“エイガサントラー”電影と少年CQが1stアルバム『異次元旅行のサウンドトラック』をリリース

2018年6月27日に電影と少年CQの1stアルバム『異次元旅行のサウンドトラック』がリリース。

“エイガサントラー”を自称する、架空の映画のサウンドトラックを歌う男女2人組のアイドルユニット「電影と少年CQ」の1stアルバムは、「映画館で映画を見る」をテーマに構成された13曲+αのコンセプトアルバムにして、電影と少年CQ初めての “オリジナルサウンドトラック集” 。

まるで一本の映画を観たあとのような気持ちになるまさに“聴く映画”の完成だ。

作曲には、里咲りさへの楽曲提供で知られる灘藍、SAKA-SAMAなどへの楽曲提供もしているyellowsuburb、ロックバンドclismas出身で映画音楽も提供している久徳亮、闇ポップシンガーソングライターしずくだうみらジャンルを超えた才能が集結。

エンジニアは、最上もが、Nakanoまる、つるうちはななどのアレンジャーをつとめる元ひらくドアのタカユキカトーが担当。作詞は、少女閣下のインターナショナルの演出を担当していた長田左右吉のほか、長田とあヴぁんだんど小鳥こたおによる作詞ユニット百貫目も参加している。

1896年の“史上最初の映画”『列車の到着』から21世紀の映画まで、古今東西の様々な映画が各曲のテーマとなっており、映画ファンならばニヤリとする仕掛けが多く込められている。

アーティスト:電影と少年CQ
タイトル:『異次元旅行のサウンドトラック』
発売日:2018年6月27日
発売元:TRASH-UP!! RECORDES
品番:TUR-024
仕様:CD 紙ジャケット
価格:2700円+税
JAN : 4582237841817

収録曲
1.異次元旅行へ
2.列車の到着
3.No Man's Planet
4.マヂソンダンス
5.架空少年戦記
6.Strange Lovers
7.街の灯り
8.Intermission
9.アンダー・ニュー・ワールド
10.s.f.草双紙
11.Meat Pie
12.雨月物語
13.Let Me In
14.タイムトラベル(モンキー)ビジネス
15.A Stronger Loving World
16.Freaky,Freaky,Freaky,Freaky

■電影と少年CQ プロフィール
2016年11月デビュー。“エイガサントラー”を自称する、架空の映画のサウンドトラックを歌う男女2人組のアイドルユニット。メンバーはそれぞれソロやモデルとしても活躍するルアンとユッキュン。
MCを廃し芝居で曲と曲をつないでいくライブスタイルと、淡々としつつもきらびやかな雰囲気を持つ2人が織りなす2人のエレガントなパフォーマンスはアイドルシーン・インディーズシーンでも異彩を放ち、ただいまファンが急増中。
7/21には青山・月見ル君想フにて初のワンマンライブを開催。

公式サイト:http://cq2016.wixsite.com/cinemaboy-cq

■LIVE info
“CQ#101 異次元旅行のサウンドトラック”
日時:2018年7月21日(土) 開場11:00/開演11:30
会場:青山月見ル君想フ
料金:前売2800円/当日3300円
出演:電少/亞卍Q
チケットはe+、もしくはライブ物販での前売りチケット販売の他、メールやTwitterでの運営予約も可能。