8月17日に現体制を終えるSAKA-SAMAが定期公演にて現在の想いを語る。8月13日にはワンマンライブも開催

2019年6月24日、AKIBAカルチャーズ劇場にて「SAKA-SAMA 月曜定期公演」が開催。

SAKA-SAMAは6月23日に寿々木ここね以外のメンバーである、Dr.まひるん、ミ米ミ(みーまいみ)、瀬戸まーな、水野たまごがグループから卒業することを発表。その翌日となる今回のライブでは、メンバーがそれぞれ現在の心境を語った。

オープニングは『夏休み縦断の恋』から『マサカサカサマ』といつもと変わらないパフォーマンスを披露していく。挨拶もはさみつつ『寿司でぃ・ないと・ふぃーばー!!』とさらに楽曲を続けていくと、ほぼ休みなくオープニングから連続で9曲を歌い切る。

そこからのMCでは、まずは新衣装の紹介。Dr.まひるんがこれの告知に対してSAKA-SAMAと言えばということで「赤系?」という質問がたくさんきたことを話しつつ、瀬戸まーなだけがパンツスタイルであることも明かす。さらに瀬戸と水野は丸い帽子を被っていることから「どんぐり合唱団」と自称していると話し笑う。

どんぐり合唱団

それぞれの髪飾りや生地の違いなどにも触れる中、寿々木ここねから「みんな知っていると思うけど。」と一言があると、メンバーが卒業について話し始める。

ミ米ミは「入って1年ちょっとSAKA-SAMAで活動できて、アイドルになれて私の人生は最高です。8月17日までSAKA-SAMAのメンバーとして、精一杯がんばります。」と話すと、続くDr.まひるんは上手く言葉にならないといった様子の中、「自分の中の理想のまひるん像というのがあって、それを絶対に全うしたいと思っています。今後のこととか、モヤモヤさせるのはよくないとは思うんですけど、とにかく信念を持ってがんばりたいと思います。」と力強く伝える。

水野たまごは先日ブログにて明かされた苦手なもの(6月22日ブログ)が克服できたことで、自身の可能性が広がったことを伝え、「今までできなかったことをこれからチャレンジしていきたいし、違う景色も見てみたいと思って卒業を決めました。アイドルじゃない表に出るお仕事もやってみたいと思うし、デスクワークとかもやってみたいし、色々挑戦してみたいなと思いました。」と話した。

瀬戸まーなは「アイドルになるのがずっと夢だったので、最初はアイドルができるというだけで嬉しくて。楽しいというのは変わっていないんですが、やればやるほど(別の)こういうことがやりたいという気持ちが出てきてそれを実現するために卒業することにしました。次のことは何も決まっていないです。でも何かをする人でありたいというのが目標です。SAKA-SAMAでいられる残り2か月を一生懸命みんなでがんばっていきたいと思います。」とすると、最後にSAKA-SAMAを続ける寿々木ここねは、「リーダーの寿々木ここねです。」と語る。

「わたしはみんなと違う道を選んだというか、SAKA-SAMAのオリジナルメンバーとしてデビューから2年半活動してきて、TRASH-UP!!もSAKA-SAMAも大好きなので、今いるメンバーがいなくなっちゃうのは悲しいし、さみしいけど、勇気を出して決めました。SAKA-SAMAは無くなりません!私はSAKA-SAMAに残って新メンバーを加えて、もっともっとがんばって活動していきます。SAKA-SAMAで叶えたい夢もあるし絶対後悔したくないと思っているので、みなさんに付いてきて欲しいです。」と想いを伝えると、SAKA-SAMAの活動を主にしつつ、ソロとしての活動も開始することも発表。

さらに現体制のラストライブはSHIBUYA CYCLONEにて8月17日となるが、8月13日にもAKIBAカルチャーズ劇場にてワンマンライブを開催するとのこと。

「普通のワンマンじゃない」特別なワンマンライブとDr.まひるんの言葉に、メンバーは再び笑顔を見せると、最後は『朝日のようにさわやかに』で観客も一体の盛り上がりの中、ライブは終了となった。

──SAKA-SAMAでは、かねてより募集していた新メンバーの応募受付を再開。
URL:http://www.trash-up.com/sakasama/archives/213

■イッツ ア SAKA-SAMA ワールド vol.3
日時:2019年8月17日(土)OPEN 11:00 / START 11:30
場所:SHIBUYA CYCLONE

■ワンマンライブ
日程:2019年8月13日
場所:AKIBAカルチャーズ劇場
※詳細は後日

SAKA-SAMA 公式サイト:http://www.trash-up.com/sakasama/
SAKA-SAMA Twitter:https://twitter.com/sakasama_info