mini通信:たけやま3.5が「西宇和みかん ひろめ隊」に

注目のNaNoMoRaLがギュウ農フェス秋のSPでパフォーマンス!観客を巻き込む熱狂のステージを披露

ギュウ農フェス秋のSP 爆音大収穫祭

2019年10月5日、新木場STUDIO COASTにて「ギュウ農フェス秋のSP 爆音大収穫祭 road to 2020」が開催。

電撃ネットワークのギュウゾウが主宰する音楽イベント『ギュウ農フェス』では毎回多くのアイドルが登場し、今回の「ギュウ農フェス秋のSP 爆音大収穫祭 road to 2020」では総勢81組のアイドルが登場する大イベントに。楽曲にこだわったアイドルが数多く出演する以外にも、フードや特典会、また結婚相談所などもあり、「ギュウ農フェス」独特の熱くもどこかおだやかな雰囲気に、訪れた来場者の笑顔も多く見られました。


NaNoMoRaL・ライブレポート

NaNoMoRaLは、雨宮未來さんとプロデューサーも務める梶原パセリちゃんによる2人組のユニットとして活動。現在、その楽曲センスやライブの盛り上がりから、SNSや口コミなどでジワジワと注目を集めています。

「ギュウ農フェス秋のSP」では19時ころのラウンジステージに登場。オープニングから梶原さんが現れると、続けて雨宮さんも飛び出し、黒いスカートをはためかせながら「みなさん楽しんで帰ってくださーい!!」と元気に声を届けます。

『ハジマル』で1曲目から会場も一気にテンションを上げると、『モノクロマジック』で軽快なビートを刻みつつ、会場をNaNoMoRaLカラーに巻き込んでいきます。掛け合いも見事な特徴的な2人のボーカルが響きつつ、「ここをダンスホールにしちゃいましょう。」と雨宮さんの言葉から、続いては『唖然呆然』。

どこか懐かしさのあるメロディに耳を傾けながら体を揺らすと、次曲『サーチライト』で観客も全力で2人のパフォーマンスに応えます。その勢いのまま、ラストの『コンテニ』もメンバー・観客ともに全力疾走で気持ち良くライブを終了させました。

■SET LIST
01. ハジマル
02. モノクロマジック
03. 唖然呆然
04. サーチライト
05. コンテニ

NaNoMoRaL情報

■NaNoMoRaL – 唖然呆然 (MV)

NaNoMoRaL ONEMAN LIVE『 oneone oneone 』
日時:2019年11月11日(月)
OPEN 18:00 START 19:00
場所:渋谷WWW
料金:前売3000円 別途1D

URL:https://eplus.jp/sf/detail/3008040001-P0030001

<LINK>
●NaNoMoRaL Twitter
●雨宮未來 Twitter
●梶原パセリちゃん Twitter