内田真礼が写真集「étoile」発売記念イベント!初めてのフランスは「温かく包みこんでくれる街」

声優、アーティストとして活躍する内田真礼が、内田真礼写真集「étoile」(東京ニュース通信社刊)を発売。これを記念したイベントが、2019年4月13日(土)に都内にて行われた。

内田真礼写真集「étoile」(東京ニュース通信社刊)

約4年ぶりとなる写真集はオールフランスロケで行われ、ノルマンディー地方の情緒豊かな風景やパリの都会的な街並みを背景に、あどけない可愛らしさや大人の雰囲気など内田真礼の多面性が詰まった1冊となっている。

写真集の発売を記念した会見では、4年ぶりの発売となった写真集について、「1冊目は『私を知ってください』という感覚が強くて、着飾っていない私を見てもらう写真集だったんです。あの頃だったら出せなかった空気感とか、こんな顔もしていたんだ、成長していたんだって、活動を続けていく中でふと一息ついたときに見えてくるものがありました。」と思いを語る。

「なぜこのタイミングでの刊行に?」という記者からの質問には、「『写真集やりたいね』という話はずっとしていて、武道館(でのライブ)が決まった時に『お正月に武道館やるんだったら写真も撮っちゃおうよ!』と変なテンションになった時があったんです」と笑いながら理由を明かし、1月1日に日本武道館で行われたNew Year ライブの翌日、内田は写真集ロケに出発したとのこと。

内田真礼写真集「étoile」(東京ニュース通信社刊)

内容について内田は、「大人っぽい写真も多くて、普段は声優として学生の役を演じることも多いので、それとはまた全然違う本当の自分の姿みたいな、“想像以上に内田真礼”だと思います」と話す。

タイトル『étoile』については、「フランス語で『星』という意味なんです。私の曲のなかに『スター』という言葉が入っている曲があるんですが、『星』って、みなさんがイメージする私の理想の形に近いのかなと思って。」とタイトルに込めたファンへの思いを明かし、「ばっちりです!」と自身が選んだタイトルに自信を見せた。

内田真礼写真集「étoile」(東京ニュース通信社刊)

周りからも写真集は好評なようで、「事務所に行くと声優仲間たちが置いてある写真集を読んでいて、『あ、本物来た!』って言うんですよ。恥ずかしいから私は隠れるんですけど…(笑)色々な方に見ていただけているので嬉しいです」と声を弾ませる。

そんな写真集の舞台となったのは冬のフランスについては「初めて行ったのでどんな自分が撮れるかわからなかったんですけれど、オンフルールとドーヴィルとパリ、どの街も温かい雰囲気で。空気が冷たくても私を温かく包みこんでくれるようなところでした」と感想を語り、お気に入りにのカットについても「フランスに着いて一番最初に撮ったのが大きい帽子を被っているカットなんですけれど、衣装も街に馴染んでいてすごく気に入っています。黒い衣装のカットも、街と私がリンクしているようなところが好きです」と紹介した。

内田真礼写真集「étoile」(東京ニュース通信社刊)

内田真礼写真集「étoile」(東京ニュース通信社刊)

「次はどの国に行きたい?」という質問には、「暖かい季節で南国系に。また全然違うテイストの写真が撮れるかなと思うので、色味もぱきっとした街とか南の島に行ってみたいです」と笑顔。

今作のロケ地の候補にも南の島があがっていたそうで、「最初はオーストラリアの西海岸とか、南の国の暖かいところで、ビーチサイドに寝っ転がってサングラスをかけてバカンス、みたいなイメージをしていたんです。でもなにか違うなと思って、気がついたら極寒のフランスに行くことになっていました。目論見は儚く散りました。」と苦笑いしつつも、「写真集が出来上がって、結果としては(フランスで)とっても良かったなと思います。本当に寒かったけど楽しかったです」と満足気に語った。

イベントでは、写真集購入者のなかから抽選に当選した400人を対象にサイン会を開催。訪れたファンからは、赤いコートの衣装や大人っぽい服装のカットが人気だったとのことだ。

内田真礼写真集「étoile」(東京ニュース通信社刊)

内田真礼写真集「étoile」(東京ニュース通信社刊)

■内田真礼(うちだ まあや)
12・27東京都出身。山羊座。A型。‘14年「創傷イノセンス」でアーティストデビューを果たし、現在までに8枚のシングルと2枚のアルバム、1枚のミニアルバムをリリース。声優としての主な作品は、「約束のネバーランド」(ノーマン)、「ドメスティックな彼女」(橘瑠衣)など。

■内田真礼写真集「étoile」
発売日:3月25日(月)
定 価:本体3,241円+税
撮 影:今城純
発売元:株式会社東京ニュース通信社