春の「はちみつロケット×MIKAN」集中企画!5回転連続ロングインタビュー#2『公野舞華さんははちロケの真ん中』

雨宮かのん(あめみや かのん)さん、澪風(みふう)さん、華山志歩(はなやま しほ)さん、公野舞華(きみの まいか)さん、塚本颯来(つかもと そら)さん、播磨怜奈(はりま れいな)さん、森青葉(もり あおば)さんの7人からなるスターダストプラネットのアイドルグループ「はちみつロケット」(愛称:はちロケ)。

2019年3月20日には4thシングル「忠犬ハチ公」がリリースされ、4月6日にはZeppTokyoでのワンマンライブも開催予定と、今最も注目のアイドルグループとなっています。

この大きな節目とも言える時期に、MIKAN編集部ではメンバーへのロングインタビューを敢行。雨宮かのんさん、澪風さん、公野舞華さんには個別に、そして塚本颯来さん×播磨怜奈さん、華山志歩さん×森青葉さんといった、ワン・プラス・ワンな形も。

今回は、“はちロケのアイドル”こと公野舞華さんにお話をうかがいました。


写真:ナンブトモノリ
文:MIKAN編集部

──まず最初の質問ですが、公野さんは自分のことをどういう性格だと思いますか?

よく言えば物事を冷静に見れますね。でも、めんどくさがり屋かな(笑)

──女の子っぽいイメージはありますし、髪型から最近は男の子っぽいイメージもありますよね。

けっこうサバサバしているかも知れないです。でも、おしとやかな女の子でもいたいし、昔は実際そうでしたね。髪の毛を切ってからは少しスポーティーになっちゃいました。

──髪型の変化でグループ内での自分の立ち位置も変わってきましたか?

んー、迷走していた時期もあって、アイドルキャラってやってても志歩ちゃんとかぶってる気もして。でも、志歩ちゃんも迷走してました(笑)みんなキャラが。

──7人いるとなかなか難しい。

私はこれといった個性も無いし、悩んでいましたね。はちみつロケットはみんな個性が強いので。

──今はいかがですか?

自分ではアイドル担当って言っているんですけど、性格はつっこみというか。

──広く受け入れるというか、癒しの空気感もありますよね。

その人に合わせられる適応力みたいなものはあるかなと思います。会った瞬間にその人のタイプって分かるじゃないですか?話したいタイプなら聞き手に回ったり、相手に合わせられるので誰とでも仲良くなれるんですよ。クラスでもいつも一緒にいる子以外の子とも仲良くしています。そういうところは自分でもいいなって思います。平和主義。

──なるほど、それでは趣味や好きなものについても教えてください。

最近は暖かくなってきて、散歩とか。タピオカも。

──好きな場所なんかはあったりしますか?

1人の部屋です(笑)誰もいないお家が好きで、だいたいベッドでゴロゴロしてます。

──ボーっとしているのが好きなんですか?

好きですね。部屋では携帯を触ってるか音楽聴いてるかな。

──音楽というと、例えばご自身のライブなどについてはいかがですか?

ライブは楽しいですね。ダンスが好きなんですよ。あとファンの方との特典会も好きです。普段は自分から話しかけるタイプではないので、話しに来てくれるのが嬉しくて、好きって言いにきてくれるのが(笑)ファンの人と遊べる企画もあるといいな。

──はちみつロケットはそういう企画もありえそうですよね。

お笑い系も多いですしね。あ、私お笑い芸人さんも大好きなんですよ。テレビでネタ番組を観ると勝手に審査員始めちゃいます。これはもう少し間が、とか。

──(笑)

(笑)四千頭身さんとか、NON STYLEさんとかが好きです。一緒にライブをやらせていただいたラバーガールさんも。つっこみが冷静なのが好きなのかも。でも公野はボケられないので無茶ブリがこわい。

──無茶ブリはそうですよね(笑)では、ほかにファッションなどについてはいかがですか?

髪の毛が長かった時はガーリーだったんですけど、男の子くらいの髪型になってからは、似合わないので着なくなってきました。心変わりなのか、大人っぽいファッションも好きになり始めてきて最近はおとなしめですね。深緑色の洋服がマイブーム。あと、お母さんが女の子っぽい正統派のお洋服を着させたいんですけど、公野はスポーツ系とかストリート系とかも着てみたくて。なのでじわじわとこっちに寄せてきています。

──アイドルをやるきっかけもお母さんの勧めだったり?

自分からです!人生で1度でいいから、オーディションを受けるっていう経験をしたくて。なので、受かったあとのこととかも何も考えずに受けました。でも一応、幼稚園の頃の夢はアイドルだったんですよ。『きらりん☆レボリューション』に憧れてて。それはふわっと忘れてたんですけど、今やアイドルっていう。

──アイドルをやってみての感想などありますか?

普通の人では経験できないことができているし、色んな方からたくさんの応援や愛を貰えて、普通より何倍もの濃い人生を歩めているので、アイドルでいれるのが嬉しいです。

──周りのアイドルは気になったりしますか?

スターダストプラネットで開催した「初S 2019」の時は、自分たちに足りないものはなんだろうってみんなのリハーサルを見ていました。そして、それを見つけることもできて…秘密なんですけど(笑)

──(笑)でも、それは成長につながったわけですよね。

意識して、「初S 2019」の次のライブで活かしてみたら評判もすごくよかったです。

──では、そういうところも含めてこの1年を振り返って何か感じたことはありますか?

印象に残ってるのは、あるアンケートで「あなたにとってアイドルとは何だと思いますか?」という質問で、すごく考えたことです。「みんなに笑顔を届けること」も確かにそうだと思うんですけど。それだけじゃなくて、アイドルががんばってるから自分もがんばろうと思ったり、アイドルが伝えようとしていることを受け取りたいと思ったり、成長過程を日々楽しんだり、推しメンのやることでその日の気分も上がったり下がったりって、そういう原動力?人生の支えっていうと大げさに聞こえちゃうかも知れないんですけど、本当にそういうことなんだろうなって。

──自分もまたそういう存在?

そうですね。私なんかでがんばれるって言ってくれるのがすごく嬉しいです。かわいいって言ってくれるのも嬉しいんですけど、そういう言葉が1番響きますね。

──なるほど、色んなことを得つつという中、いよいよ4月6日にはZeppTokyoへとつながっていきます。

現状は不安もありますけど、その圧には負けたくないです。でも楽しんでもらうのはもちろんですし、自分も楽しめると思います。疲れていても、苦しい顔はしないぞっていう。

──先日のワンマンライブ「はちみつロケット品川4番勝負」の8曲連続披露でもそうでしたよね。

でも、みんなは案外大丈夫だったって言っていたんですけど、実は公野はけっこう辛くて(笑)自分で体力はある方だと思ってたんですけど。でも、できるだけ余裕そうな顔で踊ってました。最近は無いんですけど、またお母さんからダメ出しがきちゃうかな(笑)

──ダメ出しがあるんですね。何か思い出深いお母さんからのアドバイスはありますか?

自分の長所を気付かせてくれたっていうか、自分のいい部分が自分で分からなかったんですけど、あなたははちみつロケットの和を保ててるよね的なことを言われたことかな。でも確かに誰かがケンカすることがあっても、間を取りもってはいるのかなって。そうだといいなと思っています。

隣で聞いていた澪風さん:私の保護者なんです。はぐれないように手をつないでくれるんですよ。

どこかに消えていくんです(笑)澪風ちゃんがいない!ってなる(笑)

──消えちゃうんですか(笑)では、最後に公野さんの将来的な夢などについても教えてください。

アイドル活動もそうですが、演技もできたらいいなって思うんです。普段の自分に自信はないけど、役なら何にでもなれるじゃないですか?色んな人になれて、いろんな世界を見れて、色んな感情や知識を知れて、そんな体験が出来るのはいいなって思います。

──とても合っているような気がしますね。優しい雰囲気なだけに悪い役とかもハマりそう。

ちょっと(笑)自信があまりないので、自信のある子の役をやって、それを実感したいというか、色んな人になってみたいです。

──では、はちみつロケットとしての夢も教えてください。

ずっと言い続けているのは日本武道館です。しっかりみんなでそこに立ちたい。ZeppTokyoもそんな未来につなげていけるように、みなさんに気持ちを伝えていきたいです。

はちみつロケットの最新4thシングル「忠犬ハチ公」の収録曲にはいしわたり淳治、畑亜貴、コモリタミノル、小西康陽といった豪華作家陣が名を連ねユニークな一枚に。また、ブリティッシュでレトロポップな『忠犬ハチ公』MVのかわいい仕上がりにも注目です。

▶▶「忠犬ハチ公」特設サイト

■はちみつロケット初Zeppワンマンライブ
H.R ADVENTURE 〜はちロケ 春の大冒険!〜 @ Zepp Tokyo
日時:2019年4月6日(土)open/17:00 start/18:00
場所:ZeppTokyo

■春の「はちロケ×MIKAN」新元号予想色紙プレゼント!
平成最後もそこまできているということで、メンバーのみなさんに新元号を予想していただきました!第2弾の公野さんの予想は「豊安」。

公野さんの解説:去年の一年を表す漢字が「災」だったので、今年は「安全」目標ということで「安」を入れたかったんです!安全第一でいい時代を始めていこうという意味で、明治、大正、昭和、平成…で、なんか豊安ってありそうだったので(笑)

<色紙応募方法>
「MIKAN編集部」公式Twitterの対象ツイートをRT(引用RTも可)していただくと、抽選で「公野舞華さん新元号予想色紙」を1名様にプレゼント!当選者の方には、「MIKAN編集部」TwitterアカウントよりDMでご連絡させていただきます。

対象ツイート:https://twitter.com/MIKAN_HENSHUBU/status/1109421038767529984
締め切り:4月10日23:59まで

※当選後、住所のご連絡・送付が可能な方のみご応募ください。
※個人情報は、プレゼントの発送のみにて使用いたします。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※はちみつロケット、MIKAN編集部のTwitterアカウントのフォローもぜひ!

■春の「はちみつロケット×MIKAN」集中企画!
5回転連続ロングインタビュー

<LINK>
▶はちみつロケット公式サイト
▶はちみつロケット公式Twitter
▶はちみつロケット公式Instagram