に対して贈られる賞で、“優秀賞”にノミネートされたタイトルより選出

優秀賞
ゲームの世界観や斬新さ、奥深さ、ゲームファンを惹きつける魅力など、総合的に優れた作品に贈られる賞

MVP
ゲーム業界においてもっとも活躍し、影響を与え、輝いていた人物に贈られる賞
最優秀ゲームメーカー賞

もっとも活躍したゲームメーカーや開発会社に贈られる賞
最優秀ゲームミュージック賞

今回新設。ゲームを盛り上げた楽曲やBGMが印象的だったゲームタイトルに対して贈られる賞
最優秀キャラクター賞

もっとも印象に残った、お気に入りのゲームキャラクターに贈られる賞
特別賞

ファミ通アワード2018実行委員選定による、2018年に広く話題となった作品や、ゲームシステムなどにおいて革新的な作品に対して贈られる賞
フェイバリットアプリ賞
年間でもっともユーザーに愛されたゲームアプリに贈られる賞

ルーキー賞
新規タイトルの中で特に優れた作品に贈られる賞