Lo-FiドリームポップアイドルSAKA-SAMA、1stマキシシングル『夢のはてまでも』リリース記念インタビュー!

Lo-FiドリームポップアイドルSAKA-SAMAが、2018年2月28日にマキシシングル「夢のはてまでも」をリリース。先行で公開された収録曲『終わりから』も各方面から話題を呼び、現在注目のアイドルとなっています。

MIKAN編集部では、1stマキシシングル発売の感想や制作についてなど、メンバーのDr.まひるんさん、あいうえまし子さん、寿々木ここねさんにインタビュー。

寿々木ここね、Dr.まひるん、あいうえまし子

 

1stマキシシングル「夢のはてまでも」リリース

 

──1stマキシシングルが発売となりましたが、今はどういったお気持ちですか?

あいうえまし子(以下まし子):SAKA-SAMAって楽曲を褒められることが多いんですがプレッシャーです。1番はやっぱり嬉しいという気持ちですが。

Dr.まひるん(以下まひるん):私は他のアイドルさんの曲をよく聴いているんですけど、自分のものがCDになるっていうのが…なんていうか、自分の声が音楽的な編集をされるわけじゃないですか?最初にその違和感がすごくて。声を変えるというか、エフェクト?CDになるとそうなるんだって(笑)CD-Rとは違って、CDになるってこういうことなんだとか。でも、だんだんそれが面白いなって思えるようになりました。今はこのCDを広めていきたいなって思っています。

寿々木ここね(以下ここねん):んー、やっと出せるから嬉しい。これなら親にも聴かせられるなって(笑)アイドルやってることはお母さんにも言ってたけど、曲は教えてなくて。動画もTwitterも見せてないので、どんなアイドルか知らないんですけど、CDを出せたから…分かんないですけど。妹が教えてないのに歌えるようになってて、嬉しかったです。

──みなさんも家族で聴いたりしましたか?

まし子:家族全員で聴きました(笑)

まひるん:そんなことは全くないです(笑)MVとか見てもいいんですけど、恥ずかしいので見るなって一瞬思っちゃいました(笑)

──まひるんさんは『すいみんぐ』の作詞を担当したということで、それが恥ずかしいということもありますか?

まひるん:それは教えてないんです。作詞についてはメロディがあって、言葉を入れるという作業だったんですけど、しんどかったです。ミラーボールギラギラな感じで曲が強くて、ディスコなんですけど、あまり私の中にディスコ的な部分が無いのでは?と思いまして、そのイメージとあわせるのが難しかったです。文字数が少ないのも大変でした。

──最終的にはどんな表現に行きついたと思いますか?

まひるん:曲調ほど強いものにはならなかったんですけど、私なりのディスコ?分かんないんですけど(笑)夜更かしのすいみんとか、日常っていうか1日がさえなかったから夜更かし=楽しいこと=私のディスコ(笑)「あー、ディスコしちゃった、朝方」みたいな。曲の1番のサビの部分が夜更かしなんですよ、2番のサビが授業がつまんないから居眠りしちゃう、居眠りの方が楽しい?分かんないですけど、そんな感じ。私のディスコです。

──ここねさんはお気に入りの曲はありますか?

ここねん:『ネズミの生活』です。カントリーを初めて聴いて、こんな楽しい曲があるんだって。歌詞は楽しくないけど、曲の雰囲気が。歌ってる時は、最後の所と、そこからのパパパーパー♪がシンデレラのネズミたちみたいで楽しいです。穏やかな感じ。

──まし子さんには『夢のはてまでも』の朗読についておうかがいしたいのですが、CDとMVで公開されているものとは…

まし子:違いますね。MVのものはあれがそのままなんですけど、CDはしっかりブースに入って録りました。両方でまた違う感じになっているので、そこも感じてもらえれば。詩は事前にもらって、それを理解しようと考えてみたんですけど、読んでいくうちにこれは理解できないぞってなりました。なので、リズムが良いのでそれを意識して。

──表現としてもMVとCDではまた違う、ということになりますか?

まし子:そうですね、CDは紙にクレッシェンドとかちゃんと書いてやったんですけど、MVは全部それを忘れていたのでライブをしてるような感じで。

──確かにライブ感ありますよね、両方の伝わり方も違っていて面白いと思います。ヘッドフォンで聴くのもまた良くて。朗読『夢のはてまでも』から『終わりから』のつなぎがとても好きなんですけど、そういうことは何か感じたりしますか?

一同:んー…

 

『夢のはてまでも』・『終わりから』

 

まし子:(笑)いい感じだなーとは思います。世界が広がる雰囲気で。

──『終わりから』のMVを想像しながら聴くと良いんですよ。

まひるん:Twitterで「2つのMVの曲が一緒になってる感じが想像できなかったけど、CDで聴いてすごいよかった」というツイートは見ました。

ここねん:最初の『パーティ・パーティ』の始まりが嘘のように。

──でも、全体として不思議な統一感はありますよね。

まし子:ライブだとバラバラなんですけど、CDだと統一感がありますね。同じ人が歌ってるからかな?

ここねん:分かんない(笑)

まし子:朗読が入ったことによって世界観が見えたような。

──こだわるみたいですけど、個人的にはあのつながりで一つ腑に落ちる感じがあるんですよね。

まし子:それがこの統一感の正体…(笑)

まひるん:(近くで聞いていたプロデューサーに)なんでタイトルを「夢のはてまでも」にしたんですか?

プロデューサー:“ドリーム”ポップアイドルということもあるし、“夢のはてまでも鳴り響いている音楽”で。夢の深いところまで。

──ということはタイトルありきで、という感じですか?

プロデューサー:そうですね、詩も書きおろしてもらって。詩人の小笠原鳥類さんは深海魚の気持ちになって書く方で、深海魚が見る夢っていうテーマとタイトルだけ渡して。

まひるん:ちょっと生意気なんですけど詩を見た時に、少し『すいみんぐ』と通じるところがあるなって思ってしまいました。恐れ多いんですが…。

──言葉の扱い方ということでしょうか、少しわかります。それでは『終わりから』についてなんですが、歌詞を見るとそこから始まる予感ということを歌っているようにも感じたんですが、何か思うことはありますか?

まひるん:レコーディングの時に“何かの終わりから見た景色”っていうのを聞いて、何かの始まり?なのかな。私はSAKA-SAMAの中でこの曲が好きなんですけど、『終わりから』をお披露目したタイミングくらいから「すごくいい」って言ってくれる人が増えて、やっぱりターニングポイントじゃないですけど、“『終わりから』が始まり”っていうか。ダンスとかも表現の方法をこの曲で学んだみたいな部分もあって、その影響が上手くほかの曲でも出せるようになってきたと思います。

──全体として何かが変わるきっかけにもなった曲なんですね。それでは、最後に何か一言ありますでしょうか?

まし子:CDを聴いて、またライブにもたくさん来て欲しいです。

ここねん:それでライブも楽しんでくれたらいいなって思います。

夢のはてまでも」

夢のはてまでも

アーティスト:SAKA-SAMA
収録曲 (5曲)
1.パーティ・パーティ
2.すいみんぐ
3.ネズミの生活
4.夢のはてまでも(朗読)
5.終わりから
仕様:CD (紙ジャケット)
発売日:2018年2月28日
品番:TUR-022
発売元:TRASH-UP!! RECORDS
価格:1500円(+税)
JAN:4582237840384

 

■SAKA-SAMAプロフィール
2016年12月に結成された4人組アイドルグループ SAKA-SAMA。トラッシュ・カルチャー・マガジンTRASH-UP!!がプロデュースを手がけ、ドリーム・ポップ、パンク、ブレイクコア、カントリーなど様々なジャンルの楽曲が現代的なアイドル・ポップとして再構築された親しみやすいサウンドが魅力。昨年末には、「南波一海のアイドル三十六房 年忘れ!2017 R-グランプリ」の数あるアイドル楽曲の中から、会場限定で販売していたCD-R「真夜中のスケッチ / マサカサカサマ」が一位に選ばれ、アイドルファンの話題をさらった。

■INFO
OFFICIAL SITE:http://www.trash-up.com/sakasama/

Twitter
SAKA-SAMA:https://twitter.com/sakasama_info
Dr.まひるん:https://twitter.com/sakasama_drm
寿々木ここね:https://twitter.com/sakasama_kokone
あいうえまし子:https://twitter.com/sakasama_mash
猫田えね:https://twitter.com/sakasama_ene