「ギュウ農フェス春のSP2019」ピックアップ!SAKA-SAMAが宵の野外ステージを個性で魅せる

ギュウゾウ(電撃ネットワーク/とちぎ未来大使)氏主宰の栃木県応援音楽エンタメイベント「ギュウ農フェス」。

2019年5月6日(月・祝)には、新木場スタジオコーストにて『ギュウ農フェス春のSP2019 怪物音響オクタゴン is BACK!』が開催され、100組近くのアイドルがメインステージ、テントステージ、ラウンジステージ、野外ステージに登場し、この日を盛り上げた。

ここでは、日も落ちた時間帯に登場したLo-FiドリームポップアイドルSAKA-SAMAの野外ステージでの模様をレポート。

SAKA-SAMAは4月にあいうえまし子の脱退より、Dr.まひるん、寿々木ここね、ミ米ミ(みーまいみ)、瀬戸まーな、水野たまごの5人で活動中。現在、新メンバーを募集をしつつ、今回のステージとなった。

色鮮やかな照明がきらめく中、メンバーが登場すると、まずは『光と陽炎(Bye Bye Bye)』からスタートすると、『パルピテーション・パルプフィクション』でほんわりとした空気を作り出す。自己紹介で声援を受けると、「2回目のギュウ農フェス、初めての野外ステージということで、外の空気を吸いながらとっても気持ちいいです!」と寿々木ここねが一言。

そのまま、公開当時傑作と話題を呼んだ『終わりから』で、独特の世界観を見せていく。

ライブはノイジーな『可能性』で没入感を強めていくと、さらに激しく。そして、爽快な『朝日のようにさわやかに』で会場も一体になると、やがてエンディングを迎えた。

SAKA-SAMAは秋葉原にあるAKIBAカルチャーズ劇場にて毎週月曜定期公演を開催。5月27日には所属レーベルであるTRASH-UP!!RECORDSのイベントも開催され、こちらも注目となっている。

■SAKA-SAMA - 新曲「デジタルリレーション 」

■INFO
TRASH-UP!! RECORDS 企画 「みんなのビックショー!」
日時:2019年5月27日 OPEN 19:00 START 19:30
前売 2000円(+D代)当日 2500円(+D代)
司会:SUPERSTAR BUTCH、カイ
出演:KOTO、SAKA-SAMA、他
URL:https://map.pigoo.jp/events/view/3583

■SAKA-SAMA LINK
公式サイト:http://www.trash-up.com/sakasama/
公式Twitter:https://twitter.com/sakasama_info

■ギュウ農フェス春のSP2019 怪物音響オクタゴン is BACK!
開催日:2019年5月6日(月祝)
会場:新木場STUDIO COAST
ギュウ農フェス公式ホームページ:http://gyunoufes.com/

<関連記事>
SAKA-SAMAまとめ!

※公開時、オープニング曲が『パルピテーション・パルプフィクション』となっておりましたので、こちら訂正してお詫びいたします。