【TIF2018・初日】向井地、岡田らAKB48 TIF2018選抜が登場!柏木由紀考案セトリでアイドルファンを芯から熱くさせる

2018年8月3日から5日まで、お台場・青海周辺で国内最大級のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」(以下TIF2018)が開催され、初日となる3日、メインステージの「HOT STAGE」にAKB48(TIF2018選抜)が登場。

出演メンバーは総監督・横山由依をはじめ向井地美音、岡田奈々、込山榛香、福岡聖菜、村山彩希など現在のAKB48を背負って立つメンバーから、柏木由紀、峯岸みなみ、大家志津香と長年グループをささえるメンバーまで今のAKB48を表現するにふさわしいメンバーが集結。

お馴染みのOVERTUREから大きな歓声に包まれると向井地美音をセンターに『言い訳Maybe』。経験と気合が充実した表情のメンバーたちが1曲目から堂々たるパフォーマンスを見せると、『Everyday、カチューシャ』と定番曲を続け、テンポの速い『#好きなんだ』で横山由依をセンターに勢いを増していく。

横山が「本当にうれしいでーす!」と気持ちを爆発させると、「みなさんの盛り上がりがすごくて。」とメンバーも大きくうなずく。向井地は「私も1人のアイドルオタクとして、今日のためにこの1か月間生きていたので本当に楽しみにしていました。」と笑みをこぼす。

ここからは『重力シンパシー』を岡田奈々、『オネストマン』を福岡聖菜、『転がる石になれ』を込山榛香と次々にそれぞれのカラーを見せるかのようにセンターを入れ替え、アイドルフェスを意識したという柏木由紀が考えたセットリストが繰り広げられる。

バラードなどでバランスを取ることはなく、アイドルファンの心をつかむ勢いに任せたセットリストに、1曲ごとにメンバーも観客も一体となってテンションを上げていく。息も弾ませながら、高揚していくのが分かるメンバーの表情。

ラストは再び向井地がセンターをつとめ、『ポニーテールとシュシュ』で完璧なまとめ方をすると、歓喜の声が挙がる。素晴らしいステージにその後の評価も高く、AKB48の良さをあらためて示すステージとなった。

■SET LIST
1.言い訳Maybe
2.Everyday、カチューシャ
3.#好きなんだ
4.重力シンパシー
5.オネストマン
6.転がる石になれ
7.ポニーテールとシュシュ 

■TIF選抜
向井地美音、横山由依、込山榛香、岡田奈々、村山彩希、福岡聖菜、谷口めぐ、川本紗矢、加藤玲奈、柏木由紀、峯岸みなみ、茂木忍、大家志津香、佐々木優佳里、大森美優、馬嘉伶

■TOKYO IDOL FESTIVAL 2018
日程:2018年8月3日 (金) 4日(土) 5日(日)
会場:お台場・青海周辺エリア
主催:TOKYO IDOL PROJECT
URL:http://www.idolfes.com/2018