【レポ】マジパンはるるんとサンリオEXPO2019

【TGS 2019】インディーゲームコーナーで発見!癒し系育成ゲーム「ことだま日記」はちょっとポップでおもしろカワイイ♪

2019年9月12日から9月15日まで、幕張メッセにて日本最大級のゲームイベント「東京ゲームショウ2019」(TGS2019)が開催。期待のビッグタイトルからVR、インディーゲームまで、ありとあらゆる最新ゲームたちが登場する、ビッグイベントをMIKANでもレポート。

今回はカワイイWEB「MIKAN」らしく、カワイイを探すというテーマで場内を探索。するとインディーゲームコーナーにて、ドット絵カワイイキャラセンサーが働き、多くのゲームたちが並ぶ中、引きこまれるようにブースへとたどり着いてしまいました。(実際引き込まれたかも)

■ことだま日記(Ske6)

あれよあれよという間にまずはワンプレイということで、育成ゲームっぽいそれをスタート。画面にはひとだまのようなキャラ“ことだまっち”がおり、「(飛び交う)ハートをタップしてみてください!」と言われるがまま素直にタップすると、画面上部のゲージがチャージします。

フルチャージすると、そこからはモードが変わり、画面にはいくつかの言葉=“コトダマ”が。プレイヤーはこのコトダマの一つを選んで食べさせ、ことだまっちを成長させていくとのこと。そして、5分くらいこの作業を繰り返していくと…なるほど、最終進化形態へと進化し、1キャラの育成がサクッと終了しました。

選んだコトダマによってキャラが変化。どのようなコトダマを与えると、どのような最終進化形態となるのか…。

MIKAN編集部の結果はおばあさんを背負っているけなげな優等生。「もうちょっとウサギっぽいキャラがいいんですが」などと言ってる間に画面には、すでに次のことだまっちが登場しており、気軽に次々育てていくスタイルのようです。



▼【ことだま日記 (Kotodama Diary)】 言葉でほのぼの育成ゲームPV


全体的にカラフルで可愛らしく、家具・壁紙などお部屋のデコレーションといったコレクション要素も。集めて・見て・見せあいっこして=楽しい!というゲーム。

アップデートや期間限定のことだまっちもあるそうなので、気ままにダウンロードして、紅茶+スイートポテトなど秋の味覚などいただきながら、のんびりプレイが楽しそうです。

「ことだま日記」はすでにApp Store、Google Playにて配信中。

今回の訪問ではプレイヤーの方もブースに訪れ、平和なおしゃべりがなされおりました。ちなみに人気ことだまっちはパンに頭が突っ込んでしまっている「ポメパン」だそうです。

※TGS2019期間中にブースに訪れるとバッチやステッカーなどもおみやげもいただけるとのことでしたので、ぜひ。

<関連記事>
TGS2019まとめ

■ことだま日記
ジャンル:言葉でほのぼの放置育成シミュレーションゲーム
価格:無料(アプリ内課金あり)
制作:Ske6(すけろく)
対応プラットフォーム:

iOS:
https://apps.apple.com/jp/app/id1457331979

Android:
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ske6bento.kotodama

■Link
公式サイト:https://ske6bento.wixsite.com/ske6kotodamatchi
公式Twitter:https://twitter.com/Kotodamatchi

■東京ゲームショウ2019 開催概要
会場:幕張メッセ
会期:2019年9月12日(木)~15日(日)10:00~17:00
※12日・13日はビジネスデイ(招待制)、14日・15日は一般公開日
主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催:日経BP

<入場料(一般公開日)>
一般(中学生以上)前売1500円/当日2000円(税込)
小学生以下入場無料
ファミリーゲームパークは入場無料
※ファミリーゲームパークへの入場は中学生以下の子供とその同伴保護者に限ります。

公式サイト https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2019/