mini通信:マジパンひまわり先生の連載第4話更新!

【TIF2019レポ!】さくら学院がHOT STAGEでキラキラのパフォーマンス!締めくくりは『夢に向かって』

2019年8月2日~4日の3日間、お台場・青海周辺で「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019(以下、TIF2019)」が開催され、最終日4日にはZepp DiverCity(TOKYO)となるHOT STAGEに成長期限定ユニット、さくら学院が登場。さくら学院はその名の通り学校をテーマに小学校5年生から中学校3年までの小中学生がメンバーとして在籍する。

時間となると大声援の中、『チャイム』から元気いっぱいにスタートすると、小さい体を大きく使って、さらに『School days』と2曲を続ける。12人のメンバーの自己紹介ではそれぞれが声援を受けると、そのまま観客に向かって特に身長の低い木村咲愛・野崎結愛の小学生メンバー2人が「私のこと見えてますか〜!?」と大騒ぎ。

その姿に会場も満面の笑顔となると、再びライブへ戻り『キラメキの雫』から、もう一曲『君に届け』へとつなげていく。

歌い終わりにはさくら学院にて生徒会長を務める藤平華乃から、「最後の曲は初代から受け継がれてきた大切な曲です。先輩方からの想いを胸にさくら学院のこの12人で元気にがんばります!TIF10周年という記念すべき時に立つことができて本当に感謝の想いでいっぱいです。最後まで私たちと盛り上がってくださったら嬉しいです。」と言葉があると、締めくくりの曲は伝統の1曲『夢に向かって』。

持てる力全開なパフォーマンスで観客も盛り上がると、間奏では中等部3年の森萌々穂が「みなさんTIF楽しんでいますか?私たちはこれからも、もっともっと成長していきます。応援よろしくお願いします!」と溌剌とした声を響かせる。

今のさくら学院が見せる最高のステージに拍手と歓声が起こる中、「さくら学院祭☆2019」がKAAT 神奈川芸術劇場にて10月19日、20日に開催されることも発表。会場から嬉しい声も飛び交うと、「ありがとうございました!」とメンバーは声を揃えつつ、さらに「バイバーイ!」とステージの去り際まで可愛らしく彩った。

■TOKYO IDOL FESTIVAL 2019
日程:2019年8月2日(金)、3日(土)、4日(日)
会場:お台場・青海周辺エリア
主催:TOKYO IDOL PROJECT
URL:http://www.idolfes.com/2019

TIF2019まとめ:
https://mikan-incomplete.com/tag/tif2019