はちみつロケットが9月23日に初ワンマンライブ!華山志歩、澪風、公野舞華、森青葉の4人にインタビュー

2018年8月8日には3rdシングル『花火と漫画とチョコと雨』を発売し、大型アイドルフェスにリリースイベントとこの夏を元気に駆け抜けた7人組のアイドルグループはちみつロケット(愛称:はちロケ)。来る9月23日にはメジャーデビュー後から約半年の期間を待ち、待望の初ワンマンライブ「はちみつロケット 1stワンマンライブ H.R. HONEY♪ ~明日何してる?渋谷に行こうよ!~」を開催する。

左から:森青葉、澪風、公野舞華、華山志歩

勢いづくグループから今回は、華山志歩(はなやま しほ)、澪風(みふう)、公野舞華(きみの まいか)、森青葉(もり あおば)の4人にグループについてや、楽曲、ワンマンライブの意気込みなどをうかがった。

はちロケってどんなグループ??

──よろしくお願いします。はちみつロケットさんは「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」でのONEPIXCELさんとのコラボをのぞけば、MIKAN初登場ということで、今回は紹介的な部分もふくめつつお話を進めさせていただければと思っています。まずはみなさん自身は、はちみつロケットをどういうグループだと思っていますか?

森青葉(以下・森):なんだろう、一人一人の個性が強くて、それが集まっちゃったからすごく元気なグループですね(笑)

華山志歩(以下・華山):うん、そうなっちゃうよね。

──周りからも、そういった意見が多いですか?

森:そうですね、私たちは3B juniorという大きなグループ内のユニットでもあったんですけど、その中でもはちロケが1番うるさいって言われてました。武者修行(ユニット単体での活動)に出た時も、はちロケがいなくなって静かになったって(笑)3B juniorの時に私以外のメンバーが体調不良になっちゃった時があって、もう楽屋が静かで…。はちロケがうるさかったんだなって。でも個性が強いのは武器です。

澪風:例えばスタプラ(STARDUST PLANET)になってから色んなステージで大人数になることが多いんですけど、今日いない播磨怜奈が前に出てくれたりするので、はちロケとして爪痕が残せたり。

森:個性といえば、志歩ちゃんは食べ物が好きなのでインスタによく上げてます。

──インタビューということでインスタ、ブログと拝見せていただきましたけど、みなさん全員が食べ物のことばかりでしたよ!

一同:わー!

森:食べ物以外の時間のつぶし方が分かんなくって(笑)でも、その中でも志歩ちゃんは特に。最新情報を持ってるので。

華山志歩

──うかがいます。

華山:この間チーズトーストを食べに行きました。はちロケでインスタグラマーの方に講座を受けるっていうイベントがあったんですけど、そこでその時の画像を提出したら「これ流行ってるやつだからいいよ。最新だからスゴイ!」って言ってくれました。んー、はちロケのトレンドリーダーとしてがんばります♪

澪風:でも言っても、私たちみんな食べ物が好きだよね。

森:きみちゃんはタピオカの情報が早くて。

公野舞華(以下・公野):早いです。東京都内のタピオカは全部スクショしてます。

森:メンバーの塚本颯来(以下・塚本)とアレがいい、ココがいいとか言ってるんですよ。

公野:でも、行きたいとか言いながら行かないんですよ、結局は。ずっと同じ場所に行っちゃう。

──森さんと澪風さんはどんな食べ物が好きですか?

森:私…?食べれればなんでもってところはあるんですけど。うどんは好きですね。あと楽屋にポテトチップスがあると取られないように名前書いておきます。

華山:これ、はちロケあるあるなんですけど、差し入れに名前を書いておくんです。取られちゃうんですよ。

──誰に取られちゃうんですか?

森:え、播磨。

一同:(笑)

森:以前、ライブの時に、おいしい時期の苺をいただいたので、終わった後に食べようと思ってたら、箱しかなくて。私とそら(塚本)も食べてなくて、誰?って思ってたら播磨だったんです!華山さんはその場で食べなくてカバンに入れて持って帰るタイプです。

華山:(笑)その場でも食べて「おいしい、これはお家でも」って思って持っていっちゃう。

森:澪風ちゃんはフライドポテトとか?

澪風:素材そのものの味が好きで、お魚だったら焼くよりもお刺身でそのまま食べるとか。お野菜もドレッシングはかけないで、キュウリとかそのままパリっみたいな。あとは調味料を少しずつ変えて、味の変化を楽しんだりするのが大好きです。

公野:日によって食べる量の差が激しいよね。

澪風:スープ1杯で持つような日もあれば、ご飯3杯もおかわりしちゃう日も。

華山:えー、常に米5杯はいける。

──むちゃくちゃいってますね。

森:ほかのグループさんだと、太っちゃうからとか楽屋のおかしも手をつけない方が多いかと思うんですけど、この間もマネージャーさんに持って帰ってもらって、ね?

公野:やっぱりいただいたからには。

──粗末にはできないということですよね。

一同:そうですそうです。

──しかし、このままだと食いしん坊アイドルになってしまいますが、大丈夫でしょうか。

華山:否定はできない。

──…たくさん食べる女の子っていいですよね。

公野:そうですよね(笑顔)

公野舞華

はちロケの音楽

■「はちみつロケット ~黄金の七人~」MV Full Ver.(デビューシングル)

──分かりました。それでは、続いては楽曲のお話などもおうかがいしていきましょう。とにかくいい曲ばかりで僕は大好きなんですよ。

森・華山:どれもいい曲です!

澪風:それぞれ系統も違うし、雰囲気も違うよね。

華山:1stと2ndでは等身大の元気な私たちが全面に出ていた感じで、3rdになったら少し背伸びした感じ?なので1stから3rdへ一緒に年を重ねたような気分にもなりましたね。

澪風:私は『MOTTO MOTTO!!』(3rdシングル通常盤収録)が好きで、自分で歌っていてライブ中にもっともっとがんばろうって元気づけられます。

森:私が1番好きなのは塚本颯来がメインボーカルの『陰陽 -Yin Yang-』です。あの声が大好きで、すごいアーティストの曲を聴いている気分になります。あ、2ndシングル収録の『ハニートランポリン』の落ちサビを塚本が歌ってるんですけど、最初播磨がセンターなんですよ。そしたら塚本がセンターなのに、播磨のファンの方がセンターって思っちゃってそのまま播磨センターみたいに。

公野:センターは最初のイントロのみなんですけど(笑)

森:本人に似てファンの方も圧が強い。

華山:一度、曲順の都合で塚本センターで始まった時はファンの方も困っちゃってました(笑)

森:なので、3rdシングルでは大人の方が。

澪風:そういうことなの?(笑)

──(笑)それでは分かりやすいように、ここからは公開されているMVを追いつつお話をおうかがいできますか?まずは『はちみつロケット ~黄金の七人~』。

森:1回聴いたら忘れられない曲。

華山:しかも自分たちのグループ名も入ってる。

──とても楽しくてノリやすい曲だと思います。ライブでの掛け合いなどありますか?

一同:ロケット♪(サビ、片手を上げる)

森:物をつかんで、つかんでってやってからのロケット♪です。2番のサビはこぶしを突き出す振付がかわいいです。

──練習しておきます。それでは続いては『おかしなわたしとはちみつのきみ』。

■「おかしなわたしとはちみつのきみ」MV Full Ver.(2ndシングル)

森:これは前山田健一さんに作っていただきました。

華山:もう憧れの。

澪風:歌っているとメロディとか前山田さんの曲をやってるんだなって実感します。

森:楽しい曲なので、この曲をフリーライブで歌っていたら、小さいお子さんたちが近づいてきてくれるんですよ。

──音もカワイイし体が勝手にノってきちゃう感じの楽しさがありますよね。3rdシングル収録の『花火と漫画とチョコと雨』はいかがですか?

森:これは昭和っぽいような、懐かしいようなメロディ。

澪風:サマーチューン。

森:歌詞は乙女心がキュンとなるような曲です。

華山:物語になっているので、タイトルがちゃんと歌詞にからんでくるんです。少女漫画を読んでるような気分になれます。

森:この曲をだんだん好きになってきた、みたいな人多いよね?

華山:情景が浮かぶから想像がしやすいんですよ。

──同じく3rdシングル初回限定盤Aに収録の『夜空にきらめく花』につながるような…。

森:アンサーソングになっています!離れ離れになっちゃって切ない。

■「花火と漫画とチョコと雨」MV Full Ver.(3rdシングル)

──なるほど、それでMVの曲を含めて楽曲を聴いていて思うのは、みなさんいい声。

華山:声の特徴もバラバラだから分かりますよね。

森:華山さんとか雨宮さんとかすぐわかる。

華山:私は全員が歌っているところでも分かるってよく言われます。

──ちなみに僕は楽曲は全体的に青春とかさわやかさみたいなイメージを持っているんですが、いかがですか?

華山:どの世代の方が聴いても聴きやすい曲が多いのかなって思います。

澪風:ライブだと、曲調は色々あるんですがとにかく楽しいライブにしようと思ってやっていますね。

澪風

はちロケの1stワンマンライブ

──では、ライブについては何か気にかけていることはありますか?

公野:曲ごとの雰囲気が違うのでファンの方がノリを変えられるように自分たちで切り替えたりしていますね。

森:すごく振り幅があるので、楽しいと思います。

──何かテーマを設定したりすることはありますか?

森:裏テーマで今回は挑戦とか、成長した姿を見せるとかあって、全部ちゃんと意味のあるセットリストにはなっています。9月のワンマンでもそれはしっかり考えて。

森青葉

──メジャーデビュー後初のワンマンライブということですが、これははちロケにとってどういったものになるでしょうか?

森:少し試されてるようにも感じています。私たちだけの単独ライブが久しぶりなので、成長したものを見せなくちゃいけないし、お客さんにも楽しんでもらいたいし。そういうことを考えると実は不安も大きい。

一同:うん

──みなさんもそうですか?

澪風:私は楽しみが大きいかな?

一同:楽しみは楽しみ

華山:でも初は1回しかないし、自分たちの歴史の中でも大事なライブになるから、やっぱり期待もあるけど不安も。

森:あとカバーがなくて、自分たちの曲だけでやるっていうのも不思議な感じがします。

公野:たしかに。

森:MCもありますし、曲数も多いし。

華山:メジャーデビューしてから少し間もあったから、ファンの方も期待しているし、成果も見せないと。

澪風:フリーライブはさせていただいたんですけど、今回はその差も見せないといけないということもあります。

──初ワンマンというと、もっとワクワクした感じかと思いきや、同じくらいにプレッシャーも感じていらっしゃるんですね。

公野:昔から応援していただいてる方には成長を見てもらいたいし、最近知っていただいた方には色んな面を見ていただきたいです。

森:ずっと応援していただいている方には、これだけお客さんを巻き込めるようになりましたってところを。

華山:全員が楽しめるライブができることが1番ですね。

森:それです(笑)

──では、最後に9月、初のワンマンライブに向けて意気込みを語ってください。

華山:絶対ソールドアウトにしたいっていうのもあるし、自分たちの中でもやりきりたい。

森:今の精一杯。

華山:出し惜しみせずに出し切りたいです。

はちみつロケットは大阪・名古屋とイベントをこなしつつ、いよいよ初ワンマンライブへ。プレッシャーの大きさは真剣さの表れということで、貴重な瞬間に立ち会えそうだ。

■LIVE
はちみつロケット 1stワンマンライブ H.R. HONEY♪ ~明日何してる?渋谷に行こうよ!~
日時:2018年9⽉23⽇(⽇・祝)
・1部 open 12:00 / start 12:30
・2部 open 16:00 / start 16:30
会場:SOUND MUSEUM VISION
チケット:スタンディング ¥3,500 (税込・⼊場時別途ドリンク代)【SOLD OUT!】
ファミリー席 ¥3,000 (税込・入場時別途ドリンク代)【SOLD OUT!】

<現在ワンマンライブに向けてリハーサル風景のを公開中!>
「はちみつロケット 1stワンマンライブのリハーサル R.H.HONEY♪ 〜今日リハしてる!動画で会おうよ!〜」
https://www.youtube.com/channel/UC31CmM3SC1X2-7Lu7RV-bVw

▼ニコニコでの生中継が決定!▼
【はちみつロケット1stワンマンライブを生中継】H.R. HONEY♪~明日何してる?渋谷に行こうよ!~
放送日時:9/23(⽇・祝)第一部:12:30~、 第二部:16:30~
視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv315597214
※番組視聴の一部はプレミアム会員限定配信。

■LINK
OFFICIAL SITE:http://www.hachimitsu-rocket.com/
OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/8rocketofficial
OFFICIAL Instagram:https://www.instagram.com/hachimitsurocket_official/
OFFICIAL Youtube CH:https://www.youtube.com/channel/UC31CmM3SC1X2-7Lu7RV-bVw/featured