山田五郎とSKE48鎌田菜月が「ルーベンス展-バロックの誕生」開催記念トークショー!その魅力を紐解く

2018年10月21日(日)、「J:COM Wonder Studio」(東京ソラマチ内)にて、評論家の山田五郎と、SKE48鎌田菜月が、国立西洋美術館で開催される「ルーベンス展-バロックの誕生-(以下、ルーベンス展)」を記念したスペシャルトークショーを開催。

■トークショーレポート

―ルーベンスとバロック時代
山田:
「ルーベンスはバロック時代を代表する画家で、5~7ヶ国語を操る外交官でもありました。」
「バロック時代の作品の特徴は”とにかく濃い!”」

―山田五郎“僕が選ぶこの1枚”
山田:
「エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち」です。
「これもくどいでしょ」と口火を切リ、描かれている内容を背景とともに解説。
「なぜ裸なのか?」クイズに

鎌田:
「ルーベンスの趣味・・・?」と笑いをとりつつ「神話を描いた作品だから?」

山田:
「正解!実在する人間ではなく、神々を裸で描いているんです」との話に一同感心

鎌田:
「(女性たちは)スレンダーではないですね・・・」

山田:
「最近はやせている方がもてはやされる風潮だけど、本来人間はふくよかな方が豊かな象徴なんです」
「そして、ルーベンスはこのふくよかさの表現がすごい!」
「肌の質感を表すのにセルライトまで描いてます(笑)」

鎌田:
「”美”って、いきすぎると分からないですね(笑)」

―「フランダースの犬」ネロがずっと見たがっていたアントワープ聖母大聖堂の祭壇画を“4K”で
鎌田:
(アントワープ聖母大聖堂を見て)「本当に素敵ですね!憧れます!!」

山田:
「この祭壇画は日本人に大人気なんです」
「フランダースの犬はイギリスの作品ですが、実は日本でだけ流行ったからなんです」

―ルーベンス展について
山田:
「生で観に行ってほしい!でも濃すぎてお腹いっぱいになるから、空腹で行った方が良いですね」

鎌田:
「私も観て、お腹いっぱい、胸いっぱいになりました(笑)」

山田:
「観たあとは、お茶漬けをサラッと食べる位がいいですね(笑)」

鎌田:
「教科書では知っていましたが、生で観ると印象がガラッと変わりました。」
「肌の質感も、涙の表現も、本当に素晴らしかったです!!」

「J:COM Wonder Studio」では、4Kの魅力を先駆けて体験できる、毎月4K上映イベントを開催中。

■「ルーベンス展-バロックの誕生」開催記念イベント
開催期間:2018年10月16日(火)~10月24日(水)
イベント内容:
①クイズラリー …景品「ルーベンスポストカード」「ルーベンス展チケット(25組50名)」など計500点
②4K上映会  …アントワープ聖母大聖堂のルーベンスの祭壇画3点《キリスト昇架》《キリスト降架》《聖母被昇天》を紹介(約3分)

会場:「J:COM Wonder Studio」(東京ソラマチ® イーストヤード5階 / 東京都墨田区押上1-1-2)
入場料:無料
協力:「TBSチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメ」

イベント詳細WEBサイト:https://c.myjcom.jp/wonderstudio/201810_06.html
ルーベンス展WEBサイト:http://www.tbs.co.jp/rubens2018/
※イベント内容は予告なく変更となる可能性あり。