「HoneyWorks」がサウンドプロデューサーを務める「可憐なアイボリー」がTIF2021でステージデビュー!

『TIF de Debut 2021 by TWIN PLANET』オーディションに合格した10名が、10月3日(日)に開催された「TOKYO IDOL FESTIVAL 2021」のグランドフィナーレで華々しくデビュー。

ステージデビュー後に「可憐なアイボリー」というグループ名で、メンバー10人が力を合わせて、アイドル活動していくことが発表されました。

グループ名はサウンドプロデュースを担当しているクリエイターユニットHoneyWorksが命名。可憐なアイボリーのYouTubeチャンネル、TikTokアカウントも開設され、メンバーの紹介動画が公開されております。

■「可憐なアイボリー」の由来
可憐(かれん):姿・形がかわいらしく、守ってやりたくなるような気持ちを起こさせること。アイボリー(ivory):ゾウの象徴でもある牙。また子供と大人の間、思春期の曖昧な心の色のイメージ“アイボリー色(いろ)”という意味もあります。そんな、可愛さとゾウのように仲間思いで優しく強く、気高い(けだかい)アイドルになってほしいと願いを込めて名付けました。これからも、「可憐なるアイボリー」の活動に是非ご注目下さい。

■「可憐なアイボリー」のSNS情報
YouTube:
https://www.youtube.com/channel/UCrxb-1OHdCKq7mpxsJpz8ww
Twitter :
https://twitter.com/Karennaivory
TikTok :
https://www.tiktok.com/@karennaivory_official

関連:「TIF2021」記事まとめ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる