mini通信:たけやま3.5が「西宇和みかん ひろめ隊」に

ぴーぴる&れーゆるの2人組グループ「963」が生誕祭!レポートほか、ミスマガ特別賞振り返りや2人のことなどインタビューも

2019年7月26日、東京・月見ル君想フにて「963(ぴーぴる&れーゆる)生誕祭 〜ぴーぴる「ミスマガジン2019・読者特別賞」SP〜」が開催。

963はイベントタイトル通り、先日「ミスヤングマガジン2019」読者特別賞を受賞した“ぴーぴる”要する2人組のアイドルグループ。福岡県久留米市くーみんテレビの番組内企画「久留米恋日和」から生まれた福岡県のご当地アイドルとしての誕生から、現在は東京・福岡等各地にてイベントやライブを行っている。

メンバーの入れ替わりも多い中、ぴーぴるは変わらず963として活動を続け、現在の相方れーゆるは2017年12月に加入。その後は安定した活動を続け、昨年2017年7月15日行われた生誕祭から1年、963・ぴーぴる・れーゆるの誕生月となる7月に再び生誕祭の開催となった。

今回の出演者も昨年に続き、同事務所所属の彼女のサーブ、彼女のレシーブほか、963に楽曲提供を行うyouheyhey、Ryo Maruokaとゆかりの深いミュージシャンたちが登場。リラックスした雰囲気に上質の音楽が独特の空間を生み出し、演者・観客とも心地よいひと時を過ごした。

紙縒くしゃみ(れーゆる)

彼女のサーブ・彼女のレシーブ

963



■ぴーぴるとトーク

左から:れーゆる・ぴーぴる

──先日の「ミスヤングマガジン2019」で読者特別賞受賞など活躍もありますが、今回は963生誕祭。ぴーぴるさんにとって音楽とは何ですか?

また難しいところからきたな(笑)んー、自分の楽しい場所?

──やっぱり楽しい?

うん。大きなライブを見に行ったら、私もあそこに立たなくっちゃって思っちゃう。音楽は生活ですね。

──バラエティやグラビアと色々経験も増えてきました。

それもそれで楽しいし、やらせてもらうことは全部楽しいですね。

──矢口真里さんが司会をされている「矢口真里の火曜The NIGHT」(Abema TV)にて、ミスヤングマガジン候補での出演もありましたが手応えはありましたか?

はい!以前番組に出たことがあったので、矢口さんにはもう名前を覚えられてるはず。“祝いめでた”(博多の祝い唄)とポーズ対決では絨毯にくるまれたクレオパトラをやりました。ポーズ対決は直前に用意していたやつを前の子にやられちゃって、咄嗟の反応でやりましたよ。

──ミスマガの経験で得たものなどはありますか?

んー、友達?山口はのんちゃんは仲良いと思ってます。あとはまおまお(桜田茉央)かな?グランプリ系と審査員系みたいな感じで撮影が分かれちゃうので、そのメンバーと仲良くなりますね。

──「ミスマガTV」といったYouTube番組も始まりますし、みんなと仲良くなるのはこれからというところですよね。最近のぴーぴるはどうですか?

もう死にそう(笑)受験もライブもあるし大変ですよ。でもLINEマンガでマンガを読むという日課は欠かさない。

──マンガ・アニメ好きとしては、そこだけは離せない。

夢の世界じゃないですか、あそこは。最近は『砂漠のハレム』(白泉社)っていう少女マンガを読んでいます。読むのは恋愛モノが多いかな?『暁のヨナ』(白泉社)とか『それでも世界は美しい』(白泉社)とか、あとは『スキップ・ビート!』(白泉社)。

──そんな中、受験勉強もしっかりやっているんですね。

もうヤバい。

──でも勉強はできる人ですよね。

んー、でも普通かな。英語がヤバいから。もう、ヤバいしか言葉が無い。

──英検2級に受かってたじゃないですか。

運がよかったんですよ。とりあえず知っている単語を並べたら受かりました。

▼963(kurumi)『ホシノフルマチ』




■れーゆるも一緒に

──れーゆるは受験やミスマガのチャレンジをを隣で見ていていかがですか?

ぴーぴる:がんばってるしー、かわいくてー

れーゆる:らしいですよ(笑)

ぴーぴる:私いつもれーゆるからの評価を自分で言っちゃって、こういうインタビューだと(ぴーぴる)ってなっちゃう。

れーゆる:でもまぁそれです。

──れーゆるもこの1年、よくSNSでも綺麗になったという話が出てきますよね。年齢は今年で?

ぴーぴる:痩せたんだよね。

れーゆる:うん。7月30日で17歳になります。

──れーゆるは最初は何も分からなかった状態だと思うんですが、もうアイドルにも慣れてきた感じですか?

れーゆる:最初は日本に興味がなくて、じゃなくて(笑)K-POPが好きで、アイドルがあまり分からなかったからフリフリの衣装を着るのかな?と思ってました。963は制服だからいいなと思ってやりはじめて、曲も好きな感じです。色んな曲も知れるのがいいですね。

▼963(kurumi)『GAME』


──963の活動としても充実してきた感じ?

れーゆる:してますね。

──2人の仲はどうなんですか?

ぴーぴる:悪いんですよ。

れーゆる:ビジネスパートナーですね。

ぴーぴる:毎回つっかかってきます。そして「祭りにいこ?」ってめちゃくちゃLINEが来るんですよ(笑)あの浴衣当たった?

(何かの浴衣プレゼントキャンペーンの話で盛り上がる)

──MIKANはお久しぶりという感じですけど、相変わらずな2人というところですね。

れーゆる:普通にいつものようにいます。

ぴーぴる:この間、頭がごっつんしたよね。

れーゆる:何してたんだっけ?ふざけてはしゃいでた?

ぴーぴる:飛んでたかな。なんでテンション上がったら飛びよんやろ?

──963についてもう少しいいですか?

ぴーぴる:963は超かわいくて、超歌が上手くて、ダンスもキレッキレで誰が見ても最高のアイドルです。

──歌もダンスもレベルが上がっているように感じます。

ぴーぴる:K-POPの影響ですよ。

れーゆる:(笑)ぴーぴるもしっかり合わせようとしてくるんです。ここはこの方がいいよって。でも新曲の振付ばかり練習してたら、前の曲がボロボロになった(笑)

──でも今までより少し意識してやるようになってきたと。ここからはひとまずぴーぴるの受験待ちでしょうか。

ぴーぴる:そうですね。

れーゆる:受からなかったら私1人になるからね?

ぴーぴる:ソロデビュー(紙縒くしゃみ)したからもう大丈夫だよ。

れーゆる:そうか。

──そういうこともありつつ。

れーゆる:なるようになる。

ぴーぴる:2人とも深く考えないから(笑)でも、暗くならなくて良いと思います。良い意味で軽い。

──ミスマガでぴーぴるを知った方に向けて963の魅力を伝えるとすると?

ぴーぴる:曲かな?音楽をゆるく楽しみに来てくれると嬉しいです!

みんなで

イベントではもちろんトリとして963が登場。ステージでは彼女のサーブ・レシーブから花も贈られ、嬉しそうな2人が見られる場面も。Twitterのプロフィールの通りの「Jazzトラック/エレクトロ」なサウンドで会場もゆったりとした揺れに身を任せると、今年にMVが公開された『GAME』や『ホシノフルマチ』ほか、2曲の新曲も披露し、マイペースにグッドミュージックを届けるスタイルで、この日も幕を下ろした。

■LINK
963 OFFICIAL SAITE:https://9x6x3.com/
963 OFFICIAL TWITTER:https://twitter.com/9x6x3