モデルはモトーラ世理奈、三越伊勢丹グループ「彩り祭」ムービー公開

三越伊勢丹グループでは、8月23日(水)~9月5日(火)の期間、本格的な秋冬のアイテムをご紹介する『彩り祭』を実施。

テーマは「謎解き」。

つかみきれない自分の中の謎に向かい、新しい自分を見つけることを楽しんでいただきたいというメッセージが込められている。

今回のメインビジュアルはアートディレクターに山本晃士ロバート(ユーフラテス所属)、モデルにモトーラ世理奈を起用し、コマ撮りアニメーションで使われる手法を用いて、メッシュスタンドにかけられた洋服を突き抜けながら一瞬にして洋服が切り替わり、新しい自分になっていくということを表現。

~ムービーに込められた想い~

■クリエイティブディレクター/山口博之氏
ファッションにおける「謎」を考えてみた時、人のファッションの遍歴そのものが一番の「謎」でした。なぜそのデザイン、太さ、色だったのか、そしてどんなきっかけでそのスタイルを変えてきたのか。本人もきっと明確には答えることはできない変化のきっかけを壁として捉え、ファッションの魅力を信じて壁を突き抜けきたこれまでとこれからを、謎解きとして連続写真で表現しました。

■アートディレクター/山本晃士ロバート氏
“謎解き”というテーマと“彩り祭”という枠組みが与えられたとき、「モデルの女性が、行く手をさえぎる壁を、苦もなくすり抜けながら次々と服を着替えていく」という映像のイメージが浮かびました。そして、動きを伴うそのイメージを静止画として定着させる方法を探り、スポーツの連続写真のような表現に行き着きました。いままでのファッションビジュアルと少し違った手触りを感じていただけていたら、とても嬉しいです。

・スペシャルサイトはこちら
http://www.miguide.jp/irodori/2017/

・ムービーはこちらから
縦(スマホ用)
https://youtu.be/jId9ZLwk5jc

横(PC用)
https://youtu.be/L1zqE8KpKE8