mini通信:たけやま3.5が「西宇和みかん ひろめ隊」に

桜エビ~ず・RYUTistが2マンライブ!良曲に溢れたライブのラストは『タリルリラ』と『ラリリレル』の曲交換に笑顔

桜エビ~ず・RTUTistが2マンライブ!

2019年9月22日、新宿BLAZEにて、桜エビ〜ずとRYUTistのツーマンライブ「Songs connect people ~目指せ、世界平和~ with RYUTist」が開催。

アイドル性もさることながら、その楽曲が高い評価を受けている2組によるツーマンライブということで、音楽ファンも注目のイベント。開演前には会場も大入りで、両者のファンも期待に胸を膨らませ、その時を待ちます。

RYUTist・ライブレポート

今回のライブの主催は桜エビ~ず。まずはゲストのRYUTistがステージに登場し観客を盛り上げていきます。ニコニコと笑顔のメンバーは1曲目を『青空シグナル』でスタートさせ、「こんにちは、RYUTistです!」と気持ちの良い声とともに、まずは挨拶。

佐藤乃々子さん、宇野友恵さん、五十嵐夢羽さん、横山実郁さんの4人が声援を受けると、普段から桜エビ~ずの曲を聴いているということで、メンバーは「まだ夢みたい。」と嬉しさをにじませます。五十嵐さんが「私たちにとってもみなさんにとっても特別な一日になると思うので、いっぱい楽しんでください。」と言うと、続いては『海岸ROADでオトナッTunes!』へ。

サーフサウンドのリズムに体を揺らしつつ、サビのメロディも美しい『センシティブサイン』と続くと、『涙のイエスタデイ』『日曜日のサマートレイン』とつなげていきます。

MCでは横山さんがこの連続披露に「少し息が切れております。」と呼吸を整えつつ、桜エビ~ずとRYUTistは4回目の共演ということで、そろそろ仲良くなりたい気持ちを話します。佐藤さんは本番前にあたふたする自分たちに比べ、本気でカードゲームに興じていた桜エビ~ずの姿に「これがスターなんだ。」と感心した様子。会場に笑いが起こる中、「もっともっと仲良くなってカードゲームがしたい。」と続けると応援の拍手も起こりました。

再びのライブはゆったりとした『心配性』から。じっくりと観客も聴き入ると、ミドルテンポでジャジーな『無重力ファンタジア』、そして『Blue』、『黄昏のダイアリー』と続けます。

良曲たちが並ぶと、観客からも称えるような拍手。お友達であるゆるキャラの紹介の前には、RYUTistの地元である新潟県について佐藤さんが「カレー粉の消費量が一位だったんだよ。でも去年は鳥取県さんにちょっと負けてしまって。」とメンバー全員が知らなかった豆知識を披露します。

ラストはブリカツくんやレルヒさん、ウェルモ、コッパーさん、えちゴン、ササダンゴンと紹介したゆるキャラのぬいぐるみを手に『Majimeに恋して』で締めくくると、そのまま続いては桜エビ~ずのステージに。

>>次のページ
桜エビ~ず・ライブレポート~エンディング