内田珠鈴が2ndワンマンライブ!バンドで聴かせる歌声&バースデーサプライズに涙!

2018年4月29日、代アニLIVEBASW西麻布にて内田珠鈴(うちだ しゅり)の2ndワンマンライブ「#shuri_2nd」が開催。

フジテレビ「めざましテレビ」イマドキガールやLINEスマートスピーカーCMなどでも注目を集める彼女は、アーティストとしても精力的に活動しており、先日4月25日にはプレデビューシングル「少しずつ」を発売したばかり。4月26日には17歳の誕生日を迎え、2018年最も期待されている現役高校生の1人となっている。

普段のイベントや路上ライブなどではオケをバックに歌うことも多いが、今回はDr、Gu、Ba、Keyのバンドセットでのワンマンライブとなり、本人も曲によりギター・キーボードを演奏する。会場には17歳になったばかりの彼女を一目見ようと多くの観客が訪れ、盛り上がりつつ、また、その歌声にじっと耳を傾けた。

オープニングにて暗転すると、バンドメンバー、そして内田が登場。「みなさんこんにちは、内田珠鈴です!」と元気な声を届けると大きな拍手に迎えられ、1曲目『夢に向かって』から『空』とアップテンポな曲でスタートする。明るい笑顔が弾けると、ミディアムテンポなシングル「少しずつ」収録の内田の作詞曲『つながり』で、まっすぐな広がりのある歌声を聴かせる。

そのまま誕生日を迎えたということで、日ごろのファンへの感謝を込めた逆プレゼント・じゃんけん大会も行われると、楽しいひと時。

続いては「1番多く歌ってきた思いもあるし、初めて作った曲ということで思い入れのある曲です。」と2017年7月31日の初ライブ時の緊張も明かしつつ、その時と同じくアコースティックギターを手に『卒業』を披露する。

さらに『あなたへ』、そして内田のキーボードの弾き語りで『メッセージ』の2曲を披露するとバンドメンバーの紹介もしつつ、「みなさんがこの曲を聴いて元気になれますように。」と、プレデビューシングルの表題曲『少しずつ』を気持ちを込めながら歌う。

そのままラストは「私はみなさんのことを応援できるように、もっともっとがんばってこれからもたくさんの歌を届けていきたいなと思います。」と『ガンバレ』で盛り上がっていく。

するとアンコールもかかり、再びステージに登場した内田は17歳初のワンマンライブということで『特別な1日』を歌う。告知などをしながら、内田が初めて作詞をした曲という『花火』でエンディングへ。

しかし、終了かと思われた瞬間、バンドからハッピーバースデーの歌の演奏が始まり、観客がそれに合わせ合唱。「えー!」と驚く内田は、バースデーケーキが登場すると「泣かないって決めてたのに。」と思わず涙する。

「今回は泣かずに終われたと思ってたのに。」とくやしさまじりの嬉しい表情も浮かべると「本当に最高の思い出になりました、ありがとうございました!」と手を振り、2ndワンマンライブを喜びに溢れるままに終えた。

■SET LIST
01. 夢に向かって
02. 空
03. つながり
04. 卒業
05. この先もずっと
06. あなたへ
07. メッセージ
08. 少しずつ
09. ガンバレ

~アンコール~

EN1. 特別な1日
EN2. 花火

■内田珠鈴「少しずつ」(Lyric Video)

■LINK
内田珠鈴 公式サイト:http://www.uchida-shuri.com/
内田珠鈴 公式Twitter:https://twitter.com/shuri_uchida

関連記事:
イマドキガールで話題の美少女“内田珠鈴”がプレ・デビュー!自身作詞による『少しずつ』を熱唱!