1月の俳句「寒すぎて 買ってみました 着る毛布」(編)

松井愛莉や野中ここな・白鳥沙南の語る見どころも!「さくら学院10th ANNIVERSARY MUSEUM」レポート

左から倉本校長、野中ここなさん、松井愛莉さん、白鳥沙南さん、嶺脇社長

タワーレコード渋谷店8階の「SpaceHACHIKAI」では、11月28日(土)~12月13日(日)の期間、学校をテーマにした成長期限定ユニット『さくら学院』が今年10周年を迎えることを記念し、グループの10年間の歩みを楽しめるミュージアム「さくら学院10th ANNIVERSARY MUSEUM produced by TOWER RECORDS」を開催。

11月27日にはオープニングセレモニーも行われ、在校生で生徒会長の野中ここなさん、トーク委員長の白鳥沙南さん、卒業生からは松井愛莉さん。また、さくら学院の校長として生徒たちを見守ってきた放送作家の倉本美津留さんや、初期から応援を続けてきたタワーレコードの嶺脇育夫代表取締役社長も登場しました。

セレモニーの後には内覧会も行われ、蜜柑通信ではさまざまな思い出の品が並ぶミュージアムを見学。囲み取材での発言とあわせ、気になる展示の様子を、ぜひご覧ください。

【あわせてCHECK!!】卒業生・松井愛莉や在校生・野中ここな、白鳥沙南がテープカット&トーク!「さくら学院ミュージアム」がタワレコ渋谷で開催

もくじ

「さくら学院10th ANNIVERSARY MUSEUM」の見どころは?

①嶺脇社長が語る見どころ

「年表がすごく細かくて…半分僕が作ってるんですけど(笑)10年を眺めているとすごく色んなことをやってきたんだなと俯瞰できるところでもありますし、色んなグッズのディティールも見ていただきたいなと思います。あと、手書きの日誌の原本が見どころかなと思います。」

作り込まれた年表
グッズ類
卒業にあわせた写真集や小道具も

年表からは10年の長さもさることながら、その時代時代を丁寧に紡がれた活動であったこともうかがえます。アイドルファンとしてや、少女漫画雑誌『ちゃお』の読者としてなど、それぞれさくら学院に出会った思い出の印も浮かび上がる瞬間。またグッズ類は販売されていたもの以外にも、「公開授業」などイベントでのおみやげほか、チラシなども展示。思わず目に留まる衣装の髪飾り類も見ることができます。

②倉本校長が語る見どころ

「制服がこんなにいっぱいあるんだなと思いました。僕はずっと一張羅なんですけどね(笑)さくら学院にいた子たちの痕跡がたくさん残っていて、当然リアリティがあって、父兄(さくら学院のファンの呼称)のみなさんは色んな思い入れもあると思いますし、一日中いられるんじゃないかなと思います。」

歴史を彩った制服たち

初代からその細かなディティールに惹かれた父兄さんも多かった制服。おさがりで着る場面もあったりなど、トラッド、アイビールックといったファッションからも校風が表現されました。小等部はリボン、中等部はネクタイといったことも多くの話題にのぼりました。

③白鳥沙南さんが語る見どころ

「今まで自分が日誌を書く時に卒業生の日誌を参考にさせてもらったりしていたんですけど、本物が置いてあったからすごい、本物だ!って思いました。父兄さんは驚くと思います。」

CDやDVDのジャケット写真一覧の下には、さくら学院の生徒自身の手書きによる「さくら学院オフィシャルブログ 学院日誌」の原本。ステージとはまた違った年相応の彼女たちの姿が届けられ、こだわる父兄さんは貼られているシールやマスキングテープにも注目しました。卒業にあわせて書かれた日誌の筆跡など貴重な記録が当時を思い起こさせます。

④野中ここなさんが語る見どころ

野中:私は部活動の衣装なんですけど、松井愛莉さんの新聞部の衣装もあって。

松井:新聞部は腕章とメガネだけだよ?

野中:でもこれで2人が踊っていたんだと思ったら、記憶がよみがえるんだろうなと思いました。

部活動ユニットの衣装

数名に分かれて所属した部活動ユニットの衣装展示では、世界的な存在となったBABYMETAL(重音部)以外にもTwinklestars(バトン部)、ミニパティ(クッキング部)などなど。個性的でクオリティの高い楽曲やビジュアルのファンも多く、人気を博した科学究明機構ロヂカ?(科学部)の高難度ダンスのフリコピには苦戦する父兄さんも多数?写真奥には田口華さん・磯野莉音さんのプロレス同好会とプロレスラーオカダ・カズチカさんとのポスターも。ちょうど真ん中にSCOOPERS(新聞部)。

⑤松井愛莉さんが語る見どころ

「どれも見どころではあるんですけど、ジャケット写真なんかは見ると“うお~”ってなりました。全員の写真もあるんですけど、こんなにいっぱいって。なんだか嬉しくなりますね。」

さくら学院を彩った生徒たち。現在もアーティスト、女優、声優と芸能活動の幅を広げる方を含め、それぞれの夢に向かって前進中です。
校則七ヶ条(手前)と、倉本校長(奥)、そして担任の森ハヤシさん(真中)

全体を見渡すとその時々の生徒、衣装、またグッズTシャツなど、実際どこも確かに見どころ。さくら学院の持つ、丁寧な部分も楽しい部分も感じることができ、また展示物からは自身の思い出に触れる機会にも。語られたもののほかにもパネルやサイン、またグッズ販売など盛りだくさんな「さくら学院10th ANNIVERSARY MUSEUM produced by TOWER RECORDS」でした。

【あわせてCHECK!!】卒業生・松井愛莉や在校生・野中ここな、白鳥沙南がテープカット&トーク!「さくら学院ミュージアム」がタワレコ渋谷で開催

■「さくら学院10th ANNIVERSARY MUSEUM produced by TOWER RECORDS」概要
タイトル :さくら学院10th ANNIVERSARY MUSEUM produced by TOWER RECORDS
開催日時 :2020年11月28(土)~12月13日(日)(16日間開催)
営業時間 :12:00~20:00 15:00~16:00は換気のため入場不可
場所 :タワーレコード渋谷店 8F SpaceHACHIKAI
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-22-14

展示内容:さくら学院10年のあゆみ(年表)、衣装展(歴代制服、部活動衣装)、パネル展(全年度集合写真、全リリースジャケット)、歴代グッズ、歴代NO MUISC, NO IDOL?ポスター、歴代ライブTee、学院日誌原紙、髪どめ、その他グッズetc.

映像内容:さくら学院MV ※上映は終日リピートとなります。

入場料 :500円(税込) チケットぴあ https://w.pia.jp/t/sakuragakuin-10th/
入場特典:2020年度生徒の撮り下ろし生写真を1回入場につき1枚差し上げます(全8種ランダム)

詳細:http://towershibuya.jp/news/2020/11/13/150067

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる