「少女☆歌劇レヴュースタァライト -The LIVE ONLINE-」イベントレポート!「感動しちゃったディスティニー」な新発表も続々!!

2020年7月12日(日)、イオンシネマ 幕張新都心にて「少女☆歌劇
レヴュースタァライト -The LIVE ONLINE-」が開催。このイベントでは延期になった新作公演につながるエピソード0の舞台上映にあわせて、キャストトークも行われ、久しぶりにファンの前に登場したキャストたちも嬉しそうな表情を浮かべました。

イベントには、小山百代さん、三森すずこさん、富田麻帆さん、佐藤日向さん、岩田陽葵さん、小泉萌香さん、相羽あいなさん、生田輝さん、伊藤彩沙さんの9名が登壇。「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」は「ミュージカル」と「アニメ」が相互にリンクし合い、展開していく新感覚ライブエンターテインメントとなっており、この9名がミュージカルの主要キャストとして出演するほか、そのままアニメ版の声優も担当しています。

イベントレポート

開演時間となると、元気なタイトルコールからキャストたちが笑顔で登場し、観客は拍手でお出迎え。今回の模様は有料にて配信も行われており、配信先にも挨拶します。

コロナ対策として観客の発声は控えての観覧ということで、小山さんからこぶしを振り上げてのコールアンドレスポンスが提案されると、客席の力強い反応に、「元気!」とキャストたちは嬉しそうに笑います。

オープニングトークでは、今回上映されるエピソード0の稽古について小泉さんが「めちゃくちゃ汗をかきました。」と自粛期間からの運動不足が解消されたことや、本編後に上映されるメイキング映像については生田さんに注目とのヒントも。映像ならではの演出も見どころと相羽さんの紹介もあるといよいよエピソード0の幕が上がります。

小泉萌香さん

エピソード0(公演・ライブパフォーマンス)

今回のステージ0は延期となった新作公演へとつながるエピソードとなっており、小山百代さんが演じる「愛城華恋」が引き起こす事件がきっかけとなって展開。学年を2年生から3年生へと進む愛城華恋たち聖翔音楽学園第99期生たちが新入生を迎えるストーリーが語られる中、過去にさかのぼって披露される昔ばなし「桃太郎」をモチーフとした演劇内演劇が披露されます。しかし、これが予想外にコミカルな演出となっており、富田麻帆さんや佐藤日向さんなどのユニークな姿がより一層会場を楽しませました。

さらに「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」の公演と言えば2部構成の後半にライブパフォーマンスが行われることも特徴の一つ。今回は映像ならではの演出が効果的で、織り込まれる殺陣シーンではクローズアップなどを使いより迫力を増しています。弓を扱う星見純那のシーンについては、トークコーナーにて佐藤日向さんから実際の舞台上では不可能である本物の矢を放ったことなども明かされました。

トークコーナー前半

新作公演へのワクワクを残しつつ、上映終了となると再びキャストたちが登場。小山さんの「いかがでしたでしょうか?」の声に賞賛の拍手も起こり、キャストもホッとしたような表情を見せます。新作公演主題歌『サイカイ合図』も初披露となり、疾走感のある曲調に岩田さんは「勢いがある楽曲。難しいんですよ、あのダンス!」と苦戦したことが話されます。

これに続く延期となった新作公演タイトルが「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#3 Growth」とも明かされると、今回のエピソード0についてもトークを展開。

小山百代さん

まずは、舞台ではお馴染みの自己紹介曲「プレコール」について。ここでは映像ということで画面が分割された演出で全員のさまざまな表情も見ることができましたが、それぞれ自分以外にも全員の振りをがんばって覚えたとのことで、佐藤さんは「いつかちゃんと観てもらいたい。」と話します。殺陣シーンについては伊藤さんが映画のようだったと感想を伝えると、「ババババン!」と相羽さんは擬音で表現。

伊藤彩沙さん

振付の話題ではほかにも、稽古などでかつて相羽さんのコミカルな振付ミスに爆笑していた岩田さんが、今回同じ個所で同じ間違いを犯してしまったことを指摘され、キャストたちも大騒ぎで盛り上がります。

岩田陽葵さん

稽古中については、三森さんが自身のバースデーもあったとのことで、キャスト・スタッフからのお祝いという嬉しい思い出も。そんな楽し気な稽古が語られる中、どうしても通らなければならなかった真っ暗な通路が存在したことについても明かされます。

夜にまで及んだ稽古。怖がりのキャストのために先輩の椎名へきるさんが一緒についてきてくれていたなど優しいエピソードも紹介されましたが、逆に佐藤さんは相羽さんにいたずらで怖がらせていたとのこと。ハリウッド風のリアクションを見せていた相羽さんについて盛り上がりも見せると、さらに肝試しなど話題にも花が咲きました。

佐藤日向さん

トークコーナー後半

稽古場でのエピソードの後にはバラエティコーナーに進み、演劇セリフでのしりとりやキャスト内アンケートなど楽しい企画も盛りだくさん。“男だったら付き合いたい人”のアンケートにて佐藤さんが三森さん、富田さんで揺れつつ結果的に面倒見が良いという富田さんを選ぶと、三森さんは「悔しいです!」とふくれ、そのあまりの可愛さに会場は笑顔。

三森すずこさん
富田麻帆さん

また、“天然キャラ”のアンケートでは岩田さん、相羽さんの名前が挙がり、前述の振付事件と合わせ、意外な共通点も。

トークコーナーのラストでは、お知らせとして、公開延期となっていた
劇場版となるアニメ・再生産総集編「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド」の公開日(8月7日)の決定や主題歌「再生讃美曲」の発売日(9月9日)も発表。それぞれの日程が大場なな(ばな=87)や99期生など奇跡的にキャラクターとの語呂合わせにもなっており、相羽さんからは「感動しちゃったディスティニー。」というワードも飛び出します。

相羽あいなさん

エンディングでは名残惜しそうな佐藤さんに全員がうなずきつつイベントは終了となりましたが、その後に上映されたメイキング映像では、オープニングトークで予告されていた通り生田さんの爆笑必至の名場面で会場は笑顔に包まれました。

生田輝さん、

今回のイベントでの発表まとめ

  1. 舞台新作公演、主題歌のタイトルが発表
    https://revuestarlight.com/news/6538/
  2. 劇場版・再生産総集編の公開日が決定
    https://cinema.revuestarlight.com/news/381/
  3. 劇場版・再生産総集編の前売券各種が7月13日(月)から販売再開
    https://cinema.revuestarlight.com/news/383/
  4. 再生産総集編の来場者特典決定
    https://cinema.revuestarlight.com/news/389/
  5. 再生産総集編主題歌「再生讃美曲」の発売日が9月9日に決定
    https://revuestarlight.com/news/6552/
  6. スタリラ×バンドリ!コラボが決定
    https://revuestarlight.bushimo.jp/

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」とは…

「ミュージカル」と「アニメ」が相互にリンクし合い、展開していく新感覚ライブエンターテインメント。ミュージカルから始まり、ミュージカルの主要キャストがそのままアニメ版の声優を担当しています。

ミュージカル、コミカライズ、テレビアニメ、ゲームアプリなど幅広く展開し、再生産総集編の「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド」は8月7日より全国の劇場にて公開。さらに新作劇場版の制作も発表。またメインキャスト9名

は近日公開。さらに新作劇場版の制作も発表。またメインキャスト9名によるユニット「スタァライト九九組」として音楽活動も行っています。

■少女☆歌劇 レヴュースタァライト
公式サイト
https://revuestarlight.com/

公式Twitter
https://twitter.com/revuestarlight

©Project Revue Starlight