三吉彩花・阿部純子出演 親友の妊娠で揺れる女の友情を描いた映画『Daughters』が2020年秋公開

三吉彩花・阿部純子で描かれる映画『Daughters(ドーターズ)』が、2020年秋に全国公開が決定。

同作は、東京・中目黒でルームシェア生活を送る2人の女性を主人公に、妊娠、シングルマザーという人生の決断を経て、友情、仕事、家族と向き合いながら、過去への固執と現実、そしてその先を描いたヒューマンドラマ。監督・脚本を務めるのは、同作が初長編作品となるファッションイベント演出家・映像作家の津田 肇(つだはじめ)となる。

主演・三吉彩花が演じるのは、ある日同居人の彩乃(阿部純子)から、父親の分からない子を妊娠したと告げられ、戸惑いながらも、彩乃をそばで見守り支える「小春」。阿部純子が演じるのは、仕事や遊びに明け暮れる日々の中、突然、自身の妊娠が発覚。悩みながらもシングルマザーとして育てることを決意し、1人の女性から”母親”に成長する「彩乃」。

撮影は、10ヶ月間の物語のため約1年かけて行なう予定。春の撮影は既に終えており、今後は6月上旬と10月下旬に撮影を予定している。

<メインキャスト&監督コメント>

・小春役 / 三吉彩花
『今作の脚本を読ませていただいたとき、曖昧さと明確が紙一重になっていて、静かな気の流れの中にも張り詰める緊張感や危うさ儚さ、そして希望を抱く強さなど様々な感情が湧き出る作品になっているなと思いました。今まで当たり前だった生活がある出来事により当たり前ではなくなるかもしれない。その繊細な空気感を五感を研ぎ澄ませて演じきりたいです。』

・彩乃役 / 阿部純子
『今回、彩乃役で出演することになりました。ひとりの女性が、母親になってゆく…そのプロセスを四季折々の美しさを織り交ぜて綴られる物語です。働きながら子どもを持つむずかしさや葛藤。母親になるとは?という疑問に対して、わたし自身も真っさらな気持ちで向き合いたいと思っています。共演させて頂くことになった三吉彩花さんと二人三脚で、この作品に取り組めたら嬉しいです。』

・監督・脚本 / 津田肇
『美しい二人の晴々しい空気感。この先、季節とともに移り変わる彼女たちを余すことなく焼き付けたいです。』

■映画『Daugthers(ドーターズ)』
公開予定日:2020年秋
公式HP:https://daughters.tokyo/
公式SNS
Instagram:@daughterscinema
Twitter:@daughterscinema
facebook:https://www.facebook.com/daughterscinema/

<出演者&監督プロフィール>
三吉彩花(みよしあやか)

1996年6月18日生まれ。2010年、ファッション誌「Seventeen」でミスセブンティーン2010に選ばれ、7年間の専属モデルを経て2017年に同誌卒業。現在は雑誌「25ans Wedding」のカバーガールを務めている。女優としては、映画『グッモーエビアン!』(2012)『旅立ちの島唄~十五の春~』(2013)に出演し、第35回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。近年の主な出演作にドラマ『エンジェルハート』(2015)『まかない荘2』(2017) 映画『いぬやしき』(2018)など多数。また、主演を務める矢口史靖監督作品『ダンスウィズミー』が2019年8月公開予定。

阿部純子(あべじゅんこ)

1993年5月7日生まれ。『リアル鬼ごっこ2』(2010)でヒロインに抜擢される。主演映画『二つ目の窓』(2014)が第67回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、同作品で第4回サハリン国際映画祭主演女優賞を受賞。その後、渡米し、ニューヨーク大学演劇科で演劇を学ぶ。帰国後、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」など幅広く作品に出演し、近年では映画『狐狼の血』(2018)、『海を駆ける』(2018)、『サムライマラソン』(2019)、『ソローキンの見た桜』(2019)などに出演。

監督・脚本 津田肇(つだはじめ)

1985年生まれ。慶應義塾大学在学中より、映像作品の制作やイベント制作に行事し、2005年初の脚本・監督作『Paint the Sky』が、第17回東京学生映画祭にてグランプリを獲得。2015年にCHAMELEONS INC.を設立し、ファッションブランドのコレクションやイベントの演出制作、映像作品を手掛ける。