mini通信:2020年サンリオキャラクター大賞が開催!

ゑんら全国ツアー「ゑんら道中」ファイナル!生バンドをバックに充実のライブパフォーマンスで魅せる

木乃伊みさとさん、滝口ひかりさん、滝口きららさんのセルフプロデュースによる3人組アイドルグループ「ゑんら(読み方:えんら)」。4月発売のシングル「妖怪ディスコ」にて『10,000枚チャレンジ』を達成し、公約として開催された全国ツアー「ゑんら道中」のファイナルが12月10日、新宿BLAZEにて開催されました。

今回のステージでは、全編にわたり生バンドがバックをつとめ、オタ芸集団とのコラボレーションなど演出面も充実。12月11日リリースのアルバム「UKIYO」からの新曲披露や、2周年ライブ、定期公演開催の発表など、盛りだくさんの内容となりました。

オープニングの映像から『アンバランス』でスタートすると、1曲目から会場も大きく揺れ、テンションは最高値。『のっぺらぼう』と連続で披露していきつつ、重いギターのリフで会場もクラップを合わせると、バンドメンバーの紹介も。そのまま流れるように『迷い地縛霊』、そして『さよならを教えて』から2曲を続けると、『君がいない』といったバラード曲を切なく歌い上げ、様々な曲調に彩られたゑんらの世界観を深めていきます。

MCでは「新衣装になりましたー!」と猫風のカワイイ新衣装を紹介すると、続いては新曲となる『ホラーかわいい』のハイテンションでキュートな楽曲で観客も笑顔となります。

『つぼみ』からの『だいだらぼっち』では、会場が熱い感情に包まれ、そして『心中ミッドナイト遊園』では、なんとオタ芸集団が登場。『リンネ転生』で、さらに全力のパフォーマンスも加速していくと、会場もそれに応え盛り上がりを見せていきます。

MCでは2周年ライブ、そして12ヶ月連続定期公演の開催を発表。「来年からももっと大きくなるために、がんばりますのでよろしくお願いします!」ときららさんの言葉もあると、ライブはあっという間のラストを迎え「踊り狂ってください」と『妖怪ディスコ』。

▶▶次のページ
アンコールからさらにハイテンションのパフォーマンス