虹のコンキスタドール”の妹分「虹のファンタジスタ」がお披露目!個性豊かな初々しい総勢10名にて始動

2019年7月31日(水)、東京・渋谷WWW Xにて「DEARSTAGE新人ユニットお披露目会」が開催され、“虹のコンキスタドール”(通称:虹コン)の妹分「虹のファンタジスタ」が披露された。

今年の2月から4月にかけて、トイズファクトリーとキングレコード、ディアステージが合同で、でんぱ組.incと虹コンのJr.メンバーを募集するオーディションを開催。応募者3200人から選出された新しく結成されるグループのメンバーが、このお披露目LIVEに出演となった。

先輩の虹コンに憧れ、念願叶ってjr.グループの一員となった子、アイドルを志して数多くのオーディションに挑戦してきた子、原宿でよくスカ ウトされることで芸能界に興味を持った子まで、幅広いバックボーンを持ったメンバーが集結。

本番前には「まだアイドルになった実感がない」とみな口を揃えていたが、舞台袖ではお客さんの熱気にあてられ「緊張してきた」「胃液が出そう…」といった声も。そんな中、ムードメーカー的存在の藤田汐梨(ふじた・しおり)が、「もう、やるしかないよ!ステージに立った瞬間から、私たちはアイドルにな るんだから」と檄を飛ばした瞬間から、全員の目が変わった。

イベント全体のMCを務める、先輩の虹コンのメンバー・的場華鈴(まとば・かりん)と清水理子(しみず・りこ)から呼び込まれ、ステージ上の ポジションに立ったメンバーたち。お披露目のパフォーマンスは、先輩・虹コンの人気楽曲『トライアングル・ドリーマー』。

振り付けは虹ファン用にアレンジされているものの、集まったファンたちにとってはお馴染みの曲のため客席からは大きなコールが湧き上がる。曲の披露を終えた後は、メンバー全員で自己紹介。

センターを務めた穂波こころ(ほなみ・こころ)は、「ステージに上がったら緊張しないか心配だったけど、たくさんの声援のおかげで、笑顔で踊ることができました」と集まってくれたファンへ感謝の気持ちを述べる。身長が低く、子どもっぽい見た目の二色真鈴(にしき・まりん)が「18歳で最年長です」と言うと見た目とのギャップに大きなどよめきが起こった。

パフォーマンスを見た先輩たちも、「明るくてかわいい!虹コンが陰キャなら、虹ファンは陽キャみたい。私がアイドルになったばかりの頃は、こんなにちゃんとできなかったよ」(的場)と感心したり、「初々しくて、私も初心を思い出した気がします。もっと頑張らなきゃ!」(清水)と、刺激を受けていた様子。

ステージを後にしたメンバーたちは興奮気味に「楽しかった!」「1曲じゃ足りない、もっと歌いたかった!」「大きなコールが聞こえて嬉しかった!」と感想を語った。

「虹のファンタジスタ」は、創造性・機知に富んだ、予想外の動きを見せながらたくさんの人たちを驚かせ、笑顔や元気にさせる意味を込めて名付けられ、オーディション時から笑顔を絶やさず、 前向きに取り組んでいた10名を見てて結成前から決められていたグループ名となっている。

12歳から17歳の年齢構成で平均年齢14歳の初々しさ満点のこれからが非常に楽しみな10人のファンタジスタたちは、TIFの出演をはじめ、既に多くのイベントが決定している。

■虹のファンタジスタ 関連リンク
オフィシャルHP:https://www.2zifan.com/
Twitter:https://twitter.com/2zifan
Instagram:https://www.instagram.com/2zifan/