mini通信:2020年サンリオキャラクター大賞が開催!

池袋の未来型ライブ劇場harevutai(ハレヴタイ)が無観客ライブ配信費用を負担する応援キャンペーンをスタート

池袋の新たなランドマークHareza池袋内にある未来型ライブ劇場harevutai(以下harevutai)が、無観客ライブ配信にかかる費用を会場が負担する“無観客ライブ配信 応援キャンペーン”を開催することを発表。

昨今の新型コロナウィルス感染拡大防止のために、イベントの中止、延期、自粛などが相次ぐなか、未来型ライブ劇場harevutaiでは、アーティストやファンのためにと、2020年4月末までの期間、無観客ライブ配信にかかる費用をharevutaiが負担するキャンペーンを実施します。

ステージ(ランウェイ)

ステージ(1800ver)

harevutaiは高画質・高音質なライブ配信が可能な機材を常設しているため、主催者の負担が少なく、手軽にハイクオリティなライブ配信を実施することが可能となっています。このようなharevutaiの特徴を活かし、4月末日までの期間にharevutaiを利用する場合には、無観客ライブ配信にかかる機材や技術スタッフなどの費用をharevutaiが負担します。

エントランス

配信ルーム

利用に関する詳細、スケジュール確認などは下記にて。

info@harevutai.com

※会場の空きスケジュール、スタッフの状況により希望に沿えない場合あり。
※harevutaiにおける配信メニュー「配信基本パック(機材+基本スタッフ費用)」の全額をharevutaiが負担。

■harevutaiについて

2019年11月に池袋にオープンしたポニーキャニオンが運営する未来型ライブ劇場。ステージ全面を埋め尽くす大型LEDスクリーンやCGライブにも対応した透過スクリーンなど計3つのハイスペックスクリーンを備えており、また4Kにも対応したハイクオリティなライブ配信機材も常設しています。

ステージもエキストラステージを常備しており、用途に応じて自由自在にステージ形式を変化させることが可能。バンド、アイドル等のライブイベントやはじめ、商品発表会、ファッションショーなどのビジネスユースに加え、VTuberをはじめとしたCGライブ、eスポーツなど次世代型のイベントにも対応した劇場となっています。

公式サイト
https://harevutai.com