「秋葉原映画祭2018」にて映画『ハッピーメール』プレミア上映!舞台挨拶に主演・野呂佳代らが登壇!

2018年5月4日、秋葉原にて5月3日、4日、5日の3日間開催の「秋葉原映画祭2018」にて、秋葉原を舞台にしたラブコメディー映画『ハッピーメール』が劇場公開に先駆けてプレミア上映を行った。

舞台挨拶では、主演をつとめる元AKB48でバラエティーでも活躍中の野呂佳代ほか、キャストや監督をつとめた井上春生氏らが登場。

野呂は「本当にもう何日か前から舞台挨拶の事を考えてました。」と緊張していたことを明かすと、「映画の仕事がずっとやりたかったので今日は凄い幸せな気持ち。」と話す。

ネイリストでアニメオタクな役柄についても紹介しつつ「同世代の女性にはとても共感して貰えると思います!」と笑顔を見せた。

登壇者:
野呂佳代、竹財輝之助、佐野和真、リアルアキバボーイズ、佐倉えび、井上春生監督

■映画『ハッピーメール』
【イントロダクション】
恋に縁のない4人の男女が繰り広げるアンサンブル・ラブコメディー。 モテないキャラでバラエティーなどでも活躍する元AKB48の野呂佳代が映画初主演。その他の主要キ ャストには、ドラマ「砂時計」での共演でも知られる小林涼子、竹財輝之助、佐野和真の実力派俳優陣が 結集。 監督・脚本は、平祐奈主演映画「案山子とラケット」の井上春生と村川康敏が再びタッグを組む。音楽に は、「そして父になる」で第37回日本アカデミー賞・優秀音楽賞を受賞した松本淳一が担当。 インターネットやSNSの普及により変化してきた現代日本の恋愛事情を、東京の秋葉原を舞台に描く、「 恋に興味が無いあなた」「恋が出来ないあなた」「恋したいあなた」に贈る最高にハッピーな恋愛映画

【ストーリー】
人気のカリスマネイリストでありながら、2次元に夢中なアニオタのアラサー女子の楓。 自宅と会社の行き来だけの日常を送っている地味なOLのアラサー女子のあすか。 医者でイケメンで出会いもあるが、何故か恋愛が出来ないアラフォー男子の浩介。 30歳を前にして、地下アイドルに夢中になっているアラサー男子の慎之介 恋に不器用な4人の男女が、あることをきっかけにマッチングサービスを通じて出会い、幸せに近づいた り、遠ざかったりを繰り返す。果たして彼らは愛と笑顔を手に入れることができるのか‼?

監督:井上春生
出演:野呂佳代、竹財輝之助、小林涼子、佐野和真/つるの剛士(友情出演)
製作 株式会社キャナル
制作プロダクション:モバコン株式会社
配給:パル企画
(C)2018「ハッピーメール」製作委員会

■LINK
映画『ハッピーメール』公式サイト:https://www.happymail-story.com/
秋葉原映画祭公式サイト:http://www.akibafes.com/