白石麻衣×松村沙友理の仲良しすぎるふたりが初ツーショットカバー!「CanCam」1月号でふたごな表紙

乃木坂46の白石麻衣と松村沙友理の“さゆまい”コンビが、CanCam1月号(11月22日発売)に登場。表紙と撮り下ろしページで、LOVEな“ふたごコーデ”を披露する。

「出会って7年経つけど、年月が経てば経つほどまいやんのことが好きになっている!」(松村)「まちゅと同じ現場のときはすごく落ち着くし、安心感がある」(白石)と大の仲良しふたりでの、ファッション誌表紙は初。

誌面では、ディオールやグッチといった憧れのブランドの“ふたごコーデ”を披露。「言葉にしなくてもわかり合えるようになってきた」(白石)と、撮影でのふたりの息はピッタリ! 仲良しのあまり密着しすぎてキスし合うシーンも。

ともに乃木坂46の1期生で年齢も同じ。「楽しいことも辛いことも、誰よりも共感してくれる存在」(白石)というふたりのインタビューでは、初めて出会ったときのこんなエピソードも披露されている。

「(乃木坂46の)オーディションの帰りに、私が駅で知らない人にからまれているのをまいやんが助けてくれたんだよね」(松村)「そうそう、駅でナンパ?されてて。まちゅはオーディションのときからかわいかったから覚えていたの。私も人見知りだから声をかけるのは勇気がいったんだけど、『一緒に帰ろう!!』って」(白石)

A3大のピンナップポスター付き(裏面はスペシャルQ&A24問)

1月号では、さらにふたりのA3大ピンナップポスターをスペシャル掲載。CanCam1月号は、11月22日(木)小学館より発売となっている。