STU48 2周年記念コンサートの開催も発表! “課外活動”5ユニット「STU48 特別課外活動〜放課後フェス〜」レポート

STU48は“課外活動”として展開している5つのユニットが勢揃いした「STU48 特別課外活動〜放課後フェス〜」を広島県・広島クラブクアトロにて開催。特設ブースの設置や特別パネル展など広島PARCOとのコラボにて行い、公演の最後には3⽉31⽇に広島国際会議場 フェニックスホールにて「STU48 2周年記念コンサート」の決定もサプライズで発表された。

© STU

■瀬⼾7 公演レポート
全5チームのトップバッターを務めたのは、スポーツに特化したユニットの瀬⼾7。

ラジオ体操のBGMと共に瀧野・森下の2名がアンコール後の設定で登場し、瀧野の「みんなに動いてもらいます!」という声とともに会場のファンと共に「ラジオ体操第⼀」で爽やかに体操を⾏い、OvertureのBGMと共に本編がスタート。瀬⼾7メンバーが登場すると、『出陣』『Show fight!』『転がる⽯になれ』『ペダルと⾞輪と来た道と』の4曲を連続で披露する。

© STU

MCではそれぞれの⾃⼰紹介から、ファンの「他のユニットから奪いたいものは?」という質問に、溝⼝が「Charming Tripさんみたいな可愛らしさということで…ツインテールでの公演がしたい!」と話すと、瀬⼾7のリーダーを務める藤原は、「絶対にやらないよ!」と頑なに拒否し、会場からは笑いがおきる。

続けてユニットに分かれ、『ウィンブルドンへ連れていって』『完璧ぐーのね』の2曲を披露し、スポーツがテーマの楽曲やファンを巻き込んだコールなど、ユニットの特⾊を見せていく。その後には、藤原の「ゲストをお呼びしています!」の呼びかけと共に「STUDIO」のユニットメンバー5名(今村美⽉・⼤⾕満理奈・菅原早記・峯吉愛梨沙・由良朱合)が登場。

瀬⼾7のライブ恒例「⾵船割り対決」のゲームコーナーを今回はSTUDIOと行いつつ、続いては『夢⼒』『RUN RUN RUN』『⽚想いFinally』と爽やかさのある3曲を披露。ラストを『初⽇』で締めくくった。

© STU
© STU

■STUDIO 公演レポート
続いての登場は、パフォーマンスユニット、STUDIO。

© STU

パフォーマンスが得意なメンバーで集められたユニットということで、『ダンスパート』から公演はスタート。『RIVER』『UZA』『野蛮な求愛』といったAKB48グループ屈指のダンスナンバーを続けていくと、最初のMCではファンから「STUDIOにオリジナル曲がもらえるとしたらどんな曲がいいですか?」という質問に、⼤⾕が「ファンの⽅のコールが⼤好きなので、コールしっぱなしの曲が欲しいです!!」と答える。

© STU

続いてのユニット・ソロ楽曲コーナーでは、『制服レジスタンス』『MARIA』とAKB48の劇場公演曲をユニットで、そして『⾍のバラード』を⾨脇実優菜、『Dear J』を磯⾙花⾳+バックダンサー(今村・⼤⾕・菅原・峯吉)で披露する。

© STU
© STU

その後は、『純情よろしく』『なめくじハート』と、序盤とは違ったカラーの楽曲を続け、⾨脇の「みなさんも故郷を思い浮かべながら聞いてください」の紹介と共にSTU48初のオリジナル曲『瀬⼾内の声』を⼤切に歌い上げた。

また、今回のイベントだけの『放課後フェス特別メドレー』と題して、STUDIO以外の各ユニットが普段披露しているセットリストをカバー。今村が「私たちの放課後はまだまだ終わりません!」と叫び、『#好きなんだ〜Show fight!〜絶滅⿊髪少⼥〜遠距離ポスター』の4曲メドレーも披露すると、流れるようなダンスパフォーマンスに、ファンの声援も⾼まる。

ラストは『蜂の巣ダンス』『最⾼かよ』『夢⼒』『ペダルと⾞輪と来た道と』のアップテンポナンバーで最⾼潮の盛り上がりで幕を閉じた。

■せとまいく 公演レポート
中盤戦3組⽬に登場したのは“MC”をテーマに活動しているユニット、せとまいく。

© STU

序盤は『#好きなんだ』『ペダルと⾞輪と来た道と』『ハイテンション』『夢⼒』と、ファンの声援が⾼まる4曲を連続で披露。怪我をしているため公演を⽋席している⽮野がMCで登場すると、アンダーを務める信濃に「出れて嬉しい?」と聞くと「嬉しいです!」と喜びを⾒せる場⾯も。

MCコーナーでは、特別ゲストとしてテレビ新広島の⾐笠梨代アナウンサーも現れ、「番組出演を⽬指せ!アナウンス対決」と題したゲームコーナーへ。アナウンサーに関連した3つのゲームの獲得点数から、新⾕・佐野・沖・信濃の4名が罰ゲームとしてモノマネを披露すると、最⾼得点を獲得した⽮野はテレビ新広島の番組出演が検討されることに。

© STU
© STU

そのまま『やさしくするよりキスをして』を沖がソロで、『投げキッスで撃ち落せ』を6⼈全員、『抱きしめられたら』『天使のしっぽ』では3⼈ずつユニットに分かれて、序盤とは違った雰囲気の楽曲を披露する。

© STU

終盤はメッセージ性が強い『オネストマン』『てっぺんとったんで!』で、MCユニットらしい⾔葉に⼒がこもったステージング。ラストは『ずっとずっと』を歌い上げ、笑いの絶えないステージが終了となった。

■勝⼿に!四国観光⼤使 公演レポート
四国出⾝メンバーが多く所属し、企画⼒に定評のある、勝⼿に!四国観光⼤使のステージでは『野菜シスターズ』『夢⼒』『ラッキーセブン』『チームB推し(四国バージョン)』といったバラエティあふれる曲から。

「勝⼿に!四国観光⼤使」⽤に歌詞がアレンジされた『チームB推し(四国バージョン)』では、他ユニットを兼任している四国出⾝の⾨⽥桃奈・三島遥⾹の2名が加わり、初めて兼任メンバーも含めた8名での披露となった。

© STU

MCではメンバー8⼈が勢揃いし、福⽥朱⾥は「このユニットは四国が⼤好きなメンバーが集まっています。」と説明すると、「こんなにお客さんが⼊っているなんて!」と興奮気味に話す。

メンバーそれぞれのユニット・ソロに分かれて、『アッカンベー橋』を⾕⼝・兵頭・福⽥・森・中村で、『それでも好きだよ』を兵頭でソロで披露し、『君と僕の関係』を榊・森が披露。『それでも好きだよ』ではファンに扮したメンバーが応援に駆けつける場⾯も。

© STU

福⽥が「特別ゲストをお呼びしています!」という声ともに、せとまいくから新⾕・⽮野の2名が駆けつけ、「⾷レポ対決 3度の飯はうどんで決まり!」のゲームコーナーへ。⾹川県の「めりけんや」のオリーブうどんが出され、⾕⼝・兵頭、榊・中村、福⽥・森のペアで⾷レポを行うと、優勝は「うどんが⽣き物のよう」と個性的な紹介をした中村に決定。

終盤は『絶滅⿊髪少⼥』『チャイムはLOVE SONG』『ペダルと⾞輪と来た道と』『10年桜』『フェリー』とAKB48各グループの楽曲を披露しファンの歓声もわきおこる。ラストはファンのタオルやペンライトが舞う中で、『ひこうき雲』をしっとりと歌い上げ、バラエティ豊かなステージが終わった。

© STU

■Charming Trip 公演レポート
5公演ラストのトリを飾るのは⼥⼦旅ユニット「Charming Trip」。今回の公演では”チャートリと⾏くツアー「Charming Trip」”というテーマで、会場のファンに、⽯⽥千穂が書いた旅のしおりを事前に配布。

実際にある瀬⼾内の名所とともに楽曲を披露する構成になっており、最初の⽬的地である岡⼭県のたまひめ神社は、触ると願いが叶うということでパワースポットとして有名なこともあり、⼟路⽣の「夢も叶うように思いを込めて」の紹介から『夢⼒』『Only today』『唇にBe My Baby』と元気なナンバーを披露していく。

© STU

ここで新⾕野々花と峯吉愛梨沙がレポーターとなり、ステージに登場すると、⽯⽥みなみのInstagramアカウントでのライブ中継も行われ、メンバーの⾃⼰紹介や2⼈のからの質問に答えた。

続いては『シンクロときめき』を⽥中がSTU48と広島PARCOのコラボで「JEANASIS」の⾐装を着⽤しソロで披露。春物を先取りした⾐装の紹介に声援が起こるなか、ユニットブロックでは、『ハート型ウイルス』『君のC/W』『パジャマドライブ』を3⼈で、『遠距離ポスター』を6⼈で、と⼥⼦旅ユニットらしい「カワイイ」が詰まった楽曲をパフォーマンスする。

© STU
© STU

1200年もの⻑い間今も燃え続けている“きえずの⽕”が有名で、恋愛成就の開運スポットとなっている「宮島の弥⼭」が目的地となると、⼟路⽣の「みなさんもきえずの⽕の前で願いごとをして思いを成就させてください」という⾔葉と共にメンバー6⼈で『LOVE TRIP』を披露。

最後の⽬的地は、うさぎ島で有名な「広島・⼤久野島」。

⽯⽥みなみの「⼤久野島から可愛い6⽻のうさぎがみなさんに会いにやってきましたー!」の振りと共に『ファーストラビット』『LOVE修⾏』といった曲たちを連続で歌い、⽯⽥千穂の「最後まで可愛いを探す旅をして⾏きましょう!」の声と共に『After rain』で、「カワイイ」で埋め尽くされた公演もエンディングへ。

© STU

…と思いきや、急遽⼿紙が差し込まれ、3月31日に広島国際会議場・フェニックスホールにて2周年を記念したコンサートの開催がサプライズ告知。会場が祝福の声に包まれながら全5公演の終幕となった。

■タワレコステージ

タワーレコード広島店の全⾯協⼒で⾏われたタワレコステージでは、店内の⼀⾓に設けられたミニステージで、各ユニットがそれぞれのユニットらしさ溢れるトークや、パフォーマンスを披露。

瀬⼾7の◯×クイズでは、甲斐が「甲斐⼼愛は今朝、⽬覚まし時計が顔に落ちて起きた?」という問題で、会場に集まったファンからは、「分からないよ〜。」と笑いがおきる。藤原の「あいぽん(溝⼝亜以⼦)は、けん⽟で1番“世界⼀周”が得意」という問題では、溝⼝が実際に“世界⼀周”を披露し、3度⽬の挑戦で無事成功となり、会場からは拍⼿が。

勝⼿に!四国観光⼤使は、「勝⼿に四国クイズ!」で、正解者には直筆メッセージカードをプレゼント。福⽥は、「これからも勝⼿に!四国観光⼤使として様々な企画を⾏ってもっと沢⼭の⽅に 四国の魅⼒を発信していきますので応援よろしくお願い致します!!」と話した。

STUDIOは、⼤⾕満理奈がMC・⾨脇実優菜がサブMCを務める「M-STUDIO」というトークコーナーで、STUDIOメンバーに1⼈ずつインタビューしていったのだが、2⼈のゆる〜い雰囲気に磯⾙は「え!こんなゆるくて⼤丈夫なの?!」と⼼配。最後には、エンディングテーマとして、STUDIOリーダーの今村がSTU48の『ペダルと⾞輪と来た道と』をギターで弾き語った。

Charming Tripは、メンバー全員がInstagramのアカウントを持っていることから、インスタライブで⽣配信をしながらのトークコーナーに。せとまいくから、薮下・沖もゲスト出演し、カバンの中⾝チェック。せとまいくチームのかばんをチェックした⼟路⽣は、「MCユニットだから、もっと⾯⽩いもの⼊ってるかと思った…!」と少し残念そうにこぼすと、会場からは笑いがおきた。

せとまいくは、事前にファンの⽅から“せとまいく公演”のMC案を募集し、そのアンケートの回答を⾒ながらのトーク。「他のメンバーの好きなところを話す」という案を、実践してみると、新⾕は、「ほのたんの機嫌悪いところが好き!」と話し、⽮野は「どういうこと!そして営業妨害だからやめて!!」と焦り出し、会場からは笑いが起こった。

***

© STU
© STU

■STU48 特別課外活動〜放課後フェス〜
会場:広島クラブクアトロ 
開催⽇時:2019年2⽉24⽇(⽇)
出演:(★)のメンバーはユニットリーダー
<瀬⼾7>甲斐⼼愛・瀧野由美⼦・藤原あずさ(★)・三島遥⾹・森下舞⽻・信濃宙花・溝⼝亜以⼦
<STUDIO>磯⾙花⾳・今村美⽉(★)・⼤⾕満理奈・⾨脇実優菜・菅原早記・峯吉愛梨沙・由良朱合
<せとまいく>市岡愛⼸・佐野遥・新⾕野々花・⽮野帆夏・薮下楓(★)・沖侑果・信濃宙花
※信濃宙花は、⾜の怪我で出演できなかった⽮野帆夏の代理で出演致しました。
<勝⼿に!四国観光⼤使>榊美優・⾕⼝茉妃菜・兵頭葵・福⽥朱⾥(★)・森⾹穂・中村舞(⾨⽥桃奈・三島遥⾹ ※兼任)
<Charming Trip>⽯⽥千穂・⽯⽥みなみ・岩⽥陽菜・⾨⽥桃奈・⽥中皓⼦・⼟路⽣優⾥(★)

■STU482周年記念コンサート
会場:広島国際会議場 フェニックスホール
開催⽇:2019年3⽉31⽇(⽇)
※その他詳細は後⽇STU48公式ホームページで発表。

■LINK
STU48 公式サイト
STU48 Twitter
※放課後フェスのオフショットも多数