上白石萌歌さんが「第25回参議院議員通常選挙 期日前投票 PRイベント」に登場。初めての投票についてなど語る

2019年7月10日、都内にて女優の上白石萌歌が「第25回参議院議員通常選挙 期日前投票 PRイベント」に登場。

総務省は第25回参議院議員通常選挙啓発のイメージキャラクターとして、若年層から人気の高い女優・上白石萌歌さんと、男女問わず幅広い年代から支持を集める俳優・佐々木蔵之介さんを起用し、幅広い世代に投票参加を促す
プロモーションを展開します。

上白石さんが登場すると、まずは「まだまだ選挙について分からないことが多かったんですけど、俳優としても有権者としても大先輩の佐々木蔵之介さんと一緒ということで、すごく安心感を持って臨むことができました。」と挨拶とともに話します。

投票日となる7月21日にはすでに予定があるとのことで、すでに期日前投票を行ったとのこと。「時間もかからず、思った以上にスムーズに行うことができました。」と投票自体に難しさは無いことをアピールしました。

また、上白石さんは選挙PR動画に投票立会人役として出演。「雰囲気や投票の仕方など、分かりやすく動画の中で説明されていますので、私と同世代の方にも見ていただけたらと思います。」と紹介します。


19歳での初めての投票については「家族のことなど、色んな想いを巡らせながら投票しました。このポスターの通り、投票が考えるきっかけになると思います。」と、その後の囲み取材でも「日本のこれからのことにやっと参加するんだなと実感できました。若い世代は選挙に対して難しいイメージがあるんですが、私のPRがきっかけに興味を持っていただけたらと思います。」と感想を伝えました。

さらに、今回の投票のために、「自分でマニフェストを読んだり、インターネットで勉強して」臨んだことも明かします。また、これからの日本について意見を求められると「働き方改革だったり、教育だったり、女性や小さな子が暮らしやすい世の中になればいいなという想いはあります。」としっかりと気持ちを話しました。

■第25回参議院議員通常選挙特設サイト:
https://2019senkyo-sanin.go.jp/