mini通信:ひまコレ#5更新!(動画付き)

=LOVE(イコールラブ)が大分県の新しいお土産に斬新さを追及したサイダーを開発!お披露目イベントを盛り上げる

=LOVEがJRおおいたシティからの依頼で、大分県の新しいお土産を企画・開発するプロジェクト『だって、大分LOVE「新」おみやげ開発Project』では、YouTubeミニ番組第11話にて、大分県の名産品を使用した「大分サイダー関あじ・関さば味風」を商品化することが決定。2019年3月31日(日)より大分県内の店舗で販売を開始する。

これを記念し、発売同日にはアミュプラザおおいた4周年ステージイベント内でお披露目イベントも開催。イベントでは、=LOVEがデビュー曲の『=LOVE』や、4月24日にリリースされる『探せ ダイヤモンドリリー』など全5曲を披露し、会場を盛り上げた。

イベントでは、大分県の印象を質問された野口衣織が、「大分県と言えば、かぼすというイメージです。前回大分県に来た時に、かぼす味のシャーベットを食べました。甘酸っぱいのに少し苦味があって、本当に美味しく、癖になってしまいました!普段も大分県産のかぼすの香りがするシートマスクをずっと使っていて、それがないと眠れなくなってしまうくらいハマってしまい、かぼすが大好きになりました。」とコメント。

MCから「ライブの為だけに大分に来た訳ではないですよね!?」との問いかけもあると、「私たちが大分県の新しいお土産を企画させていただきました!」と発表も。

そのまま「私たちみんなで話し合い、お土産は“サイダー”に決めました。実際に友桝飲料さんという、サイダーを作っている会社さんにお願いをしたところ、私たちが考えた味のサイダーを作っていただくことになりました!」と話すと、「温泉味やとり天味も候補にあり、両方ともサイダーを作って、温泉味だったら温泉を管理してくださっている方に、とり天味だったらとり天を出しているお店の方に飲んでいただき、プロからお墨付きをもらっていました。」と、商品化の候補としてあがっていた他の味についても言及する。

そして「私たち=LOVEとJRおおいたシティが協力して作った大分の新しいお土産は、“大分サイダー関あじ・関さば味風”です!」と発表。

齊藤なぎさの掛け声で=LOVEメンバーが『大分サイダー関あじ・関さば味風』で乾杯し、その場でサイダーを試飲すると、「皆さんの本当に美味しいのかの疑いの目がすごい!」と、会場の視線を気にしながらも、「シュワシュワで美味しい!」「爽やかでスッキリした味がする!」「醤油っぽい味がする!」など、それぞれサイダーの美味しさを口にする。

イベント後には、髙松瞳、佐竹のん乃、齋藤樹愛羅の3名がJR大分駅の構内に登場し、サイダーの魅力を直接説明。また、サイダーをプレゼントするなど、自ら“大分サイダー関あじ・関さば味風”の宣伝活動を行った。

■大分サイダー関あじ・関さば味風

=LOVE(イコールラブ)発案のもと誕生した、新しい大分土産のサイダー。味は佐賀関の海水をイメージした塩味をベースに、ほのかにかぼすの風味が爽やかに香り、また関あじ・関さばには欠かせない“醤油”を連想させる黒い見た目に。お楽しみ要素として、ラベルの裏に=LOVEメンバーの写真がデザインされており、最後まで楽しめる仕組みになっている。
販売開始:2019年3月31日(日)
販売場所:豊後にわさき市場 大分銘品蔵、シティ屋上ひろば、シティスパてんくう
価格:230円(税抜)
公式HP:http://www.jroitacity.jp/amu/1901_omiyage/

■だって、大分LOVE「新」おみやげ開発Project
ムービー:全12話、5分/1話
※第12話は4月14日(日)公開予定
公式HP:http://www.jroitacity.jp/amu/1901_omiyage/
=LOVE(イコールラブ)がイチから大分県のおみやげを企画・開発。そして、その模様をYouTubeミニ番組で、2019年1月10日から公式YouTubeチャンネルで公開。第11話では、「関あじ・関さば味サイダー」の商品化を決定。2019年3月31日(日)から大分県内の店舗で販売を開始する。