迫力の生演奏ブラス・エンターテインメント「ワンピース音宴」製作発表に平祐奈、南キャン山里登場!

2018年6月27日、都内にて「ワンピース音宴〜イーストブルー編〜」製作発表記者会見が行われ、会見にはパフォーマー・ミュージシャンに加え応援サポーターである南海キャンディーズ・山里亮太や平祐奈、さらに演出・振付などを担当する金谷かほり、音楽監督田中公平も登壇。

大ヒット漫画・アニメ『ONE PIECE』を題材にしたブラス・エンターテインメントということで、ルフィやゾロ、ウソップ、サンジ、ナミといった“麦わらの一味”を演じるパフォーマーとブラスとパーカッションなどを演奏するトップミュージシャンが織りなすステージ。

アニメ版音楽を手掛ける田中公平音楽監督による迫力あるアンサンブルをミュージシャンたちのステージさながらの演奏で会見が幕を開けると、興奮の中『ONE PIECE』の大ファンである山里、『ONE PIECE』初心者の平が登壇。

「圧巻でした!」と目を輝かせる山里は今回舞台となる「イーストブルー編」に触れ、楽しみな気持ちを語る。平はトランペットを手に「夏を感じました。」と熱くさわやかなイメージを伝えた。

会見は「イーストブルー編」とサッカー日本代表のジャパンブルーにかけ、SNSにて話題となった日本サポーターとセネガルサポーターがともに『ONE PIECE』主題歌『ウィーアー!』を歌う動画について。

この楽曲を作曲した田中氏も登壇すると「20年前に書いた『ウィーアー!』がこんな風に世界に広がっていてすごく嬉しいです。」と感激した様子を見せる。

ステージについて金谷氏は「あのシーンの、あの曲を。」と感動の場面が再現されることなど見どころを紹介。演奏のみならず効果音も、生演奏での演出ということで、こちらも未知の体験として期待させる。

尾田栄一郎氏による手書きメッセージ

囲み取材では、パフォーマンスについて平は「本当に素晴らしく、本当にブラス・エンターテインメントとなっていて最高だと思いました。」と語る。

ミュージシャンが客席通路などで演奏する演出もふくめ、田中氏はイヤフォンなどでテンポを共有することはせず「ミュージシャンがこの音を出した方がいい、と判断する臨場感や人間が作るグルーヴ感を楽しんでいただければ。」と話し、生演奏が起こす面白さにも注目とのこと。

ワンピース音宴は2018年8月12日~9月2日、東京国際フォーラム・ホールCにて全28公演。ブラス・ドラム、パーカッションだけで作るライブ空間は原作・アニメファンのみならず音楽ファンにも楽しみな、新感覚のエンターテインメントとなっている。

■ワンピース音宴(おとうたげ)
イーストブルー編
2018年8月12日(日)〜9月2日(日) 全28公演
東京国際フォーラム・ホールC(東京・有楽町)

原作:尾田 栄一郎(集英社『週刊少年ジャンプ』連載中)
演出・構成・振付 :金谷かほり
音楽監督 :田中公平
出演:ルフィ役:松浦 司 cv:田中 真弓 /ゾロ役:福地 教光 cv:中井 和哉 /ウソップ役:森 良平 cv:山口 勝平 / サンジ役:高澤 礁太 cv:平田 広明 / ナミ役:大北 岬 cv:岡村 明美/ シャンクス役:村瀬 文宣/ミホーク役:宇乃 徹/アーロン役:田中 精/石川直/米所裕夢/中部敬之/三上悠/西田剛/田辺栞/アマンダ・ベイトマン/リサ・ライザネック・チャペル/グラハム・ローズ他、日米混合キャスト35名
主催:キョードー東京/フジテレビジョン/東映アニメーション音楽出版
協賛:伊藤園
後援:BSフジ/WOWOW
監修:集英社/東映アニメーション
企画制作:キョードー東京

料金:S席9,800円、A席8,300円、B席6,800円  *3歳以下の入場不可。

<演奏予定楽曲>
1幕
・ウィーアー!
・海賊王になるんだ!
・片翼の鷹
・偉大なる海路へ!
・ゾロ
・許せないヤツとは、戦え!
ほか

2幕
・memories
・RUN!RUN!RUN!
・ココロのちず
・ビンクスの酒
・NEW WORLD
・Share The World
・fanfare
・Family
・ウィーゴー!
ほか

公式ホームページ: https://otoutage.com/
Facebook:www.facebook.com/onepieceotoutage
Twitter:@otoutage
LINE: @otoutage

ワンピース音宴公式LINE アカウントにお友達登録し、トークページのメッセージ機能を使用して限定コード【 OTOUTAGE 】を入力すると、「ワンピース音宴」待受画像がプレゼントされる。
LINEのお友達登録はこちら: https://line.me/R/ti/p/%40uvj3440n