「THERE THERE THERES」朝倉みずほにインタビュー!4thシングル「スナッキー」リリース、アルバム&ツアーも発表

今回は2018年9月26日に4thシングル「スナッキー」をリリース、また12月にはアルバムリリースとそれにあわせたツアーも発表したTHERE THERE THERESのメンバー、朝倉みずほさんにインタビュー。

朝倉みずほさんは、THERE THERE THERESの前身グループであるBELLRING少女ハート(略称:ベルハー)にて2012年よりアイドル活動をスタート。2016年には一時活動休止・改名するグループから離れ、別グループでも活躍すると、その後おおよそ1年を経て、現在のTHERE THERE THERESに復帰となります。今回は4thシングルについてや、その時々の状況などもうかがってきました。

THERE THERE THERESのみずほ

──本日はよろしくお願いします。まずはMIKAN初登場ということで、紹介もかねて一度離れたとも言えるTHERE THERE THERESに再び入る経緯についておうかがいしたく思います。

田中さん(THERE THERE THERES ディレクター)が誘ってくれて、やりたいって言いました。前のグループの時はみんな優しかったし、家族みたいな感じにしてくれたんですけど、歌ったり踊ったりっていう、ステージに立つのは一緒だけど、私のやりたいこととは少し違うと思って。

──入ってみると違った感じだったですね。

コラボしているような感覚でした。

──THERE THERE THERESとして加入した当初、メンバーの皆さんの反応はどうでしたか?

最初はれーれちゃん(有坂玲菜)が知っていてくれて、カイちゃんが知って、めいちゃん(平澤芽衣)は顔合わせの時まで私が新メンバーって知らなかったんですよ。事務所で初めて会った時に「なんでいるの!!?」ってなりました。「似てる人かなって思った」って言ってました。

──朝倉さん加入後のTHERE THERE THERESを見て、明るくなったというか少し自由な気分も入ったような感じがしたんですが、朝倉さん自身はそういう感覚はありますか?

『the Edge of Goodbye』とか、明るい曲が多くなりました。田中さん(ディレクター)から明るい曲ができるようになったって言われます。

──というとむしろ、田中さん(ディレクター)側でそういう感覚があったということなんでしょうか。

ありました。

──ライブ以外でのメンバー間は、どういう雰囲気ですか?

カイちゃんにくっついたりして、めいちゃんが「ダメダメーくっついちゃダメダメー」とかそういう感じです。あんまりシーンとはしてないです。

──楽しい雰囲気なんですね。加入9~10カ月となりますが、朝倉さんの中で何か変化は感じますか?

やっぱり途中からは難しいなって思います。ベルハーの時は最初からだし、今も曲の雰囲気とかは同じだけど、新メンバーとか…そういう…、あるものに入るのは難しい。

──ある意味パーツとして形を合わせていくことの難しさですよね。それは例えばベルハー時代には感じましたか?

絶対感じなかったと思います。昔の方がトゲトゲしていたので…。

──(笑)そうなんですか

(笑)何でみんなに合わせなきゃいけないの?とか思ってました。

──今は大人になったということですかね。

弱くなりました。

──優しくなれた?

良い言い方をすると(笑)優しくなれました!

──少年漫画なんかだと、優しさは弱点のようにライバルから言われますが、最終的には強さになります。そんな弱さを感じている自分は、どう変化していくべきですか?

楽屋とかだと別にいいんですけど、ライブだと田中さん(ディレクター)に遠慮してるってよく言われます。もっと遠慮しなくていいよって、でも、あの、遠慮せずにバーってやりたいんですけど、どこかでブレーキがかかっちゃうから、10カ月くらいずっと言われてます。

──成長過程の中にあるようにも感じられますね。いずれ、昔の朝倉さんではないな、ということに。

あとちょっとで22歳なので。

NEXT PAGE:「スナッキー」について