mini通信:マジパンひまわり先生の連載第4話更新!

『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』アベコベ刑事役・ぺえにインタビュー!撮影への想いや夏の見どころをチェック

テレビ東京系にて絶賛放送中の女の子向け特撮テレビシリーズ『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』(以下:ファントミラージュ)。

番組はファントミハート・桜衣ココミ(菱田未渚美さん)、ファントミスペード・明日海サキ(山口綺羅さん)、ファントミクローバー・紫月ヨツバ(原田都愛さん)、ファントミダイヤ・紅羽セイラ(石井蘭さん)の4人が正義の怪盗「ファントミラージュ」として、「イケナイヤー」にされてしまった人々から「イケない心」をちょーだいして平和を守るストーリーとなっています。

イケてる人を「イケナイヤー」にするのは3人の「逆逆警察」。

ギャンヌ署長を石田ニコルさん、マギャク巡査を黒石高大さんが演じ、そしてアベコベ刑事をタレントとして活躍中のぺえさんが演じます。2019年7月14日には、池袋・サンシャインシティ 噴水広場にて「『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』パフォーマンスショー」が開催され、ここにアベコベ刑事演じるぺえさんも出演。

関連記事:『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』パフォーマンスショー!レポート

そこで今回は少しお時間をいただき、ぺえさんに撮影についてや、「ファントミラージュ!」への想い、夏の番組の見どころなどをうかがってきました。

──初めての演技ということですが、やられてみていかがですか?

アベコベ刑事は頭脳派ということではあるんですが、キャラ的には似ているからか、そこまで苦戦ということもないです。台本をいただいた時は大丈夫かな?と思ったんですが、三池監督を中心に、私が思うアベコベ刑事をそのまま表現してくださいと言ってくださるので、ありがたいです。

──そういうところで言うとアドリブかな?と思えるシーンもあります。

本当だとカットがかかるような場面でも監督がすごく遊んでいたりしますね。逆逆警察の3人でお芝居を作っていくんですけど、仲も良いし、お互いの演技についても言い合える良い関係なので楽しいです。監督がOKを出しても、自分たちが意見を出すこともあって、みんなが1つの作品を面白くしようという意欲が詰まっているんじゃないかな?今まではバラエティを中心にやってきて、1つの番組を作り上げることには変わりないんですが、バラエティはどこか戦争というか(笑)

──バラエティでは共演とはいえ、個人戦の部分もありますよね。

それをデビューしてから経験してきたので、ドラマとバラエティの違いを感じました。また違った温かさを知ることができて幸せですね。

──新しい環境での発見というか。

でも、このお話をいただいた時は1番悩んでいる時期で、秋くらい?正直、この仕事を休もうかとか色々考えて、何も挑戦したくないような状況でした。りゅうちぇるや色んな人にも相談して、「ありがたいお話だし、やってみたいとも思うんだけど、1年以上あるよね」って。それで「新しい挑戦の場を与えられるということは、今は辞めるなっていうことなんじゃない?」と言ってくれたのが、そうかもって。ここで断ったら一生後悔するとも思って、自信があったわけじゃなかったんですけど、違う自分に出会えるんじゃないかと思いました。なので、私にとっては新しい挑戦の場ということだけじゃなくて、大切な作品にもなりました。

──そこまでの深い想いもあったんですね。

逆にここまで本気で向き合えたドラマが終わってしまったらどうなっちゃうんだろうって、そこも色々考えちゃいますね。スタッフさんも、ファントミラージュのみんなも仲が良いので。

──このドラマの出演から、街で小さいお子さんに声をかけられるなど、そういったこともありますか?

お子さん方もそうですが、その親御さんたちからSNSでコメントもいただいたりして、それは力になっていますね。街では、すっぴんの時にアベコベ刑事と言われると、姿が違うしこれはどうしようって考えちゃいますけど(笑)でも、私生活もちゃんとしなきゃいけないなと、しっかりした考えも持つようになりますね。

──「ファントミラージュ」での経験から、演技のお仕事や小さいお子さんに向けてのお仕事など、これからの意欲を得たりしたんでしょうか?

いつもとは全然違う自分、黒髪にもしますし、すっぴんの姿での演技にもしてみたいと思いました。中性的だけじゃなくて男性としての役だったり、色んな自分の見え方を研究してみたいという気持ちは徐々に生まれてきましたね。

──それでは撮影現場でのお話なんですが、「ファントミラージュ」たちとのエピソードなどありますか?

思春期だし難しい年頃なのかなと思ったんですけど、むしろこっちが「ちょっとケンカくらいしなさいよ」って思うくらい仲が良くて微笑ましいですね。みんなそれぞれ性格が違うんですけど、逆にそのおかげなのかな?ヨツバはストレートに言葉にする子で、ココミはマイペースで根っこは曲げない強さもあるし、セイラは柔軟でバランスの取れた子だなと思います。それでサキは少しお姉さんなので上手くまとめていますね。みんなとは一緒にTikTok撮ったり、流行りを聞くのも面白いです。でも音楽をかけていると世代の違いを感じますね(笑)

──確かに一番感じる部分かも。それではドラマ「ファントミラージュ」についてですが、「サマー署長」として森三中の大島美幸さんが夏限定の登場など面白い試みもあります。見どころなどいかがでしょう?

第16話からサマー署長が登場するんですけど、とにかく面白いです。やっぱり笑いのプロが加わると違いますね。大島さんの撮影自体は終了しているんですが、すごく良い笑いのエッセンスを残していってくれました。間なんかもそうですが、色んな人を笑わせる方法を学んだと思います。

──特に印象に残ったエピソードなどはありますか?

一度、大島さんがドツボにハマっちゃった日があったんですけど、撮影を中断して「外の空気を吸いにいこう」って、逆逆警察の4人で外に出たこともありました。色んな意味で一つになれて協力し合って、さらに面白いものが生まれたので、ぜひ見て欲しいです。お子さんだけじゃなく、お父さんお母さんも楽しんでもらえるところが増えたと思います。それと、笑いのシーンじゃなくても笑わせる顔というか、大島さんが微妙な顔をしてきて、黒石高大さん(マギャク巡査)は耐えられるんですけど、石田ニコル(ギャンヌ署長)と私はダメで、笑いをこらえるのに必死でした。もしかしたら、そのシーンが使われているかも知れませんね。そういったアドリブとか、あとは色んな場所にロケも行ったので、ドラマから夏を感じて欲しいなと思います。

『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』は7月21日放送の第16話より、大島美幸さんが「サマー署長」として期間限定で登場。ユニークな試みにドラマはどう展開するんでしょうか。また、7月28日の第17話では、同日放送のアニメ『キラッとプリ☆チャン』ともコラボ。両番組にお互いのキャラクターが登場するということで、こちらも見逃せない内容となっています。

■ひみつ×戦士 ファントミラージュ!
<ストーリー>
「正義の怪盗 ひみつ×戦士 ファントミラージュ!イケない心 ちょーだいします!」
『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』は正義の怪盗。逆逆警察によって「イケナイヤー」にされてしまった人から、「イケない心」をちょーだいして平和を取り戻す!そのキラキラな大活躍は、ネットなどでどんどん話題になっていくが、正体はゼッタイにひみつなのだ!ファントミラージュは、世界の平和を守ることができるのか!?ファントミラージュを演じる4人はオーディションによって選ばれたシンデレラガールたち!OLMによる最新VFXを駆使したダイナミックな映像と歌・ダンス監修expgによる本格的なダンスや歌のパフォーマンスが見どころ!

<スタッフ・キャスト>
原作:タカラトミー/OLM
総監督・監督:三池崇史
監督:山口義高、横井健司、西海謙一郎、倉橋龍介、平野勝利、原島孝暢
出演:菱田未渚美、 山口綺羅、原田都愛、石井蘭ほか

放送時間:毎週日曜朝9時からほか
放送局:テレビ東京系

公式サイト:phantomirage.jp
公式Twitter:https://twitter.com/girls_heroine
公式Instagram:https://www.instagram.com/girls_heroine/