mini通信:ひまコレ#5更新!(動画付き)

「ファントミラージュ」が映画化&4月以降継続決定!イベントにてココミも「時代劇のセットで演技をしたんです!」

2019年11月17日、イオンシネマ板橋にて開催された「『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』スペシャル・ライブ・ビューイングイベント」にて、『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』の映画化、そしてTVシリーズが4月以降も継続されることが発表されました。

『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』は2017年よりテレビ東京系で放送を開始した、女児向け特撮テレビドラマ『ガールズ×戦士シリーズ』の第3弾。レギュラーには、石田二コル、黒石高大、ぺえ、関口メンディー(EXILE/GENERATIONS)、斎藤工も出演し、豪華俳優のゲスト出演など親子で楽しめる作品として人気を集めています。

今回のスペシャルイベントは、まず番組のスペシャル編集版の映像上映からスタート。ドラマのオープニングを飾る「Girls²」が歌う『恋するカモ』が流れると、集まった観客からは手拍子も起こり、ところどころ出題されるファントミクイズにも元気な声が響きます。

上映が終了すると、司会のおねえさんたちに続き、客席のみんなの呼び込みで、桜衣ココミ/ファントミハート役の菱田未渚美さん、明日海サキ/ファントミスペード役の山口綺羅さん、紫月ヨツバ/ファントミクローバー役の原田都愛さん、紅羽セイラ/ファントミダイヤ役の石井蘭さんが、ソロダンスでステージに登場します。かわいいくまの妖精「くまちぃ」も登場し、挨拶などしつつトークも展開されました。

スペシャル編集版の映像について菱田さんは「大好きなトマトのシーンがお気に入り。」と笑顔を見せると、原田さんは「変顔が大好きだったので楽しかったです!」と意外な事実を話し、会場も笑顔となりました。

しかし、ここでドラマでお馴染みの“変な”音楽がどこからともなく聴こえ、ぺえさん演じるファントミラージュの敵役・逆逆警察のアベコベ刑事が登場。そして司会のゆきおねえさんがイケナイヤーにされてしまうという事態に。ファントミラージたちは会場内を隠れ回るゆきおねえさんを「ひみつアイテム」のサーチキーで発見すると、見事助け出すことに成功しました。

悔しがるアベコベ刑事・ぺえさんでしたが、一言を求められると、ファンの方々の日々のドラマへの応援について「愛がひしひしと届いております。お父さんお母さんにありがとうを伝えてください!」と温かい言葉が飛び出します。

そのままお楽しみのプレゼント大会も催され、全国のライブビューイング会場に素敵ななりきりグッズがプレゼントされます。また、アーティストとして「Girls²」「mirage²」でも活躍するファントミラージュ役の4人からは『恋するカモ』(Girls²)、『キセキ』(mirage²)のライブパフォーマンスのプレゼントも。

素敵なステージに会場も盛り上がると、ここで「映画になってちょーだいします!」と2020年5月1日、ドラマの映画化が決定したことがサプライズ発表。菱田さんが「なんと時代劇のセットの中で私たちは演技をしたんです。」と話すと、原田さんは「体をはってがんばったので、一緒に笑ってくれたら嬉しいです!」と映画の魅力を伝えました。

さらにTVシリーズの来年4月以降継続も決定し、また、タカラトミーより新アイテムも登場とのこと。最後には記念撮影をしつつ、「たくさんの声援ありがとうございました!」と、いつもの決めポーズでイベントは終了となりました。

▶▶次のページ
監督・キャストコメント&新アイテム情報も!