CONTENTS

“話題の人”アイドル部門は乃木坂46齋藤飛鳥!若月佑美も登壇、LINE NEWSが選ぶ「NEWS AWARDS 2018」

2018年12月10日、都内にて「NEWS AWARDS 2018」が開催。

これはLINE株式会社が、芸能・文化・スポーツ・アーティストなど2018年を彩った“話題の人”やLINEユーザーに支持された“メディア”を「LINE NEWS」が独自の基準で選出・表彰する催し。乃木坂46齋藤飛鳥や、浜辺美波、DA PUMPなど7名が“話題の人”として選ばれ、また文化人部門の福田雄一の代理として元乃木坂46の若月佑美も登壇し、にこやかに表彰式が執り行われた。

アイドル部門として登壇した斎藤は受賞について「たくさんのアイドルがいる中で見つけて頂き、すごくありがたいなと思っています。」と話すと、文化人部門では多忙な福田雄一監督の代理として現在テレビドラマ「今日から俺は!」に出演中の若月佑美が登壇。

乃木坂46齋藤飛鳥

福田監督のパネルを支えつつ「乃木坂46卒業後に、たくさん女優としての私を起用していただいて、とても感謝しています。」と気持ちを伝える。

若月佑美

DA PUMP

緊張の様子の野生爆弾くっきー

トークのコーナーでは今年を振り返り、映画初主演などについて斎藤が問われると「演技の経験があった訳ではないので、本当に私でいいんですか?とスタッフさんに聞いてまわりました。」と話す。しかし「ファンの皆様にとても喜んで頂けて、私自身も得るものがたくさんあった。」と手応えを感じた様子も明かした。

また、20歳を迎えては「10代の頃はスタッフの方にたくさん気を遣ってもらっていたので、それがなくなったのが嬉しい。」とすると、「普段静かに過ごしているので、20歳はアクティブに過ごして、お仕事もプライベートも充実させたい。」と今後についても語った。

若月は福田監督について乃木坂46時代に行った舞台での初対面を振り返り「読み合わせの緊張する場でも、1番笑ってくれて場が和む。」と紹介。若月自身の乃木坂46卒業からの心境の変化については、まだあまり実感は無かったようだが、今回、斎藤飛鳥と控え室が違うことで「今日、感じました。」と心境を語った。

そのままそれぞれが今年を振り返ると、最後はくっきーの持ちギャグにアスリート部門で受賞となった槙野智章もまきこまれつつ、笑いの中式典は終了となった。

■LINE NEWS Presents 「NEWS AWARDS 2018」

日程:2018年12月10日(月)
<受賞者>
アイドル部門;乃木坂46 齋藤飛鳥
アーティスト部門:DA PUMP
実業家・政治家部門:前澤友作
アスリート部門:槙野智章
芸人部門:野性爆弾 くっきー
文化人部門:福田雄一
俳優・女優部門:浜辺美波

URL:https://news.line.me/newsawards/2018

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

もくじ
閉じる