ONEPIXCELにロングインタビュー!新シングル「Sparkle」と鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の“素”

「ONEPIXCEL」は現代的なロックサウンドからシンセポップ、ADMまで、幅広い音楽性を持ち味に活動する、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の東宝芸能初となる3人組ガールズグループ。2018年8月8日にリリースとなった新シングル「Sparkle」は今までのクールなビジュアルイメージから一転、さわやかなジャケット写真で注目を集め、大胆にブラスを取り入れたサウンドでもまたファンを驚かせた。

クリエイティブ面以外では、月に1回程度LINE LIVEにてライブ配信される「FREE&NOISY」(日本コロムビア LINE LIVEチャンネル内)での18~19歳らしい等身大のはしゃぎっぷりも人気を呼んでおり、今回はそんな彼女たちに新シングル「Sparkle」を中心に、普段の様子についてなどもインタビュー。笑顔の絶えない3人の作品やこれからの思いとは?

※鹿沼亜美=亜美
※田辺奈菜美=ななみん
※傳彩夏=でんちゃん・あや

イントロダクション

鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏

──みなさんLINE LIVEの配信など拝見させていただくと、とても元気ですよね。

傳:普段もあんな感じだよね?

鹿沼:LINE LIVEはめっちゃ普段の感じです。

田辺:もっとテンション上がる時もあるよね。

傳:でも、テンション低い時もあるかも、天気によるよね。

鹿沼:暑すぎてもダメだし、雨でもダメだし。

傳:めっちゃ暑かったらこわれるよね。

田辺:天気とか、色々長時間やってるとこわれてくる(笑)

鹿沼:LINE LIVEは20:00に始まるんですけど、学校行ってからとかじゃないですか?ちょうど疲れがピークの時間帯にやってるんで、ひどいことになってるのかも(笑)一定のラインを超えるとヤバい。

傳:MV撮影の時もバスの中はヤバかったです。

──どんな様子だったんですか?

鹿沼:でも、今回の『Sparkle』はわりと一定だったかな。

傳:うんうん。

田辺:イヤイヤイヤ、Tシャツの衣装に着替えた瞬間ヤバかったよ2人。

──撮影は傳さんデザインの衣装(ジャケット写真での衣装)を撮影してから?

田辺:はい、最初はでんちゃん衣装で大人っぽくって言われてて。照明とかも暗めな感じでした。Tシャツ衣装になってからは「はじけて」って言われてはじけちゃいました。

──なるほど、それではMV撮影については後ほど詳しくおうかがいするとして、一度みなさん自身について普段の様子などお聞きしたく思います。

傳:パフォーマンスとかだと自分たちでもカッコつけてるなと思いつつ、カッコつけてることが多いんですけど、MCとかは飾らず素のままです。

鹿沼:普段のまま、ステージに立ってます。

傳:楽屋のまんまのテンションでMCはやっているので、身内ネタも多いですね。

──MCでは、鹿沼さんがリードしていく役目といった印象があります。

鹿沼:んー、そうかなぁ。

傳:一人で10分しゃべってっていったらしゃべり続けられると思います。しゃべること好きでしょ?

鹿沼:好きですね。でも、しゃべりたいことと自分が持ってる日本語が追いついていかないんですよ。語彙力?本をたくさん読むのでボキャブラリーはあるんですけど、勉強力?学力?がなくて、しゃべりたいことと話している日本語がごちゃまぜになっておかしなことになってしまうんですよ、今みたいに。

傳:使いたい単語を間違っちゃうんでしょ?

──では、鹿沼さんが話しているのを2人が見ている感じですか?

田辺:(傳を指差しつつ)いや、違います!でんちゃんも亜美と一緒にふざけてるんです。

鹿沼:でんちゃんがふざけてくるから亜美ものっかるんです!

田辺:私は遠くで見てます(笑)

──ライブのMCだけの印象とまた違うんですね。

田辺:ライブは緊張してるしね。

傳:余計なことは言わないようにしています。

鹿沼:ステージに出るとしゃべらなきゃって気持ちになってるわけでもないのに、こんがらがってバカっぽくなっちゃうみたいな。

田辺:元からだよ?

──元からなんですか?(笑)

鹿沼:いえ、違います。

田辺:(笑)

鹿沼:でもこう言ってますけど、田辺さんもポンコツです。

傳:だいぶポンコツだよね。

田辺:嘘だー!?

鹿沼:亜美とでんちゃんに調和?中和?まぎらわされてる…かきけされてる感じなんですけど、前に出たらポンコツじゃない?

田辺:嘘ー?

傳:ポンコツだよ?耳悪いんですよ(笑)

田辺:言い間違いは亜美がするんですけど、聞き間違いは私が多いからでんちゃんに「またかー」って言われます。

鹿沼:でんちゃんが「ステージ行ってくる」って言ったのをベジタブルって(笑)

田辺:何言ってんのって思って(笑)

田辺奈菜美

鹿沼:ふとした瞬間に抜けてる。

田辺:全員、しっかりしてる時はしっかりしてるんですけど、抜けてるんですよね。スタッフさんに呆れられちゃう。

鹿沼:この間のリリースイベントでは、三人の中で最初の曲は『Blue Ocean』だって思ってたら違う曲が流れてきて。

田辺:スタッフさんが間違えたんだなっていう顔でいたら「『We Go Now』だよ!」って。

鹿沼:直前にしっかり間違えた順番で確認していました(笑)

田辺:でも曲順の間違いは初めてでしたね。振りとか歌詞は間違えることもあるんですけど。

──振り・歌詞の間違いは他のアーティストさんやアイドルさん、みなさんありますよね。

田辺・傳:(鹿沼を指差しつつ)でも、頻繁ですよ?

鹿沼:ごまかしてるんです。

田辺:目をのば~せば~♪(『Analoganize』)

一同:(笑)

鹿沼:前に1番と2番がまざっちゃって(笑)

傳:目を伸ばすのは難しいよね。やったなぁ今日も、って思っています。

鹿沼:自分では気づかないので、そのままカッコつけるのみです。

2ndシングル「Sparkle」

──それではリリースイベントのお話も出ましたし、シングル『Sparkle』についてお話をおうかがいしたいと思います。曲の第一印象はいかがでしたか?

田辺:最初は「これワンピクの曲?」って思いました。毎回最初はそんな感じで入るんですよ。

鹿沼・傳:毎回そうなるよね。

傳:自分たちの声が入ってやっとワンピクっぽくなったなって思います。

鹿沼:個人のレコーディングは自分の声だけだから想像できないんですけど、3人の声になった時に実感します。私は。

田辺・傳:うん。

鹿沼:一緒でした。

一同:(笑)

──ブラスの音も多く取り入れられていて前回のシングル『LAGRIMA』からも大きく変化を感じました。

田辺:前作の『LAGRIMA』はパフォーマンスを見せる形だったんですけど、今回はテーマが“お客さんに一歩近づく”になっています。今まではみなさんと一緒に踊れる曲が『TONDEKE』くらいしかなくて、『We Go Now』が特にそうなんですけど、もっと近づけるように意識しました。

鹿沼:『Sparkle』の方は“一瞬だってもったいない”とか“夏を楽しもう”とかそういう歌詞になっていて親近感もありますね。歌いやすいメロディにもなっていたり、受け入れやすいと思います。

傳:今回はみんなで一緒に。

──具体的に一緒になって楽しめるポイントなどあれば教えてください。

鹿沼:『We Go Now』はサビのところで手をまわす振りがあるんですけど、そこは呼びかけて一緒に歌ってもらっています。

傳:この曲は振りもみなさんすぐできるので一体感も出ると思いますね。

──前回もそうですが、今回もリミックス曲が2曲収録されています。これについてはいかがですか?

田辺:今回はDÉ DÉ MOUSEさんとCarpainterさんにやっていただいたんですけど、やっぱり原曲と違いますよね。

鹿沼:こっちも歌いたいなって思います。ワンマンライブとかでアレンジして歌えたらなって。

傳:リズムは難しそうだけどね。

──無理なお願いかも知れませんが、リミックスオンリーのライブなんかも見てみたかったりします。

田辺:めっちゃ練習が必要ですね。

鹿沼:でもやりたいね。ダンス踊るとかでもありですよね。

『Sparkle』MV&衣装

──それでは『Sparkle』のMVについてですが、クールな場面から明るい場面への展開が印象的です。

田辺:クールな場面はちょっと大人っぽくて今までのワンピクに近いイメージですね。その後に初めて白いTシャツにデニムっていう、ラフめの衣装は今まで着たことがなかったんです。

鹿沼:しかもスニーカーなんですよ。身長が盛れない(笑)

傳:今まで私たち(鹿沼・傳)が小さいので盛ってたんですけど、今回はみんな同じスニーカーにショーパン、デニムで。あとバンダナは、みんな少しずつアレンジが違います。でも、今までになかったからなのか、この衣装はすごく好評ですね。表情も笑顔だし。

鹿沼:向かいあってるシーンがあるんですけど、ほんとに素の笑顔なんです。

田辺:笑いながら撮ってました。ふふって。

鹿沼:あのシーンは、ザ・素でしたね。

田辺:ワンピクの自然な笑顔、姿。風船のシーンが好きですね。

鹿沼:紙吹雪のシーンもキラキラして。

田辺:あれはスタッフさんが6時間くらいかけて切ってくれて、上から投げてくれてます。花咲かじいさんみたいって言ってました(笑)

──綺麗な花が咲いたと。

田辺:そうです。

鹿沼:よ、うまい。

──ありがとうございます。個人的には鹿沼さんの表情が注目ポイントなんですけど。お二人はいかがでしたか?

傳:あざとさですか?

鹿沼:(笑)

田辺:うちら心配になったよね?でんちゃんが撮って、亜美が撮ってたんですけど、私はこんなにあざとくできない!って恐怖を感じました。

傳:まぁでもキャラクターだからね。肩を入れるシーンでも、こう1回逆にふっていくみたいな。両方いくんだ?って。

鹿沼:(笑)違うんですよ、一生残るものだし、MVっておおげさに表現しないと伝わらないじゃないですか?MVでのキャラを今確立しているんです。私は2人を見ながら、素でかわいいなって思ってます。

田辺:でも亜美のは勉強になる。こうやったらかわいく映るんだって。

鹿沼:ちょっと照れますね。

田辺:もう言わない。

鹿沼:うふ。プレイバックを見ていると紙吹雪のシーンもそれぞれ違ってて、でんちゃんはCMみたい。ななみんは綺麗なお姉さんのさわやかな砂漠みたいな。

一同:砂漠(笑)

鹿沼:砂浜?砂浜にいるお姉さんだなって感じたりするので、それぞれあっていいなって思います。今回のは自分で見てもあざとかったです。

──いや、とても良かったです。ジャケットも今までとは少し違って笑顔と空が印象的なものとなっていますね。

田辺:この日は台風の予報だったんですけど、結局すごく晴れたんですよ。

傳:これは浅いプールに水が張ってあって、透明の台に乗っています。裏のジャケットも笑顔で、最初は無機質な感じでキメ顔をしていたんですけど、水があると遊びたくなっちゃうじゃないですか?「入っていいですか?」って聞いたら、場所を借りている時間の残り3分だけ遊んでいいよって。それでその時に靴を脱いでパシャパシャ遊んでいたのが、これ。

──その残り3分で撮ったものが採用されたんですか?

鹿沼:その3分がめっちゃよかったよね。

傳:屋上で風があったので、それまでメイクさんが何回も入って、何回もキメてってやってたんですけど結局。

鹿沼:ほかの写真も自然な笑顔になってますね。

──奥に見えるのは海ですよね?

田辺:海です。高いところで撮りました。

傳:綺麗だったよね。風がめっちゃ強かったけど。

鹿沼:今回けっこうお気に入りなんですよ。

田辺:好き。

鹿沼:好きピ、好きピ。

傳:使ったことないでしょ?(笑)

鹿沼:でも『LAGRIMA』はキメてたじゃないですか?黒から青だし。2つ比べてみて思ったのがパフォーマンス中の感じとMC中の感じじゃないかなって。カッコいいのもかわいいのもどっちもいけるよ、みたいな。振り幅広くしたいなって願望?目標?

傳:ワンパターンはつまんないからね。

──LINE LIVEでの素っぽい姿も素敵ですしね。

鹿沼:あれは全部チェックした方がいいです。(※アーカイブで過去配信も視聴可能。)

田辺:色んな名言が生まれていますので。

傳彩夏

普段の3人は?

──それでは普段の3人についても少しおうかがいしたいんですが、趣味なんかはあったりしますか?

鹿沼:趣味というか、日常的に考えてることは、ベッドから動かないでいかに生活できるか…。

傳:干物女だよね。

鹿沼:この前、夜の1時半くらいに寝て、16時に起きました。家族と地元のカラオケに行ったりしたんですけど、ほんとに何もしなくなっちゃうから。ワンピクやってなかったら私は家から出ないんですよ。イラスト描いたりとか多趣味ではあるんですけど、悩みはアウトドアになれないこと。

──アウトドアになりたくもある?

鹿沼:2人を見てると楽しそうだし、やっぱり外に出てるとかわいいじゃないですか?

田辺:どういうこと(笑)

鹿沼:ゲームとかかわいくないなって思うので、色んなところに行くっていうのが二十歳までの目標。田辺さんはいかがですか?

田辺:(笑)私は肌を焼けないで荒れないでこの夏をいかに過ごすかって考えていて、飲む日焼け止めとか色々調べています。あとは食べ物とかなんですけど、行きたいけど行ってないやつです。行きたいところを調べるだけ調べて。

傳:リストにしてあるよね。長いんだよね、あの“食べ物行きたいリスト”。めっちゃ長いです。

田辺:全部行けてないです(笑)ほしいものリストも大量。

──干し芋のリスト?

一同:欲しいもの(笑)

傳:干し芋が好きなのは私です(笑)

田辺:(笑)欲しいものもやらなきゃいけないことも全部リストにしてやってない感じです。

鹿沼:やれよ!(笑)

──リストを作るのが趣味なんですか?

田辺:それも趣味だし、私もけっこう多趣味で、家のリフォーム動画をひたすら見ています。綺麗になる方法をずっと調べてるか、外に買い物に出るかっていう感じです。

──傳さんはいかがですか?

傳:私は趣味が何もなくて、亜美とかうらやましいです。ひまつぶしでゲームやるとか…あ、インスタで“チーズ”って調べてラクレットチーズを切り落としてる動画とか、かわいい子がチーズドッグを食べて伸ばしてる写真を見て「かわいいなー」って思ってたりとか。私はチーズが好きなので、私もリストを作って休みの日に行ったりしますね。

──しっかり趣味ですよね。どういうチーズがおすすめですか?

傳:ブラータチーズっていうのがあって、それかな。チーズを延々と。私が行きたいお店を亜美とかななみんと行く時もあるよね。

鹿沼:そういうのがない限り、私は家から出ない。

田辺:LINEの返信、めっちゃ早いよね。

鹿沼:携帯依存症です。

傳:あやも早くない?

田辺:早い。

──性格の違いが出てますね。お互いに何か教えあったりとか?

鹿沼:ゲーム教えるっていうのはないかな?

田辺:でも亜美がゲームをやってるのを見てるのは楽しいです。たまに一人でしゃべってる時があるんですよ。

鹿沼:あるある、全然ある。あとはメイクとか美容系とか、前までは全然興味がないというか、そんなに関心がなかったんですけど、ここ最近になって気になりだして、3人で共有してます。

傳:これいいよっていうものがあったら3人みんなで買ってみたり。お揃いで使ってます。

──それが最近なんですか?

田辺:今年に入ってからくらいだよね。

鹿沼:今までは用意してもらっていたものを使う感じだったんですけど、自分たちで持ってきて使うようになりました。

田辺:前まで全然興味がなかったのにね。

鹿沼:かわいくなりたいっていうのはさ。

傳:それはあるよ。

──鹿沼さんだと、大学に行かれて周りの環境の変化で気になってきたりとか?

鹿沼:あります、すっぴんじゃ行けない。でも行っちゃいますけど。眉毛がないので、眉毛だけ書いてマスクすれば行けます。毎朝ギリギリまで寝ていたいタイプなので、そんな時間いつあるんだろ?ギリギリの5分という時間でいかに準備できるか、なので。

鹿沼亜美

これからのONEPIXCEL。目標。

──それをやり続けると危険な感じもしますが…。分かりました。それでは、そろそろお時間ということで、最後にメジャー2ndシングルのリリースから、そして12月のワンマンライブとなっていきますが、どういう展開を描いていかれますか?

傳:『LAGRIMA』は日本だけではなく反響をもらっているので、世界でもライブをしたいです。

田辺:あと、今はまだ東京が多いので関西とか東北でもライブができるようにもなりたいなと思います。

一同:ツアーしたいよね。

鹿沼:とりあえず広まりたい。大きなステージで3人がパフォーマンスしているところしか私は見えてない。花道を駆け回っている私の姿が想像できる。

田辺:泣いてそう。

鹿沼:でも、夢が叶ったステージに立てても最初は泣かないって決めてます。とりあえず、そこまではイメージができてるので突っ走るだけです。

──鹿沼さんがいきなり泣いている場面が想像できます。

鹿沼:泣かない!私は泣かないです、絶対。とりあえず12月のワンマンはWWW Xで今までで1番大きいところだし、そこまでどれだけワンマンに来たいって思ってもらえるかが今の課題です。

傳:ソールドアウトしたいよね。

鹿沼:夏のフェスとかが終わっても、ワンピクに行きたいっていう気持ちを持続させられるように。TIF2018でも衣装を変えてみたりとか、自分たちも楽しみながらみなさんにも楽しんでもらいたいです。

傳:3周年記念だし、それが今年初めてのワンマンライブになるので成長を見てもらいたいですね。

***

ONEPIXCELは台湾でのライブを経て、8月25、26日にはカナダでのライブも決定!ワールドワイドに活動を広げる中、12月の3周年記念ワンマンライブに向けて成長を続ける。

■ONEPIXCEL
2015年より活動開始した東宝芸能初のガールズグループ。高い音楽性や、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人のハイクオリティなパフォーマンスも注目を集め、現在その勢いを増している。メジャーデビューシングル「LAGRIMA」はアニメ『ドラゴンボール超』エンディング曲として、MVの再生回数が200万回を超えるなど、国内のみならず海外からの人気も高まっている。

■ONEPIXCEL major 2nd single 「Sparkle」
2018年8月8日発売
<収録>
 1. Sparkle
 2. We Go Now
 3. monochrome DÉ DÉ MOUSE Remix
 4. LAGRIMA Carpainter Remix
 5. Sparkle (Instrumental)
 6. We Go Now (Instrumental)
COCA-17485 ¥1,500 (tax in)

■ONEPIXCEL 3rd Anniversary Live 2018
日程:2018年12月15日(土)
時間:OPEN15:00/START16:00
会場:渋谷WWW X
料金:スタンディング¥3,500(税込)
※別途ドリンク代
※2ndシングル「Sparkle」(8/8発売)に先行予約受付チラシ封入

■LINK
OFFICIAL SITE:http://www.onepixcel.com/
OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/onepixcel
日本コロムビア「ONEPIXCEL」SITE:http://columbia.jp/artist-info/onepixcel/
日本コロムビア LINE LIVEチャンネル:https://live.line.me/channels/781