東池袋52が第5弾シングル「愛セゾン」を公式サイトにて公開!80年代歌番組風セットに踊るモータウン・ビート

株式会社クレディセゾンおよび関係会社の女性社員で結成したアイドルグループ「東池袋52」が、第5弾シングル「愛セゾン」を8月20日(月)より公式サイトにて公開を開始。

企業発のアイドルとして活動する「東池袋52」

日頃は会社の担当業務をこなしながら、企業発のアイドルとして活動する「東池袋52」。

昨年5月のデビュー以来これまで4つの楽曲を発表し、様々なイベントにも出演してきたが、春の異動や転勤といった新年度人事のヤマを越え、新規募集オーディションによる審査を勝ち抜いた新メンバーたちを迎え、さらにパワーアップ。

満を持してリリースする今回の第5弾シングルは、これまでと同様、一流のスタッフ陣が集結し、ミュージックビデオのコンセプトである”80年代の歌番組”を彷彿とさせる美術セットやスポットライトは、遊びごころいっぱいで、振付や登場シーンの演出も、どこか懐かしくも新しい、アイドル性とアーティスト志向が融合する映像作品となっている。

また、本作で5回目となる仲畑貴志+多田慎也のタッグによる、モータウンをベースとしたリリックやメロディー、そしてアレンジも、耳馴染みよく、多くの世代が楽しめる作品となっている。

関係会社も含めて7名の新メンバーが参加

今回、初出演でセンターを務める橋口真琳(はしぐち まりん・株式会社オムニバス)は、「レコーディング、ミュージックビデオ撮影も、すべて初めての経験。普通の会社員である私に、このような貴重な機会をいただき、うれしく思っていますし、楽しくやらせていただきました。それにしても、現場には、こんなにたくさんのスタッフの方たちがいるんだなぁと、びっくりしています」と語り、ソロでの撮影シーンにも臆することなく、元気な笑顔でこなし、また、オリジナルメンバーで、メインボーカルのひとり、磯梓咲(いそ あずさ・株式会社キュービタス)は、「今回、はじめてスタジオでの撮影となり、寒さとの戦いが回避できて、何よりうれしいです(笑)。マイクスタンドを使ったパフォーマンスにもぜひ注目してほしいです」と感想を伝える。

今回の楽曲「愛セゾン」は、8/25(土)に横浜アリーナで行われる国内最大級のアイドルフェスタ「@JAM EXPO2018」への出演時にも披露する予定。

■東池袋52「愛セゾン」メイキング

■東池袋52
株式会社クレディセゾンとその関係会社から誕生したアイドルグループ。2017年5月19日に、セゾンのプライドとホスピタリティとともに「わたしセゾン」でデビュー。現在メンバーは新メンバーも含め、合計で49名。通常の会社員としての業務はもちろん、東池袋52の活動にも精力的に取り組んでいる。

東池袋52公式サイト: http://www.saisoncard.co.jp/saison52