mini通信:ひまコレ#5更新!(動画付き)

ワンピク、3周年ライブは満員のWWW X!新たなチャレンジや大粒の涙など成長を届ける

2018年12月15日、渋谷WWW XにてONEPIXCELによる「3rd Anniversary Live 2018」が開催。

photo 山川哲矢

このライブはONEPIXCELの3周年記念のライブとなっており、チケットもソールドアウト。3rdシングル「Girls Don’t Cry」も好評の中、コンテンポラリーダンスへの挑戦でアーティスティックな一面を見せるなど、さまざまな試みも見られ、傳彩夏、鹿沼亜美、田辺奈菜美の3人の新たな成長を感じられるライブとなった。

オープニング、まずはONEPIXCELの始動から今までを振り返る映像が流れ、歓声が起こると、ブラックの衣装の3人が登場し『LAGRIMA』で幕開け。アコースティックギターのイントロが印象的な『Blue Ocean』でダンサブルに展開しつつ、『Howling』でフロアが赤い照明包まれ、「みんな最後まで盛り上がっていくよ!」の、鹿沼の叫びでさらに温度を上げる。

自己紹介からは、田辺がにこやかな声で「お越しいただきありがとうございます。」と挨拶し、間を置かずにライブは、『Time』でさわやかに、そして『be with you』と深みを増していく。『seven colors』では、傘をもってのキュートなパフォーマンスも見せ、そのかわいさに会場も笑顔。

photo 山川哲矢

「改めまして3rd Anniversary Liveへようこそ!」の声で再びMCに入ると、鹿沼が「今回初めてソールドアウトしまして。」と喜びを伝える。田辺は『seven colors』のパフォーマンスについて、「キュンキュンポイントもあったね。」と話す。

オープニングの映像で映るお互いの姿について、傳が「亜美、何も変わらなくない?」と鹿沼を茶化し、そんな傳に「小悪魔は変わらないね。」と田辺。しかし、メジャーデビューシングルとなった「LAGRIMA」からの変化についてはともに驚き、「変わった。」と口々に揃える。

そのまま「初期の曲も振り返ってみたくないですか?」という鹿沼の言葉からインディーズ時代のメドレーへ。バンドサウンドが中心となっていた楽曲群から、『Cinderella Girl』まで続々と披露され、会場も大盛り上がりとなると、一旦メンバーがステージを降りる。

印象的なアニメーションも盛り込まれたアート系のムービーが映されつつ、3rdシングルでの衣装となるデニム衣装にチェンジしたメンバーが戻ると『Sparkle』でアメリカンスタイルなスタンドマイクのパフォーマンス。

photo 山川哲矢

ミラーボールの輝きも印象的に『sora』へと続くと、「じゃーん、新衣装!」と嬉しそうな声、「今この日のためにあっためていました。」と傳が語りつつ、進行中でもある新シングルのリリースイベントをメンバー同士振り返ると、鹿沼、傳の小さい2人、“ちびーず”が「ちっちゃいちっちゃい大きくなりたいちびーずです!」とキャッチフレーズを披露し、「この人数の前でやるとめっちゃ、恥ずかしい。」と鹿沼。

傳彩夏 photo 山川哲矢

鹿沼亜美 photo 山川哲矢

田辺奈菜美 photo 山川哲矢

田辺からは、このライブは新しいことに挑戦しているライブであるとの紹介もあると、続いては「大人っぽいONEPIXCEL」ということで『monochrome』、そして『We Go Now』では会場も一体となって声をそろえる。すると、「前向きな意思を持った女の子の歌で、私たちも重なるところがあります。」の田辺の言葉から新シングル表題曲『Girls Don’t Cry』へ。

やがてライブは終盤へと差し掛かり、田辺が「みんなと一緒に何かしたい!」とアップテンポな『Tell us!!』を披露すると、メンバーもタオルを振ってステージを左右に盛り上がる。そのまま、ONEPIXCELの元気さをめいいっぱいに表現した『One 2 Three』でラストは弾けるように終了。

アンコールがかかると、YouTubeにてその過程を追ったドキュメント動画も公開されているコンテンポラリーダンスを行うという、今回最大のチャレンジへ。

リミックス音源(『monochrome Remix』)に合わせ、アーティスティックな一面でさらに成長した姿を披露すると、「今回皆さんの前にお届けしたのが最終章。」と傳。鹿沼は「みんなが受け取っていてくれていたら私たちの挑戦は成功です。」と話す。また、傳が「リメイク衣装もやりたかったことの1つ」と話すと、鹿沼は、「こんなカラフルな衣装着られると思ってなかった」と笑う。
MCでは、来年3月から始まる東名阪ツアーなど告知もあると、一人ずつ今回の感想を語る。

photo 山川哲矢

田辺は「2015年の結成から、気がついたら3年が経っていて、本当に充実していました。有名人になりたいっていうのが夢だったんですけど、小さい頃一度あきらめたことがあるんですよ。でも、またやりたいと思ってONEPIXCELに入れて幸せだなって思っています。こんなにたくさんの人がONEPIXCELのライブに来てくださっているというのが本当に嬉しいです。」と目の前の観客に感謝を伝える。

ファンからのメッセージに勇気をもらったことなども伝えると、「3年間がんばってよかったって思います。」と胸もいっぱいといった表情。そして、「傳ちゃんも亜美も本当にいい人で、私はわがままなのに、愛してるとか言ってくれるのが嬉しくて、仲間がいてよかったなって思っています。」と次第に涙目にも。

「この先、何十年と応援よろしくお願いします。」としめると続いては傳が登場する。

photo 山川哲矢

傳は「結成三周年というこのライブですけど、私が入った時は中学校3年生でもう高校も卒業します。」と語りつつ、「高校生活はONEPIXCEL一色ですごく充実していました。」と振り返ると、今回のライブについては初めて会議に参加したりなど挑戦の多かったライブであったことを明かす。

ファンへの感謝も伝えると「私たちを母のように見守ってくれているマネージャーさんや、亜美とななみん(田辺)もいてくれるから、私はここまでがんばってこられています。」と続けると、ファンからの言葉が助けになっていることも伝え、こちらも「何十年もよろしくお願いします」と笑顔を見せた。
すると入れ替わりは、すでに大泣きの鹿沼。

「こんなにたくさんの顔が見えるライブをするのが初めてで、ここにいるみんながONEPIXCELを好きな人たちっていうのが安心できて。暖かい笑顔で見てくれているのが、それがすごい嬉しいの、なにより。」と感情も溢れ出すと、「楽しいことがすごいたくさんあったけど、その裏ではしんどいなって思った時ももちろんあります。だけど、ここにいる理由があって、みんなと一緒に夢を叶えたいという強い意志があるからここにずっといるんです。」と気持ちを打ち明ける。
そして、あまりの号泣に自身も笑ってしまうと、そこに2人も合流。

「たくさんの人に愛されるグループになります。何十年も、よろしくお願いします。」という言葉の中、三人はさらに絆を深めるようにしっかりと抱き合う。

photo 山川哲矢

photo 山川哲矢

そして「この曲は大切にしていきたい曲」という紹介から『TURN ME ON』。透明感のあるサウンドにお互いに顔を見合わせて笑い合うメンバー。続けて『Take Off』のカラフルなサウンドでエンディングを迎えると、客席に手を振り「ONEPIXCELでしたー!」と、やはりいつもの元気を届ける笑顔で3周年のステージを後にした。

photo 山川哲矢

■SET LIST
01.LAGRIMA
02.Blue Ocean
03.Howling
04.Time
05.be with you
06.seven colors
07.TONDEKE

08.medley
 Analoganize
 FREEDOM
 RUN
 YEAAAHHH!!!!
 Cinderella Girl

09.Sparkle
10.sora
11.monochrome
12.We Go Now
13.Girls Don’t Cry
14.Tell us!!
15.One 2 Three

EN1. monochrome Remix
EN2. TURN ME ON
EN3. Take Off

■ONEPIXCEL / Girls Don’t Cry(FULL VER.)

■ONEPIXCEL Respect Tour 2019 〜勉強させていただきます〜
【愛知】2019/3/2(土)名古屋Heartland 開場16:30/開演17:00
【大阪】2019/3/3(日)阿倍野ROCKTOWN 開場16:30/開演17:00
【東京】2019/3/7(木)代官山UNIT 開場18:30/開演19:00

■LINK
ONEPIXCEL オフィシャルサイト
日本コロムビア「ONEPIXCEL」サイト