長澤茉里奈にインタビュー!実写映画『ノーマーク爆牌党』九蓮宝燈美役、麻雀との出会いに感謝

『ぎゅわんぶらあ自己中心派』『スーパーヅガン』など数多くの麻雀漫画を発表してきた片山まさゆき氏のコミック『ノーマーク爆牌党』が映画化し、2018年10月27日より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかで順次公開となる。

お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明演じる、相手の手牌を読み切り、余り牌を狙う「爆牌」を武器とする天才雀士・爆岡弾十郎(ばくおか・だんじゅうろう)と、注目の若手俳優・矢本悠馬演じる、徹底した守備力「爆守備」を武器とする平凡な雀士・鉄壁保(てっぺき・たもつ)の対決を描き出す本作だが、紅一点、“まりちゅう”の愛称で人気を博す長澤茉里奈が、高い符を目指す「爆テンパネ」を駆使するヒロイン・九蓮宝燈美(ちゅうれん・ぽとみ) 役として登場。

今回はそんな二人の間で揺れ動く九蓮宝燈美を演じる長澤さんに、普段の麻雀についてや、そこから見える作品の姿についてお話をうかがってきた。

麻雀とまりちゅう

──長澤さんは現在、麻雀関係のお仕事も増えてきているように思いますが、どういった魅力を感じていますでしょうか?

麻雀は普通のルールを覚えるだけじゃ成り立たなくて奥が深くてやるたびにもっと強くなりたい、前に進みたい、上に行きたいって思えるというか、向上心をくれるゲームだと思います。

──どんどんハマってきているという感じですよね。雀荘なども行かれるということで緊張はしませんか?

初めて一人で行った時は緊張しましたけど、でも楽しかったです。1時間空いた時に行ってみたので半荘しかしてないんですけど2番手でした。

──では今回の作品でも、ゲームの内容は分かってらっしゃるということですよね。

そうですね。こんな捨て牌でアガれるのか?みたいなシーンもけっこうありましたね(笑)

──撮影現場はどんな雰囲気だったんですか?

撮影現場はみんな仲良くて楽しかったですね。和気あいあいとしていて。やっぱり石田さんがムードメーカーで気づかいというかスタッフさんを和ませていました。

──石田さんは素晴らしい演技をしていらっしゃって、意外な配役ではあったと思うんですが。

最初は石田さんが?という意見も多かったと思うんですが、映画を見ると、そのまま爆岡になっていてぴったりのキャスティングだと思います。対する鉄壁が矢本くんっていうのも、正反対の二人ですごいよかったです。

──爆岡は危険牌もかまわず押していく麻雀で、鉄壁は完全に守りの麻雀ですが、長澤さん自身はどちらのタイプですか?

私はどちらかと言えば守備です。絶対に振り込まないように、めっちゃオリます。

──守備の麻雀はなかなか難しいと思うんですが。

自分がイイ手でもオリます。まぁでもいける時はいきますけど。

──かなりいい形の時でもオリですか?

オリますね。もちろん場合によりますけど爆守備派ですね。でも、調子のいい時は「いけるっしょ」ってばんばんアガっていけちゃうこともあります。

──流れを感じる時はどういう時ですか?

いい牌がどんどん集まってくる、とかですね。

──では、登場人物で憧れる打ち方はありますか?

宝燈美(ぽとみ)ちゃんの打ち方は憧れますね。高めの符を目指すみたいな、頭良く点数高めていくのはやってみたいです。まだ符計算があんまりできないんですけど(笑)そういうことは、今は教わったりとかしています。カンの仕方なんかも。

──カン、ですか?

普通にやると綺麗にならないというか、4つ全部上手に倒してとか、打ち方の綺麗な方法を教えていただきました。

──打ち方は映画ですと、鎌板地(かまいたち)が特徴的でした。彼は速攻でアガるタイプのキャラですが、そういった方との対戦はいかがでしょう?

この間、スマホアプリで麻雀のゲームをやっていたんですけど、みんな本気なので白のみでアガられたり、超イライラしましたね(笑)

──なるほど。ちなみにですが、登場する男性キャラではどなたが好みだったりしますか?

鉄壁くんも友達ですけど、私だったら爆岡みたいな人がきたら好きになっちゃうかも知れないですね。強くて男らしいし、映画では自分にしか弱味を見せてなかったから、そういうのには惹かれるかも知れない。んー、でも結局は鉄壁くんになるのかな?

──不良っぽいタイプと家庭的なタイプとの違いのような感じですが、やはりその2人になりますか?

大介は絶対友達(笑)にくめないけど、そういう感じではないかな。でも爆岡に揺れても、堅実な鉄壁くんがいいですね。

──ご自身は爆守備派ということで、やはり安心感があるんでしょうか?

守ってあげたくなるというか。そういう感じになります。

普段のまりちゅう

──それではもう少し長澤さんについても教えていただきたいんですが、普段の生活についておうかがいしてもいいですか?

家にいます。麻雀する時は外に出ますけど、基本は家でずっと寝てるかな?(笑)猫とずっといます。飲みに行ったりもするんですけどほとんど外に出ないですね。

──わりと引きこもりがちと?

そうなんですよね。休みの日は人と会わなくてもいいかな。友達と飲みに行くのが楽しい時期もあったんですけど…まぁ飲みますけど(笑)家で1人で飲む感じ?親友と公園で飲むみたいなのは好きです。

──となると生活の中での麻雀の占める割合はもしかして大きいのでは?

そうですね、麻雀が新たな趣味になって感謝しているというか。今まではスターウォーズかお酒くらいしか趣味がなかったんですけど、麻雀が生活の一部になって楽しくなりました。

──お酒、麻雀、スターウォーズの三本柱ですか?

あとはアイドルウォッチも好きです。奥野未悠さんとか亜桜しおんさんも可愛いですよね。上水口姫香さん、大森莉緒さんも好きです。

──知り合いということではなく?

そうですね。前から目をつけていました。SNSで見つけてフォローしたり、現場で見かけたりして好きになります。

──なるほど、ご覧になられている時の気持ちについておうかがいできますか?

かわいい、尊いって(笑)尊すぎて本人に会うことがあっても言えないんですよ。私みたいなのが申し訳ないって思っちゃって。SNSでフォローしていたりすると、話しかけてくれたりするんですけど、恐縮すぎて「あわわっ」てなっちゃう。

──そこから交友が広がっていったりはしないんですか?

誘われたりはするんですけど、申し訳ないって思って断っちゃいます。

──複雑なんですね。そういうことでいうと麻雀を舞台にしたドラマに出演もされていましたが、やはりアイドルだと麻雀仲間というのは難しい?

そうですね。でもグラビアアイドルの中では少し流行ってきてるかも。

──なるほど、麻雀番組が増えてきたりなどありますものね。それでは、そろそろ時間ということなので、ここで麻雀の良さについてあらためて語っていただけますか?

人の性格とか、人間味が1番出るゲームですよね。あと、卓を囲むだけで仲良くなれるというか、初対面でも半チャンやるだけですごく仲良くなれます。外と交流をあまり持たないタイプの人間だけど、友達ができると嬉しいし、麻雀仲間ができると麻雀できる機会が増えるからラッキーです(笑)

──そこで新たなコミュニケーションも広がるわけですね。

職種もさまざまなので色んなジャンルの方と仲良くなれて嬉しいです。麻雀の勉強会にも参加したり、目的も同じだからこそ仲良くなれます。

最後に

──女優としてのこれからの活動にも触れさせてください。

この作品が女優として私の歴史にも残るし、ステップアップしていくための作品だとも思うので、これをきっかけにどんな役でもできるようにもっと勉強して頑張っていきたいなと思います。

──今回の役で印象的な演技はありましたか?

爆岡と2人で街に繰り出すシーンがあるんですけど、そこでの気持ちの変化を表現するのが難しかったですね。

──ありがとうございます。それではこれから映画をご覧になる方に一言お願いします。

まず、主演の2人がめちゃくちゃかっこいいので麻雀を好きじゃない方でも、好きにならざるを得ない作品だと思います。これを機に麻雀を知って、さらにもう一度見ていただけたらもっと面白いと思います。宝燈美の揺れる恋心も魅力です!

撮影:ナンブトモノリ

***

映画『ノーマーク爆牌党』は10月27日よりシネマート新宿・シネマート心斎橋ほかで順次公開。長澤さんにはもちろん注目だが、石田さん、矢本さんの表現力や、闘牌の中に描き出される青春群像にもまた注目だ。鑑賞後にはどこか爽やかささえ感じられる作品。

公開日の27日には長澤さんも登壇する舞台挨拶も予定。ぜひ劇場で味わおう。

■LINK
長澤茉里奈 公式サイト:https://mariners.tokyo/
長澤茉里奈 公式Twitter:https://twitter.com/nagasawa_marina

映画「ノーマーク爆牌党 」公式サイト:http://bakuhai-movie.com/

■映画「ノーマーク爆牌党 」
<ストーリー>
アマチュア麻雀界で全国二連覇を成し遂げ、プロ入りが期待されている大学生の鉄壁保(矢本悠馬)は、雀荘ドラ道楽で宝燈美(長澤茉 里奈)、大介(高崎翔太)と共に、日々麻雀の腕を磨いていた。三連覇の掛かる大会前日、そこにふらりと爆岡弾十郎と名乗る男(石田 明)が現れる。自らを天才と名乗り傲慢な態度で振る舞う爆岡に、宝燈美と大介は鉄壁との勝負を持ち掛ける。相手の余剰牌を狙い撃 ちする「爆牌」を武器とする爆岡と、徹底した守備力「爆守備」を武器とする鉄壁。運命に導かれるように出会った二人は、己のプライドと 人生を掛けぶつかり合う。

出演:石田明(NON STYLE) 矢本悠馬 長澤茉里奈 高崎翔太 永田彬 / モロ師岡
原作:「ノーマーク爆牌党」片山まさゆき(竹書房刊)
監督・脚本:富澤昭文
製作:永森裕二
プロデューサー:石川博幸/笠木望
キャスティングプロデューサー:久保田隆久
製作:「ノーマーク爆牌党」製作委員会
配給・宣伝:AMG エンタテインメント
制作:レフトハイ
麻雀監修:麻雀企画集団バビロン
協力:日本プロ麻雀連盟 (C)2018 片山まさゆき/竹書房/『ノーマーク爆牌党』製作委員会