乃木坂46 松村沙友理がおうち初公開!「CanCam」9月号の特集は「CanCamも家、ついて行ってイイですか?」

2018年7月23日発売の女性ファッション誌「CanCam」9月号の特集、「CanCamも家、ついて行ってイイですか?」では、CanCamモデルとして活躍する乃木坂46の松村沙友理の“おうち”を初公開。

──おうちから見えてくる“あの人”の素顔

テレビ東京の大人気番組をリスペクトした同特集では、CanCam編集部が有名人のお宅で、こだわりのインテリアやクローゼット、本棚や冷蔵庫の中身まで根掘り葉掘り大取材する。そこに見え隠れするのは、有名人の知られざる“素顔”。ファッション誌異色の大特集になっている。

本邦初公開となったCanCamモデルとしても活躍中の乃木坂46・松村沙友理の“おうち”には、本がたくさんで、マンガ愛にあふれる世界。

「家族みんながマンガ好きで、実家にいるときかから部屋だけではなくリビングも大量のマンガであふれていました。高校生のときは、少年マンガが好きで『銀魂』『BLEACH』にハマっていました。もちろん今でも少年マンガは大好きで、今持っているマンガも意外と少女マンガより、少年もののほうが多いかも」

大好きなマンガのためにこだわりの“本棚”引っ越しで一番考えたのは、本棚とのこと。

「(2つあるうちの)メインの本棚はお部屋の広さにぴったり合うように自分で採寸し、棚専用の通販で4つ買って、それを組み合わせてひとつの本棚っぽく見せています。大切なマンガたちにホコリがかぶるのが嫌なので、扉付きの本棚であることが絶対条件!」

そんなこだわりの本棚は、天井近くまで届くビッグサイズで、中身は、ジャンル別にきれいに整理されており、8割がマンガで2割が小説、雑誌、写真集。ちなみに永遠に好きなマンガは『ガンスリンガー・ガール』、小説で好きな作家は綿矢りさとのこと。

特集では、ほかにもタレントのベッキーや、人気女芸人のガンバレルーヤ、名古屋発エンタメ集団「BOYS AND MEN」のメンバー辻本達規など、15人のこだわりのお部屋を大公開。おうちを見れば、その人のことがもっと好きに。

「CanCam」9月号は、7月23日(月)に小学館から発売。