mini通信:ひまコレ#5更新!(動画付き)

吉川愛・萩原みのり・今泉佑唯が見つめる、映画『転がるビー玉』のメインビジュアルが解禁

女性ファッション誌「NYLON JAPAN」の創刊15周年プロジェクトとして製作された長編映画『転がるビー玉』のメインビジュアルと公開日が解禁。

メインビジュアル

メインビジュアルにはメインキャストの吉川愛、萩原みのり、今泉佑唯の3人が登場し、キャッチコピーは「どこにも行けない、私たちへ」。

作品は2019年11月22日(金)にグランドオープンする新生「渋谷パルコ」内の「ホワイト シネクイント」にて、2020年1月31(金)に先行公開後、2020年2月7日(金)より全国順次公開となっている。

<場面写真>

<STORY>
再開発が進む、渋谷。その片隅にある古い家の床は少し傾いている。ここで共同生活する愛、瑞穂、恵梨香の三人は夢を追い求めながら、悩み、もがき、飲んで、愚痴って、笑っては、泣いた。彼女たちが手にいれたのは、〈宝石〉なんて眩しいものではなくて、どこかで紛れ込んだ一つの欠けた〈ビー玉〉だった。そんなある日、部屋の立ち退き勧告の通達が少年☆来る。街の再開発で家の取壊しが決定したのだ。これは、いずれ出て行かなくてはならないその部屋で三人が過ごした、ささやかな日常の物語。絶え間なく変化するこの街で埋もれてしまいがちな幸せは確かにそこにあった。

<CAST>
吉川愛、萩原みのり、今泉佑唯
笠松将、大野いと、冨手麻妙、大下ヒロト、日南響子、田辺桃子、神尾楓珠、中島歩、徳永えり、大西信満、山中崇
仁科あい、中尾有伽、手島実優、安倍乙、濱正悟、河合優実、浦山佳樹、比佐仁、高橋雄祐、青木将彦、川端康太、内堀太郎、松川遥菜、佐々木穂高

<STAFF>
監督/宇賀那健一(うがな・けんいち)
1984年生まれ、東京都出身。青山学院経営学部卒。ブレス・チャベス所属の映画監督 / 脚本家。過去作に『黒い暴動♥』、『サラバ静寂』他。『魔法少年☆ワイルドバージン』が2019年公開となる。

プロデューサー/戸川貴詞(とがわ・たかし)
1967年生まれ、長崎県出身。明治学院大学社会学部卒。2001年にカエルム株式会社を設立し、2004年に『NYLON JAPAN』創刊。現在、同社代表取締役社長、『NYLON JAPAN』編集長を務める。

配給:パルコ|©『転がるビー玉』製作委員会

■『転がるビー玉』公式 SNS
・Twitter
・Instagram