【ライブレポート】内田珠鈴4thワンマンライブで新境地!nextサウンドで魅せる

2018年12月21日、duo MUSIC EXCHANGEにて内田珠鈴の4thワンマンライブ「#shuri_next」が開催。

内田はCM出演やフジテレビ系「めざましテレビ」のイマドキガール、「オールナイトニッポンi」などの活動でも注目を集めているが、シンガーとしても活躍中。1st、2ndと成長を続け、4thワンマンライブでは過去最大キャパの会場に挑む。

オープニング、バンドメンバーに続き内田もステージに登場すると、まずは1曲目『青の季節』を爽やかに披露。そのまま続けて『私』を歌いつつ、MCではいつも以上に緊張していることを明かす。

曲は続き、『白い世界』『少しずつ』と披露していくと、バラードの伸びやかな歌声に観客も聴き耳を立てる。バンドメンバーの紹介から、『夢に向かって』と、さらに曲を続けていく。

MCでは、「去年のクリスマスに、ここで対バンのライブをさせていただいたんですよ。」と振り返り、いつかはここでのワンマンライブを、と目標にしていた気持ちを話す。さらに、3rdワンマンライブにて、今回のライブの決定を明かされた瞬間の感動を思い出すと、そこからこの会場を満席にするためにがんばってきたことなどを話す。しかし、今回はソールドアウトならず。

話す内にその悔しさに涙も浮かび、「ちょっと泣かせてください。」と開きなおると観客も笑顔を見せた。

そのまま「今回は悔しかったんですけど、みなさんの支えがあるから、がんばろうって思えます。次は会場をうめたいと思いますし、良いライブを届けたいと思います。またここでワンマンができるという日がきたら、満員の会場でライブがしたいです。」と決意を語り、会場は大きな拍手に包まれる。そして、ギターを手に取り『卒業』を歌い終わると、ここで一旦ステージを降りる。

するとスクリーンにはduo前の内田が映される。映像は事前に収録されたものだが、そこから新しい衣装を用意するということで、映像の内田は街へ繰り出していく。

無事に新衣装を手に入れ、duoに帰った姿からスクリーンはイメージ映像に切り替り、そんな中をパープルのジャケットと自らリメイクをしたというジーンズに衣装を変えた内田が登場。すると、これまでのバンドや、弾き語りのスタイルからは一転、会場はクラブサウンドに包まれる。

新たな展開を見せていく内田は、音楽に身を任せつつ『君はもういない』などを歌い、間を入れず次々と曲を進めていく。そのままステージを後にすると、やがてアンコール。

新スタイルのサウンドプロデュースを手掛けるのはCity Your City。アンコールに再び姿を現した内田は、そんなクラブサウンドからポップソングまで幅広く展開する新時代のサウンドメイカーの楽曲『nude』のカバーも披露すると、最後は先日リリースされたばかりの『人に言われて作る人生』で終演。

若干17歳の彼女が大きく一歩を踏み出したその先に注目が集まっている。

■セットリスト
M1. 青の季節
M2. 私
M3. 白い世界
M4. 少しずつ
M5. 夢に向かって
M6. 卒業
M7. リズムに合わせて踊る
M8. 君はもういない
M9. 私は無敵のヒーロー
M10. いつもの朝
M11. どれほど私は
M12. うまく進んでいたはずが

EN1. nude(City Your Cityカバー)
EN2. 人に言われて作る人生

■内田珠鈴「人に言われて作る人生 」Music Video

■LINK
>内田珠鈴 OFFICIAL SITE
>内田珠鈴 OFFICIAL Twitter
>内田珠鈴 OFFICIAL Instagram