【レポ】マジパンはるるんとサンリオEXPO2019

「ファミ通アワード2018」ゲーム・オブ・ザ・イヤーは『スマブラSP』&『モンハン:ワールド』!ほか各賞を発表

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、ゲームファンの投票により2018年のベストゲームを選ぶ「ファミ通アワード2018」を開催し、2019年4月5日に発表・授賞式を行った。

「ファミ通アワード」は、ユーザーから厚く支持され、かつゲーム業界の発展に多大な貢献をしたと認められる優れたゲーム・人物・ゲームメーカー等を、ファミ通グループ各媒体の読者投票によって選ぶ賞で、2006年より毎年開催し、今回で第14回となる。

投票の結果、「ファミ通アワード2018」の“ゲーム・オブ・ザ・イヤー”は、得票数が僅差であり、どちらも2018年を代表する素晴らしい作品であったことから、2タイトルが選出。まずは、多彩な作品からおなじみのキャラクターが登場し大乱闘をくり広げる、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(任天堂株式会社)。

過去のシリーズ作品に登場したキャラクターたちの全員参戦や、やり込み要素の充実など、これまで以上に特別な作品となり、発売から約1ヶ月で1200万本を販売するなど、世界中のゲームファンから熱い支持を受けたことが受賞理由としてあげられた。

もう1タイトルは、今年でシリーズ15周年を迎えたハンティングアクション『モンスターハンター』シリーズの最新作、『モンスターハンター:ワールド』(株式会社カプコン)。ダウンロード版を含め、全世界での出荷1200万本突破という大記録に加え、今秋には、大型拡張ダウンロードコンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の発売も控えており、世界中からより一層の注目を集めている。

さらに、「ファミ通アワード2018」では、ゲームの世界を盛り上げる名曲や印象的なBGMを使用しているゲームを表彰する“ゲームミュージック”部門を新設し、今回の“最優秀ゲームミュージック賞”には、『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』(株式会社スクウェア・エニックス)が選出。フルオーケストラの華やかな音像や、すぐ口ずさめるような際立ったメロディーが特徴的で、特にボス曲ではイントロからハイテンションの旋律を奏で、プレイヤーの心を奮い立たせた。

そのほか各部門の受賞結果は、以下の通り。

■ゲーム・オブ・ザ・イヤー
2018年に日本国内で発売または配信されたゲームと、2018年の時点でサービス中のゲームの中から、もっとも優れていて印象に残った作品に贈られる賞で、“優秀賞”にノミネートされた作品より選出
『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』/任天堂株式会社
『モンスターハンター:ワールド』/株式会社カプコン

■優秀賞
ゲームの世界観や斬新さ、奥深さ、ゲームファンを惹きつける魅力など、総合的に優れた作品に贈られる賞
『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』/株式会社スクウェア・エニックス
『ゴッド・オブ・ウォー』/株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
『JUDGE EYES:死神の遺言』/株式会社セガゲームス
『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』/任天堂株式会社
『Detroit: Become Human』/株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』/株式会社スクウェア・エニックス
『Fate/Grand Order』/FGO PROJECT
『フォートナイト』/Epic Games, Inc.
『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』/株式会社ポケモン
『Marvel’s Spider-Man(スパイダーマン)』/株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
『モンスターハンター:ワールド』/株式会社カプコン
『レッド・デッド・リデンプション2』/Rockstar Games, Inc.

■MVP
ゲーム業界においてもっとも活躍し、影響を与え、輝いていた人物に贈られる賞
桜井 政博氏

■最優秀ゲームメーカー賞
もっとも活躍したゲームメーカーや開発会社に贈られる賞
株式会社カプコン

■最優秀ゲームミュージック賞
ゲームを盛り上げた楽曲やBGMが印象的だったゲームタイトルに対して贈られる賞
『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』/株式会社スクウェア・エニックス

■最優秀キャラクター賞
もっとも印象に残った、お気に入りのゲームキャラクターに贈られる賞
カービィ(『星のカービィ』シリーズ)

■特別賞
革新的なアプローチでゲーム業界に新たな潮流をもたらした作品、技術、商品に贈られる賞
『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』/株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

■フェイバリットアプリ賞
年間でもっともユーザーに愛されたゲームアプリに贈られる賞
『LINE:ディズニー ツムツム』/LINE株式会社

■ルーキー賞
新規タイトルの中で特に優れた作品に贈られる賞
『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』/株式会社スクウェア・エニックス
『Detroit: Become Human』/株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

■ファミ通アワード2018
主催・企画・運営:ファミ通アワード2018実行委員会
目的:2018年においてユーザーから厚く支持され、かつゲーム業界の発展に多大な貢献をしたと認められる優れたゲーム・人物・ゲームメーカー等を、ファン投票により選ぶことを目的とする。
投票期間:2018年12月27日~2019年1月25日
投票対象:家庭用ゲーム機、スマートフォン、PCなど、ハードの種類は問わず、2018年1月1日~2018年12月31日のあいだに発売・配信されたゲーム、または2018年の時点でサービス中のゲーム。
投票・選考方法:投票期間中、「週刊ファミ通」2019年1月10・17日合併号(2018年12月27日発売)に添付のハガキのほか、「ファミ通アワード2018」特設Webサイト上で投票を受付。投票部門は、優秀賞、MVP、キャラクター賞、ゲームメーカー賞、ゲームミュージック賞の5部門。投票結果をもとに、ファミ通アワード2018実行委員会が選定。