mini通信:ひまコレ#5更新!(動画付き)

田所あずさが初のアリーナワンマンライブ!バースデーサプライズで「忘れらんねえよ」柴田隆浩も登場し大合唱に

声優、アーティストとしても活躍する田所あずささんが、26歳の誕生日当日である2019年11月10日(日)に片柳アリーナにてワンマンライブ「AZUSA TADOKORO SPECIAL LIVE 2019~イコール~」を開催。

アーティストデビューから6年目を迎え、今回は自身初のアリーナでのライブ。誕生日という記念日にパワフルな歌声とパフォーマンス、そして持ち前の柔らかな雰囲気の中、全19曲を披露しました。

オープニング、『ギミーシェルター・ブライトネス』の全開のパフォーマンスでライブの幕を開けると、『1 HOPE SNIPER』、『spit out』と勢いよくステージを弾けます。観客もそれに反応するように大きな歓声を上げ、クラップやコールなど一気に高い熱に包まれました。

声援が飛び交う中、「ここを選んでくれてありがとうございます!」とMCでは笑顔のトーク。「序盤ももう終わりまして、もう中盤。」の気の早い冗談に観客も「えー!?」と笑顔を見せると、さらに「今日はみんなのために歌ってやってもいいかな?」といたずらっぽく話し、大歓声の中、『絶対的Rock Star』へ。

ロックンロールの軽快なリズムに会場が揺れると、そのまま『DEAREST DROP』『リトルソルジャー』を感情豊かに表現します。

衣装についても「キュートめの、ピンクにも挑戦してみました。」と紹介しながら、ここからはアコースティックコーナー。『僕は空を飛べない』をギターの伴奏のみでしっとりと歌い上げると、そのままアコースティックセットのバンドも加わり、20歳の誕生日にもらったという曲『ツボミノコエ』で、観客もじっと耳を傾けました。

長い拍手が贈られ、MCでは「驚くべき早さで26歳になりまして…。」とデビューから年月を指折り数えると、事務所の後輩の松永あかねさんから「田所先輩って、人妻的な色気がありますよね。」と真剣な表情で語られたと明かし、会場は笑いと歓声に。

直前に田所さんのリクエストでセットリストに入れたという最新シングル「RIVALS」カップリング曲『スペクトラム ブルー』がゆったりと歌われると、続く『スロウリグレット』でさらに伸びやかな歌声を響かせました。

ライブは後半へと進むと、『Come on,A-Z!!』から、再び激しいステージを展開。『あずさ2号のテーマ』にてバックバンド“あずさ2号”の、神田ジョン(Gt/バンマス)、長澤トモヒロ(Gt)、岩切信一郎(Ba)、MIZUKI(Dr)、篠崎恭一(Mp)も会場を駆け巡り盛り上げます。

本編ラストは、今回のライブタイトルであり、一般公募した“田所コーラス隊”もレコーディングに参加した『イコール』。「今日、ライブによって完成するんじゃないかなと、私は思っています。みんなで一緒に完成させてください!」と語りかけると、会場には観客の声が響き、田所さん、バンドと、会場は大きな一体感が生まれました。

▶▶次のページ
芋ジャージでアンコール&バースデーサプライズ!