はちみつロケット、解散ライブも全力パフォーマンス!涙×笑顔できらきらのラストステージに

2020年12月6日、日テレらんらんホールにて、新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月の開催が中止となった、アイドルグループ「はちみつロケット」の解散ライブが開催されました。

はちロケの愛称で愛されたはちみつロケットはスターダストプロモーション・3B junior内のユニットとして2014年に雨宮かのんさん、澪風さん、華山志歩さん、公野舞華さん、塚本颯来さん、播磨怜奈さん、森青葉さんの7人で結成。2018年のメジャーデビューから2019年4月にはZepp Tokyoでのワンマンライブも成功の中、同年6月に雨宮さんが脱退し、2020年3月には解散が発表されました。

今回のライブは、中止となった解散ライブの代替となった生配信で語られていた約束が果たされる形で開催。集まったメンバー・ファンの楽しもうという気持ちも表れた、はちロケらしい明るさや楽しさ、かわいさで包まれた思い出深いステージとなりました。

はちみつロケット解散ライブ:レポート

オープニング映像からメンバーが登場すると、『ROCKET FUTURE』からライブスタート。

『忠犬ハチ公』『花火と漫画とチョコと雨』『千年ミラクル』『Yeehaw!』と歴代シングルの表題・収録曲をメインに続けると「夢に向かってリフトオフ!」とお馴染みの挨拶から「ついに始まっちゃいましたね。」と華山さん。そんな華山さんは芸能活動を終えているため「一般人枠として(笑)」と笑わせます。

播磨さんの「はちロケ色に染まってください、\サイ/」といつものコール&レスポンスも発声禁止によりクラップで行われると、「はちロケらしく楽しく!」と森さんも笑顔を見せ、約9ヶ月振りとなるライブに華山さんは「今までで1番緊張した!でも、アイドルってやっぱり楽しいと思いました。」と話します。

続くユニット曲パートでは、華山さん、公野さん、播磨さんによる『リトル*フラワーズ』から、ダンサブルな澪風さんソロの『NO ANSWER!』。いつもとは違ったクールな面を見せる塚本さん、森さんの『ある蒼い恋の物語』と披露されていきます。

衣装チェンジしつつ森さん・塚本さんのソースビューティー&しょうゆダンディーの決めポーズや、倍速での楽曲披露などの思い出も語られると、着席で静かにアコースティックバージョンの『お願いメテロティス』へ。しかし、ボーカルをメインに感動の…というところ、出だしの歌詞が飛んでしまう森さん。

「ごめんなさい!もう一回やってもいいですか(泣)」と土下座する森さんに、メンバーも総立ちでつっこむと、「今の歌い出しよかったのに!」と公野さんがさらに追い打ちをかけ、森さんは崩れ落ちます。

しかし、「もう一回じゃないのよ!」と言いながらも、仕切り直しのパフォーマンスでは、気持ちのこもった歌声を届け、会場からは大きな拍手が贈られました。

そのまま『夜空にきらめく花』と淡くつなげていくと、一転して、塚本さんの力強い歌声が響き、『陰陽 -Yin Yang-』で熱いステージに。『Naked Love』と激しい展開から、続く『ザラメ・オシャベリ』ではスローダウンするようにこのパートをおさめていきます。

すると、暗転の映像で少し時間を置いて、『おかしなわたしとはちみつのきみ』のイントロとともに可愛らしい衣装のメンバーが登場。『美味闘伝説ハッピー招拳』とステージを跳ね回ると『恋メラ』『バカイズム』『ハニートランポリン』とはちロケ定番曲が続き、フラッグを手に『MOTTO MOTTO!!』で会場全体が明るく輝きます。

流れるように本編が終了し、アンコールからは『フレンドリーム』で、会場・メンバーの気持ちも一つに。さらに『走れ!Fit’s ver』も披露されると、森さんから順に、はちロケとして最後のメッセージが届けられます。

6人からメッセージ

森さんは、「私は感情的になっちゃって」と上手くいかなかった時もメンバーが寄り添ってくれたことを話し、「素敵なメンバー6人がいたからここまでやってこれたし、はちロケでよかったって、いつも・今日も思いました。」と気持ちを伝えます。そして、「ここから見えていた全てはかけがえのない宝物。」と共に歩んできたファンに向け、感謝を届けました。

播磨さんは、3B juniorの頃から振り返りながら、はちみつロケットが「播磨玲奈らしくいられた」場所であったことを話し、メンバーやスタッフ、ファンに感謝。しかし、「最後は播磨らしく」と観客に手拍子での\サイ/を求めつつ、「本当に!5、6(ごろく)年間…?6年間!」と曖昧な年数を言ってしまい、その語感にずっこけるメンバー・観客。ツボる森さんを横目に慌てる播磨さんは「自己紹介していいですか!?」と仕切り直し、最後には「6年間ありがとうございましたー!!」とまとめした。

そんな播磨さんを見守る塚本さんは「昔、ももクロさんのステージを見て元気をもらって、そこから私も笑顔を届ける存在のアイドルになりたいと思いました。」と事務所先輩のももいろクローバーZが、この道へのきっかけであったことを話します。自身のライブでも笑顔に包まれる空間が好きだったことを思い出しつつ、悔いの無い気持ちを伝えると、「みなさんに笑顔を届けられていたでしょうか?」と問いかけ。観客が答える拍手の音を聴きながら「最高のアイドル人生でした!」と前を向きます。

公野さんは6人体制となった時にセンターを任されたことで強くプレッシャーを感じていたことを明かします。言葉を探しつつそんな想いを伝えながら、今回は「なかなかお見えにならない方の顔が見られて嬉しかった。」と久しぶりのファンの姿に喜びも。「少しでもはちみつロケットがみなさんの生活の原動力になれていたなら、私たちは心から嬉しく思います。」と最後には安心したような表情を浮かべました。

澪風さんは自身が思わず天然ボケのようにしてしまった失敗も、楽しく面白くエピソードにしてくれたことを、「愛してくれたから、アイドルとしてみんなの前に立てました。」とメンバーやファンに感謝します。するとこれからについてを「12月の25日、26日と1月の〜」と出演舞台の告知のように語り始め、その姿の澪風さんらしさに会場も思わず笑顔。澪風さんはさらに歩んでいく気持ちを伝えました。

華山さんは、「6年間を振り返ってみると、ずっと助け合ってきたグループ」として、幼い頃の足並みの揃わない時期を超えて、「いつの間にかお互いのことを思い支え合って素敵なグループになれています。そう思えることが私の誇り。」と語ります。そんな、ともに歩んできた6人の名前を挙げながら、「どうか、はちみつロケットがいたということを覚えていてくれたら嬉しいです。」と観客に伝えると、最後には「生まれ変わってもはちみつロケットの華山志歩になりたいです!」と気持ちを溢れさせました。

全員からのメッセージが終わると、会場に大きく跳ね返る拍手を全身に受けながら、締めくくりはメジャーデビューシングル『はちみつロケット ~黄金の七人~』。全力で精一杯のラストパフォーマンスを迎えると、笑顔をファンに届けながら6年間の活動に幕を下ろしました。

ライブ直前・コメント

──森青葉さん
解散配信から解散した気持ちがなくて、今日やっと実感しています。はちロケの楽しさだったり、空間は、この先もここだけなんだろうなという気持ちだし、はちロケだったから辞めずにここまでこれたし、この先もアイドルをやろうと思えたので、すごく大事な時間でした。応援してくれる方は、これからも私の進む道についてきてくれたら嬉しいです。

Instagram:https://www.instagram.com/aoba__mori_official/

──播磨怜奈さん
はちみつロケットのラストライブですけど、しみじみしない、変わらないはちロケらしさ。このライブのレッスン期間も、ずっと会っていたかのようなアットホームさで、これぞはちロケという時間でした。これからもアイドルとして叶えたい夢があるので、“播磨かな”で超えちゃう“かな”!?…で、お願いします。播磨のこと、ずっと好きでいてください、\サイ/

──公野舞華さん
(当日に行われた特典会で)久しぶりに会う方もたくさんいて懐かしい気持ちになりました。その人の顔を見ると、こんなことがあったなぁと頭を巡ったり。はちロケはメンバーそれぞれの個性が強いからか、ファンの方も個性が強かったんですよ、すごいなって(笑)これからも、これまでの成長を活かして新たなことに挑戦していきたいです。

Instagram:https://www.instagram.com/kimino_maika_official/?hl=ja

──澪風さん
ライブは大好きだからやりたいけど、終わっちゃうからやりたくないっていう複雑な気持ち。すべてにありがとうって思います。これからは声優として活動していくので、新しく学ぶこともたくさんあるんですけど、はちロケでの経験が活かせる場面がきっとあるので、はちロケで育った“有沢澪風”としても、よろしくお願いします。

Twitter:https://twitter.com/arisawamifu

──塚本颯来さん
楽しいことも辛いことも、全部一緒に乗り越えてきた仲間たちや、ロケッター(はちロケのファン)のみなさんとお別れということで、さみしさはあるんですけど、またここから、それぞれが進んでいけたらいいなと思います。みなさん幸せになってください!私も幸せになります。そんな気持ち。

──華山志歩さん
なかなかライブもできないこういう時期で、開催できたことが1番嬉しいです。みなさんの前で最後の姿を見せることができて、すごく嬉しい。アイドルになれてよかったって心から思います。私のことをアイドルでいさせてくれて本当にありがとうございました。とってもとっても幸せな6年間でした。

Instagram:https://www.instagram.com/shiho_hanayama_official/

***

はちみつロケット公式サイト:http://www.hachimitsu-rocket.com/
はちみつロケット公式Twitter:https://twitter.com/8rocketofficial

▽あわせてチェック:はちみつロケット記事一覧

セットリスト

  1. ROCKET FUTURE
  2. 忠犬ハチ公
  3. 花火と漫画とチョコと雨
  4. 千年ミラクル
  5. Yeehaw!
  6. リトル*フラワーズ
  7. NO ANSWER!
  8. ある蒼い恋の物語
  9. お願いメテロティス(アコースティックver.)
  10. 夜空にきらめく花
  11. 陰陽 -Yin Yang-
  12. Naked Love
  13. 放課後リフレイン
  14. WHITE☆FIGHTERS
  15. ザラメ・オシャベリ
  16. おかしなわたしとはちみつのきみ
  17. 美味闘伝説ハッピー招拳
  18. 恋メラ
  19. バカイズム
  20. ハニートランポリン
  21. MOTTO MOTTO!!

    ~アンコール~
  22. フレンドリーム
  23. 走れ!Fit’s ver
  24. はちみつロケット ~黄金の七人~

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA