つりビット安藤咲桜・長谷川瑞、マジパン沖口優奈が「アイドルカメラ部 写真展」トークイベント!撮影のこだわりなど披露

2018年5月25日(金)~6月13日(水)原宿 FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP 2Fにて、SHOWROOMの番組「TOKYO IDOL NET presents アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』」に参加するアイドルカメラ部のメンバーによる「TOKYO IDOL NET presents アイドルカメラ部 写真展 江の島 2018」が開催。

これを記念したトークイベントも富士フイルム西麻布ビル1階ホールにて行われ、6月9日には、つりビットの安藤咲桜・長谷川瑞、そしてマジカル・パンチラインの沖口優奈が登場。

左から:安藤咲桜・長谷川瑞・沖口優奈

写真展にて展示された写真はアイドルカメラ部のメンバー6人が江の島にてお互いが撮影しあった作品となっており、その時のエピソードや撮影についての考え方など3人はさまざまにトークを展開させた。

トークイベントはスライドショーを見ながら、まずは江の島を巡ったコースを紹介。湘南港ヨットハーバーから江島神社、山二つなど感想を語りつつ、初対面のメンバーとも打ち解けていった様子を話す。

デートスポットとしても有名な恋人の丘では、恋人同士の永遠の愛が叶うという南京錠をそれぞれが一人でかけてきたとのことで「これは永遠に一人?」と苦笑の三人。それを解放することができると笑いつつ、その南京錠のカギは、この場で抽選で当たった観客3名にプレゼントされる。

各メンバーの写真を見つつのトークでは、6人で撮りあっていた状況を想像すると楽しめると説明すると、安藤は「彼氏目線っぽくない?」と少し上からのアングルの写真を紹介する。

安藤はいくつかのモードを使っての撮影やストーリーを意識しながらなど、考えられた撮影を行っていたとのこと。足首を狙った写真からパイプなど感覚的な写真を撮ることが多いと話す長谷川は今回オールドレンズも使用。

沖口はあまりキメキメじゃない写真を意識したということで色合いも調整しているなどこだわりを語る。人物に関しては今回は縦で撮るようにしていたとも明かすと、3人は他のメンバーの写真について、川口ゆりなの構成の上手さに感心しつつ、モデルとしてさまざまに指示もあったことを話す。

また、全員が同じように撮ったというシルエットの浮かび上がるような写真では、同じような状況でもあらためて見比べてみるとその個性が見えると興味深い様子を見せた。

一通り順を追って見ていく中で、少しずつ打ち解けていく様子も見て取れることを話し、写真展ではそういった部分も楽しめると話す。

観客からの質問に答えるコーナーでは、撮影時のクセについて被写体に思わず「かわいい。」と言ってしまうことなど話され、長谷川のしゃがむクセは、それをとらえた川口ゆりなの写真があり会場笑い。

最後の次はどんな写真を撮りたいですか?という質問では、衣装やシチュエーションのこだわりで盛り上がると、そのままロケ地への要望も飛び出し、最終的にはヨーロッパやマチュピチュ、ウユニ塩湖など夢が広がる。さらにアイドルカメラ部が別のアイドルを撮るという企画も飛び出すと、イベントは明るい声が響く中、惜しまれつつ終了となった。

関連記事(写真展レポート):http://mikan-incomplete.com/idol/26056

<写真展概要>
■TOKYO IDOL NET presents アイドルカメラ部 写真展 江の島 2018
開催期間:2018年5月25日(金)~6月13日(水)
場所:原宿 FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP 2F
※観覧無料
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-29-4
営業時間:11時~19時(毎月第2・第4木曜日は18時まで)

URL:http://wonderphotoshop.jp/event/idolcamera.html

<写真展参加メンバー>
・金澤有希 CANON EOS 80D/EOS M3
・安藤咲桜(つりビット) OLYMPUS OM-D E-M1
・YUNA(大阪☆春夏秋冬) NIKON 1 J5
・長谷川瑞(つりビット) NIKON 1 J5
・沖口優奈(マジカル・パンチライン) FUJIFILM X-T20
・川口ゆりな(X21) NIKON D5100

■TOKYO IDOL NET:http://www.tokyoidol.net/

■TOKYO IDOL NET presents アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』
SHOWROOM配信ルーム:https://www.showroom-live.com/tokyoidolnet