ドラマ『恐怖新聞』主演・白石聖に聞く。主演への気持ち、見どころ

2020年8月29日より、オトナの土ドラ第29弾『恐怖新聞』がスタート。

「オトナの土ドラ」初のホラー作品となる今作は、70年代に空前のオカルトブームを巻き起こした、つのだじろうのコミック「恐怖新聞」を原作として、映画「リング」などで知られる巨匠中田秀夫氏が監督を務めます。

そして主役となる京都市内の大学に通う女子大生・小野田詩弦(おのだしづる)を演じるのは注目の若手女優白石聖さん。

今回、コロナ対策をふまえつつ、リモートでの囲み取材も行われ、白石さんが記者の質問に答えてくれました。

※また、「蜜柑通信」では個別インタビューも後日掲載予定していますので、ご期待ください!

撮影:南部仁志

囲み取材(リモート)

まず連続ドラマ初出演の心境を尋ねられた白石さんは、「率直に嬉しかったです。」と答えると、ホラー初挑戦については暖かいチームワークに支えられていることを話します。

「本当に恐くて、これを映像にしたらどうなるんだろうと思って、撮影が楽しみです。」と台本について触れると、周囲の行動に巻き込まれていく主人公・小野田詩弦(おのだしづる)を演じる上で「演者みなさんとのキャッチボールが大事。」とポイントを語りました。

今回監督を務める中田秀夫さんとはホラー作品ということで“分かりやすい芝居”を心がけていくよう話し合ったと言うと、話題は現場での恐怖体験へ。「今のところはないですね。」と笑顔で話し始めはしましたが、お札が貼ってあったホテルに宿泊した経験はあるそう。

原作『恐怖新聞』との違いについては「やっぱり主人公が違う部分もありますし、また新しい作品になるんじゃないかと思います。あとは台本を読んだ時、詩弦の立場になって沈みました(笑)負の連鎖というか、やっぱりより恐怖感は増したんじゃないかと思います。」と話すと、落ち込みすぎないように「おいしいかき氷が食べられたらいいな。」と楽しみも見つけていきたい気持ちを明かしました。

放送概要

放送日時:2020年8月29日(土)~10月10日(土)
23時40分~24時35分(予定)
放送回数:全7回(予定)
企画:市野直親(東海テレビ)
原作:つのだじろう『恐怖新聞』
シリーズ構成:乙一
脚本:高山直也
プロデューサー:後藤勝利(東海テレビ)
小松貴子 齋藤寛之 竹内絵唱(松竹株式会社)
協力プロデューサー:松本圭右(東海テレビ)
演出: 中田秀夫 服部大二 井上昌典
制作:東海テレビ放送 松竹株式会社

「オトナの土ドラ」

土曜日の深夜 23 時 40 分~24 時 35 分に放送中のドラマ作品シリーズ。「大人に向けた、本格派ドラマ」をコンセプトに、東海テレビがこれまで50年以上にわたり培ってきた“人間ドラマ”を存分に描いていきます。

「オトナの土ドラ」HP :
https://www.tokai-tv.com/dodora/