mini通信:マジパンひまわり先生の連載第4話更新!

長澤茉里奈がヒロインを演じる映画「ノーマーク爆牌党」DVD発売記念イベントに登場!矢本悠馬の演技指導を振り返る

2019年1月26日、HMV&BOOKS SHUBUYAにて、長澤茉里奈がヒロイン・九蓮宝燈美(ちゅうれん・ぽとみ)役で出演する映画「ノーマーク爆牌党」のDVD発売記念イベントに登場。映画「ノーマーク爆牌党」は、片山まさゆき氏の同名の伝説的麻雀漫画を原作に、監督を富澤昭文がつとめ、主人公・爆岡弾十郎(ばくおか だんじゅうろう)をNON STYLEの石田明が、そして鉄壁保(てっぺき たもつ)を矢本悠馬が演じる。

会場に集まったファンを前に「超感激です、ありがとうございます。家に帰ったらたくさん見てください!」と軽快に現れると、まずはこの映画の舞台挨拶での様子を振り返り「これでもかっていうくらいいじられ倒した。」と石田や矢本とのやりとりを思い出す。

初ヒロイン役ということで、「本当に受かると思ってなくて、オーディションは何百人も受けたと噂で聞いたんですけど。」と会場では知り合いの顔もチラホラ見かけたことも話す。原作については知っていたとのことで、九蓮宝燈美役を演じるプレッシャーで「眠れなかったですね。」と明かした。

撮影中のエピソードについては当大介(あたり だいすけ)を演じる高崎翔太と矢本が子供のようにはしゃいでいたことや、石田が自身の子供の動画をずっと見ていたことなど話し「石田さんは本物だな。」と、口だけではない愛妻家ぶりに笑顔を見せる。

リラックスした様子でイベントが進むと、去年の撮影については「忘れちったなー。」と笑わせつつ、DVDにも収録されているという、顔を蚊に刺されてしまったエピソードを語る。監督とのエピソードについても触れると、ここで富澤昭文監督がサプライズで登場。

しかし、ずっと見えていたとのことで「サプライズになってない(笑)」と言うと、監督からは長澤がオーディションに合格した理由が語られる。「グラビアのイメージがあると思うんですけど、おでこを見せると急に大人っぽくなるんですよ。」との富澤の言葉に、「それオーディションでも言われた。」と長澤。機転をきかせ、でこ出しを客席に披露すると、演技については共演の矢本からも厳しい指導があったことを明かす。

「ちゃんと感情で演技してください。」などアドバイスの中、褒められることもあったなど「すごくいい人。」と話すと、監督からも「お前はそのまま行け、と。」と最後は矢本が長澤を認めていたことを伝える。恋愛を描くシーンでは長澤が緊張していたを明かし、「そりゃ照れますよ!」と長澤。その様子もまたDVDに収録されているとのこと。

作品について長澤は恋愛模様に加え、競技麻雀の面白さも見どころと話すと、原作ファンが見たかったキャラクターもまだまだいるということで「次回作ができるように、みなさん応援してくださったら嬉しいです。」とアピール。監督も構想は練っている様子を見せた。

撮影を終えてからの麻雀スタイルの変化について問われると「外切り(牌の切り方の一つ)を覚えて、雀荘に行く時はいつもやっています。でも弱いんですよね。」と、自身の腕前に少しため息も。

そのほかのプライベートについては「最近ゴルフを始めました。まだ習い始めて1カ月なんですけど、オヤジ合法ロリキャラで今年は行こうかなと(笑)」と話し、麻雀関連の仕事のほか、自身の沖縄ツアーについても宣伝。「奥野未悠ちゃんが沖縄ツアーやるならいきますね。」と推しアイドルになぞらえてファン目線からアピールする。

そのまましっかり今回のDVDの告知もすると、イベントも終了といったところだが、ここで作品の監修をつとめた馬場裕一氏も登場。こちらのサプライズには長澤も驚いた様子を見せると、馬場氏は「2作目も見たいですよね。」と話し始め、撮影現場についても、個性の強い役者陣を「まとめたのは長澤さん。」と褒める。

さらに麻雀大会へのチャレンジも促しつつ、アイドル仲間たちと麻雀グループも作って欲しいと期待をよせるとイベントは終了。長澤は「今年もよろしくお願いします。」とまだ1月ということで新年らしい挨拶でファンに笑顔を見せた。

■映画「ノーマーク爆牌党」
出演:石田明(NON STYLE) 矢本悠馬 長澤茉里奈 高崎翔太 永田彬 / モロ師岡
原作:「ノーマーク爆牌党」片山まさゆき(竹書房刊) 
監督・脚本:富澤昭文
製作:「ノーマーク爆牌党」
製作委員会制作:レフトハイ 
麻雀監修:麻雀企画集団バビロン 協力:日本プロ麻雀連盟
(C)2018片山まさゆき/竹書房/『ノーマーク爆牌党』製作委員会 
URL:http://bakuhai-movie.com/

■長澤茉里奈Twitter