乃木坂46・秋元真夏、日向坂46・齊藤京子がWキャストでワカメちゃん!舞台「サザエさん」のメインビジュアル解禁

国民的人気作の舞台化として今秋大注目の作品、舞台「サザエさん」は、10年後の磯野家を描いた今作は、豪華キャストにより、東京(9月3日~17日/明治座)、福岡(9月28日~10月23日/博多座)で上演。

磯野家メンバーの第四弾キャスト発表となるワカメ役には、乃木坂46の秋元真夏と、日向坂46の齊藤京子のWキャストによる出演が決定。10年後のちょっぴり大人になったワカメちゃんを、今をときめく“坂道シリーズ”メンバーが演じる。

■秋元真夏(乃木坂46)

埼玉県出身、 8月20日生まれ。アイドルグループ「乃木坂46」のメンバー。学業のため4thシングル「制服のマネキン」より参加、以降全てのシングルで選抜入りを果たしている。明るく親しみやすいキャラクターで、レギュラー出演中の 『ひねくれ3(スリー)』ほか、『世界ふしぎ発見!』『YOUは何しにニッポンへ?』などのバラエティ番組でも活躍中。

■齊藤京子(日向坂46)

東京都出身、 9月5日生まれ。2016年「けやき坂46」のオーディションに合格。2019年2月「日向坂46」へのグループ改名を発表し、3月27日にはデビューシングル「キュン」をリリース。日本武道館や横浜アリーナでも単独公演を行うなど歌やバラエティ番組出演など活動は多岐にわたる。舞台は18年『あゆみ』『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』『ザンビ』に出演。

──誰もが知る「家族」の、誰も知らない10年後。

「サザエさん」は2019年にアニメ放送50周年、2020年に原作者長谷川町子生誕100年を迎えます。この記念すべき年に、東京・明治座と、福岡・博多座での舞台化が実現しました。相変わらずおっちょこちょいでお調子者のサザエには藤原紀香。出世して多忙になったマスオには原田龍二、定年退職した波平に松平健、子供たちの心配をしているフネに高橋惠子とベテラン陣に加え、なんと大学生になったカツオには荒牧慶彦、専門学校に通うワカメには秋元真夏・齊藤京子のWキャスト、中学生になったタラオに大平峻也と若手が盛り上げます。脚本・演出に家族の表現に定評のある田村孝裕を迎えて描く、誰もが知っている磯野家の、誰も知らない10年後の物語にご期待ください!

【配役】
サザエ:藤原紀香
マスオ:原田龍二
カツオ:荒牧慶彦
ワカメ:秋元真夏(乃木坂46)/齊藤京子(日向坂46)※Wキャスト
タラオ:大平峻也
フネ:高橋惠子
波平:松平 健
※追加キャストは追って発表。

舞台「サザエさん」
東京公演 9月3日(火)~17日(火)明治座
福岡公演 9月28日(土)~10月13日(日)博多座

制作:フジテレビジョン・明治座
©長谷川町子美術館

舞台「サザエさん」公式サイト:http://www.sazaesan-stage.jp/
舞台「サザエさん」公式Twitter:https://twitter.com/sazae_stage