mini通信:たけやま3.5が「西宇和みかん ひろめ隊」に

CROWN POPが単独ライブで大熱唱!全力で駆け抜けたクラポかわいい&最高なステージで観客も大笑顔に

2019年11月2日赤羽ReNYにて、2部構成の「CROWN POP単独ライブ~J or P?~」が開催。第1部はJ=じっくり鑑賞、第2部はP=盛り上がるパーティーということで、CROWN POP(クラウンポップ)の様々な魅力に溢れた単独ライブとなりました。

こちらでは熱狂の会場となった第2部をレポート。

「CROWN POP単独ライブ~J or P?~」Pレポート

パーティーのオープニングは勢いのあるOvertureから颯爽とメンバーが登場すると『Change the world!』で弾けるようなスタート。興奮に包まれる中、『POPPER TIME』で会場一体に声を合わせ盛り上がっていく中、『夏キラリ☆』でさらに勢いを増していきます。

『サマータイムルール』とこの夏を彩った曲が2曲からは、『午後四時ごろの好きです』と続き、ステージは田中咲帆さん、藤田愛理さん、雪月心愛さんの3人を残し「Buono!」のカバーで『初恋サイダー』が披露されました。

『Cheerful Butterfly』で、熱狂の前半を終えると「パリピのみなさん盛り上がってますか??」の言葉に大声援が返り、田中咲帆さんが「パーティーみたいに盛り上がっていきましょう!」と話します。自己紹介からは『クラポ式エクササイズ』と7曲連続披露の後にもかかわらずさらにハードな展開へ。

しかし、会場は楽しさいっぱい。飛び跳ねるようにエクササイズもこなすと、今度は里菜さん、山本花織さん、三田美吹さんが「Task have Fun」のカバーで『3WD』を披露します。そのまま、ライブは後半へと移り、ユーロビートな『EGO×search』、ヘヴィでロックな『Real×live』と続けると、一気に本編は終了となりました。

興奮冷めやらぬ中アンコールがかかり、再び登場したメンバーは、ホッとするようなこの日初披露となった新曲『真っ白片思い』を聴かせていきます。そのまま『手のひらに青空』では、メンバーのバックに写る青空の映像も爽やかに。本編の盛り上がりからスローダウンするように、優しい雰囲気が会場を包みます。

▶▶次のページ
ラストのMC、そしてダブルアンコールへ